*

【夜葬】 病の章 -54-

-53-はこちら     村に帰る道のりは重苦しいものだった。     とは言っても、それは鉄二だけに限ったことで窪

続きを見る

【夜葬】病の章 -53-

-52-はこちら     むせ返るようなインクの匂いに鉄二は鼻をつまんだ。     となりに歩いている窪田は涼しい顔

続きを見る

角川三賞受賞パーティー2017

2017/11/29 | おもうこと, 雑記

■あれから一年     どうも最東です。     最近は『【夜葬】病の章』しかブログで更新していないので、この挨拶もずいぶん

続きを見る

【夜葬】 病の章 -52-

-51-はこちら     【夜葬】のことを知れば、誰であろうとも眉間に皺を寄せ、動物の死骸に沸く蛆を眺めるような顔つきになる。  

続きを見る

【夜葬】 病の章 -51-

-50-はこちら     久方ぶりに見る街の灯りは眩しく、だが煌びやかに踊っているように映った。     「どうだい

続きを見る

【夜葬】 病の章 -50-

-49-はこちら       村に電気を通そう。     高らかにそう謡ったのは他ならぬ窪田だった。

続きを見る

【夜葬】 病の章 -49-

-48-はこちら     【夜葬】を勘違いしていたのは黒川鉄二だけではない。亡き黒川元もそうだった。     戦前ま

続きを見る

【夜葬】 病の章 -48-

-47-はこちら     今は新しい人も沢山いるし変なところに埋めたらすぐにバレちゃうから。ゆゆは船坂の死体をひと目から離れた林の中で埋める理由について語

続きを見る

【夜葬】 病の章 -47-

  -46-はこちら       【どんぶりさん】とは、鈍振村で死んだ者を弔う際、神様(福の神さん)に借りていた顔(魂)を

続きを見る

【夜葬】 病の章 -46-

―45―はこちら       ゆゆが昼間、「手伝ってね」と言った意味を夕刻も迫る橙の空の下で鉄二は知ることとなった。  

続きを見る

スポンサードリンク



no image
【夜葬】 病の章 -54-

-53-はこちら    

【夜葬】病の章 -53-

-52-はこちら    

角川三賞受賞パーティー2017

■あれから一年     どうも最

【夜葬】 病の章 -52-

-51-はこちら    

【夜葬】 病の章 -51-

-50-はこちら    

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑