*

【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①  本当なんですか、あの噂って――  現場に向かうパトカーの車内で三小杉(みこすぎ)が恐る恐る訊いてきた。  つい一週間

続きを見る

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一六人が死ぬ事故で幕を開けたかと思えば、遠い海を渡った地で人気を博したマリリン・モンローが来日した。 力道山がテレビでプロレスの面

続きを見る

【連載】めろん。33

めろん。32はこちら ・綾田広志 38歳 刑事⑧ 「准教授は地下2階、生体機能解析学研究室にいらっしゃいます」  窓口でそう聞いたはずだが当の研究室は鍵がか

続きを見る

【連載】めろん。32

めろん。31はこちら ・綾田広志 38歳 刑事⑧  大城と連絡が取れなくなって一か月が経とうとしている。  県警に問い合わせても『有給休暇』の一点張りで話にならない

続きを見る

【連載】めろん。31

めろん。30はこちら ・星野檸檬 11歳 小学生③  リビングに駆け込んだ瞬間、厭な臭いがした。  臭ったことのない生ぬるく、何ともいえない錆びた臭い。暗い

続きを見る

【連載】めろん。30

めろん。29はこちら ・星野檸檬 11歳 小学生② 「パパが戻ってくるの、理沙が2年生?」 「違うよ、3年生。私が中学生になった年」 「えー遅い~! 寝て起き

続きを見る

【連載】めろん。29

めろん。28はこちら ・星野檸檬 11歳 小学生① 「お姉ちゃーん、かーえろ!」  教室に妹の声が響き、遅れてくすくすと笑い声が聞こえる。クラスメートの女子たちだ。

続きを見る

【連載】めろん。28

めろん。27はこちら ・大城大悟 38歳 刑事④  暗闇の中で俺はプリキュアのテーマ曲を繰り返し聴かされていた。  尻からは細かな振動が伝わってくる。手は縛

続きを見る

高さ100メートルの廃墟 兵庫県淡路島・世界平和大観音像

■大自然のどかな島・淡路島 どうも最東です。 淡路島はいいところです。鉄道こそありませんが、明石大橋を渡ってすぐの高アクセス。 山で遊んでよし、海で遊んでよし、牛乳

続きを見る

【連載】めろん。27

めろん。26はこちら ・大城大悟 38歳 刑事③  心臓が止まる。呼吸の仕方ですら吹き飛ぶ。時間が俺の精神だけを取り残して止まってしまったのだと思った。  だが時計

続きを見る

『おるすばん』(角川ホラー文庫刊 2019/9/21発売)

■角川ホラー4冊目   どうも最東です。   角川ホラー文庫での4冊目、自身の著書では実に5冊目の単著。   今回のテーマは『インターホン』と『人形』です。   人形と言えば日本人にとって根

続きを見る

【連載】めろん。26

めろん。25はこちら ・大城大悟 38歳 刑事② 「両間が?」  電話の向こうで綾田はやはり驚いていた。  考えていなかったわけではないが、実際に直面

続きを見る

スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

【連載】めろん。33

めろん。32はこちら ・綾田広志 38

【連載】めろん。32

めろん。31はこちら ・綾田広志 38歳 刑事

【連載】めろん。31

めろん。30はこちら ・星野檸檬 11

【連載】めろん。30

めろん。29はこちら ・星野檸檬 11歳 小学

【連載】めろん。29

めろん。28はこちら ・星野檸檬 11歳 小学

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑