*

【夜葬】 病の章 -39-

-38-はこちら       窪田の登場で鉄二は余計に頭がぐちゃぐちゃになった。     その熱を冷

続きを見る

【夜葬】 病の章 -38-

-37-はこちら     鉄二が村に戻ってから数日が経った。     日々を重ねる毎に鉄二は驚きの連続だった。

続きを見る

【夜葬】 病の章 -37-

-36-はこちら   薄い唇から感じる感触は、温かく柔らかい。     あの頃のようになんでもはじき返してしまうような弾力は無くなっ

続きを見る

【夜葬】 病の章 -36-

-35-はこちら       もう二度と帰ることもあるまい。     そう思っていた鉄二の目の前にあ

続きを見る

【夜葬】 病の章 -35-

-34-はこちら       鉄二は夜明け前の海に赤ん坊を捨てた。     簡単に布で包み、細縄でぐ

続きを見る

【夜葬】 病の章 -34-

-33-はこちら       結論から言えば、本当に自分の子かどうかなど分からなかった。     行

続きを見る

【夜葬】 病の章 -33-

-32-はこちら     東京の光は煌びやかで、この綺麗な光ならば自分を救ってくれる。     鉄二はそう信じて疑わ

続きを見る

【夜葬】 病の章 -32-

-31-はこちら     太平洋戦争終結から三年の月日が経ち、昭和二三年。     西暦で言うなら一九四八年。

続きを見る

【夜葬】 病の章 -31-

-30-はこちら     福の神はいない。     鉄二の言葉に誰もが天を仰いだ。   &nb

続きを見る

【夜葬】 病の章 -30-

  -29-はこちらから   それから数日して、さらに数名村の者が帰ってきた。     中にはゆゆや鉄二と遊ん若者も

続きを見る

スポンサードリンク



【夜葬】 病の章 -78-

-77-はこちら    

【夜葬】 病の章 -77-

-76-はこちら    

【夜葬】 病の章 -76-

-75-はこちら    

【夜葬】 病の章 -75-

-74-はこちら   事件が起こったのは

【夜葬】 病の章 -74-

-73-はこちら    

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑