*

怪紀行兵庫淡路島・不可思議秘宝館ナゾのパラダイス 前編

■兵庫といえばナゾパラ

どうも最東です。今回は淡路島を代表する超有名な観光スポットを紹介するよ。

みなさん、首を長くしてお待ちになっていたかと思います……ダラララララ(ドラムロール)

ナゾのパラダイス!!

兵庫県洲本市、立川水仙郷にズガーン!と秘宝館があると聞いてやってきました。

まず、山をね……上ります。車でズガーン!と結構上るんですよ。そうすると……そうするとですよ? 

有料道路の料金所にしか見えないゲートがありましてね、『ナゾのパラダイス』と書かれた……いえ、正しく記述しておきましょう……『朝日テレビ探偵ナイトスクープ紹介ナゾのパラダイス』と看板がでているわけですよ。

こわいなこわいなおっかないな~

「入り口はドライブイン」という謎の看板に戸惑いつつ先に進んでいくと細く狭い山道……うわっ、なんだこれ!

なんか煙突?に文字が書いてある!!

なになに……ええっと、「チンチン音頭発祥の地」……

いや、知らんがな!(知らんがなー知らんがな―知らんがな―<やまびこですか?ええ、やまびこです)

なにやら広場に差し掛かったかと思うと、ナゾの洒落頭が地獄から手を伸ばしているかのようにあったりよくわからない鳥居(やけに小さい)があったり、さっそく異空間に彷徨い込んだ感えぐいことに。

〈UFO神社〉とカーナビに表示されていて、頭の中で?が三段くらい積まれ、あと一個上に載ったら?が消えそうだなと思いました。

最東が行きたかったのはナゾのパラダイスというナゾのパラダイスであって、UFO神社では……アッこれUFO神社だッ!(やけに小さな鳥居)

■とにかくテレビに出た

車を降りて観察してみると大きな石板があり、そこにはでかでかと『上岡龍太郎 岡部まり 桂小枝 探偵ナイトスクープ』と刻まれています。ほほう、これはこれは全然わかりませんなあ。

読んでみるとナイトスクープでナゾパラが紹介された記念碑のようです。すごい、テレビで紹介されて記念碑建てるなんてはじめてみた!(興奮)

さらにその下には『チンチン音頭』という卑猥な音頭が一番から三番……いや、六番まで歌詞が刻まれている。

チンチン音頭ってなんか既知感あるなあ、気のせいかなあ、アレッ!

そう、ついさっき見た煙突。そこに掲げられた『チンチン音頭発祥の地』という字。

そこまで推すのだから、名前に反して由緒ある音頭なのかもしれないとまじまじ歌詞を読んでみる。

ははは、すげえ下品。

『チンチンいっぱいうれしいな』ってなんだ。いっぱいあるのか、チンチン。

最東もいい歳のおっさん、いろんな人が読むブログにチンチン、チンチン、と大きくなっちゃった!みたいに連呼していては品格を疑われる。

しっかりと観察し、記録しなければ。

気を取り直してナイトスクープ放送記念碑の横にあるUFO神社をまたいで石碑の前に移動してみた。

『たけし、さんまの世紀末特別番組世界超偉人500万人伝説 読売テレビ放送記念の碑』

またテレビ放送記念碑だァ~♥

しかも、倒れかかっているのか支柱で固定されていました。

この石碑にもチンチン音頭の歌詞が刻まれていたのですが、どういうわけか一番から五番までしかありませんでした。六番どこ行ったんだ。あとでできたのか?そんなことあんの?

石碑はこの二枚だけか……厭な汗を掻きながらようやくUFO神社に突っ込めるかと思ったその矢先。

視界の端でピカピカしたなにかを捉えました。

こ、これは……ッッ!!

それは真っ二つに割れ、台と化した石碑じゃありませんか!!

『全国お宝スポット魔境めぐりで紹介された「愛してる」p0いがjp……』(「愛してる」から先は割れてて読めなかった)

ええ~なにそれぇ~、またテレビ記念碑?

しかし、ナイトスクープもたけしさんまの超偉人も知っているけれど魔境めぐりは知らないな……と思って後で調べてみたところ、宝島社刊行の単行本のようです。えっ、本でも記念碑建てちゃうの?!

だが割れているのでかなり縁起が悪い……

ちなみにここにもチンチン音頭の歌詞。こちらはきっちり六番まで収録。いったいなんなんだ。

■本館にたどり着けない非常事態

ちょ、ま……おい!

本記事もそろそろ後半に差し掛かるというのに、ナゾのパラダイスにたどり着いてもいないだと……!!

思いがけず前後編になってしまいそうですが、そんなことよりもUFO神社ですよ。

なんといってもUFO神社は日本でここだけ!(そらそうやろ)

すげえ、UFOだ。UFO……UFO?

どこにUFOらしさがあるんだ!いい加減にしろ!

割とつるつるでぴかぴかな社とシルバーステンレスの浄財箱。あと獅子狛・狛犬の代わりに蛙の石像……。

え、わからんわからん!なにがどうUFOなの??!

石柱に『淡路島UFO神社』とはあるけれど、見た目だけではまるっきりUFOらしさがわからない。

※ネット調べによると、何年か前までUFO神社の手前に白い円盤のオブジェがあったそうな。あと、設立当初はここから円盤を投げそれをUFOに見立てて無病息災を願ったそうです。わけわからん。

「次回はもっとすごいぞ? ふぉっふぉっふぉっ」

後編へ続く

スポンサードリンク



関連記事

no image

【怪紀行滋賀番外編】待ち人こず! 断罪のファロ!

■本記事をお読みいただく前に どうも最東対地です。 今回は怪紀行の番外編として

記事を読む

陽だまりのカエルと鶏とパンダ 2

→全編はこちら ※この話は9割作り話です。 ■死線、張り詰めるッ――!

記事を読む

福井県怪紀行① 鎮座する業・越前大仏(清大寺)その1

■恐竜の国・福井県 どうも最東です。今回は北陸・福井県に行ってきました。 近年

記事を読む

【怪奇夜話】ハッキングの今 / 真の恐怖は同じ人間から

◆無関係だと思っていませんか        どうも最東です。      私はこ

記事を読む

2019 お報せ色々

■2019年 どうも最東です。 早いもので当ブログも2013年の開設から5年目

記事を読む

高さ100メートルの廃墟 兵庫県淡路島・世界平和大観音像

■大自然のどかな島・淡路島 ※2020/6/5追記:取り壊しが決まりました。(毎日新

記事を読む

no image

双葉社ホラー賞 / ケータイ小説賞とは

■拡散忌望の行方       どうも最東です。

記事を読む

no image

『夜葬』発売日決定のお知らせ

        ■第23回日本ホラー小説

記事を読む

食はここにあり / 中国4千年の歴史

    ■美味しい中華料理    

記事を読む

no image

口コミで広がるホラー小説 / ランキングに踊らない人

■日常に潜むオカルト   どうも最東です。 今日は風が強く、洗濯物が飛ばされそうにな

記事を読む

スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

怪紀行京都・ステンドグラスまばゆく 橋本遊廓跡

■鬼龍院花子の生涯 どうも五社英雄です。舐めたらいかん

いよいよ発売!初の旅エッセイ『この場所、何かがおかしい』

イラストはあまのたいらさん(https://twitter.com/

怪紀行大阪・飛田新地 旅館満すみ・鯛よし百番

■クラウドファンッ ディング!! どうも

怪紀行栃木・日本最強の縁切り神社 門田稲荷

■悪縁を断ち切り、良縁を結ぶ どうも最東です。ムカつく

怪紀行愛知 栄枯盛衰悲喜交々・名楽園中村遊郭跡

■国内最大級の花街へ どうも最東です。最近ムラムラしや

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑