*

【夜葬】 病の章 -47-

  -46-はこちら       【どんぶりさん】とは、鈍振村で死んだ者を弔う際、神様(福の神さん)に借りていた顔(魂)を

続きを見る

【夜葬】 病の章 -46-

―45―はこちら       ゆゆが昼間、「手伝ってね」と言った意味を夕刻も迫る橙の空の下で鉄二は知ることとなった。  

続きを見る

【夜葬】 病の章 -45-

-44-はこちら         『殺せと言ったのに、なぜ殺さなかった!』    

続きを見る

【夜葬】 病の章 -44-

-43-はこちら       鉄二は酩酊していた。     足元はふらつき、まともに立っていられない

続きを見る

【夜葬】 病の章 -43-

-42-はこちら       敬介という名の子供を殺せ。     船坂は鉄二にそう命ずるように言った

続きを見る

【夜葬】 病の章 -42-

-41-はこちら     「夜葬を終わらせたからだと? なに言ってやがる耄碌してんのかよ! あんた忘れたのか、美郷おばちゃんがなんで【地蔵還り】なんかにな

続きを見る

【夜葬】 病の章 -41-

-40-はこちら       船坂家に赴いた鉄二がまず驚いたのは、家の荒れようだった。     確か

続きを見る

【夜葬】 病の章 -40-

-39-はこちら     なにかがおかしい――。     鉄二の中でその感覚は日増しに強くなっていった。 &n

続きを見る

【夜葬】 病の章 -39-

-38-はこちら       窪田の登場で鉄二は余計に頭がぐちゃぐちゃになった。     その熱を冷

続きを見る

【夜葬】 病の章 -38-

-37-はこちら     鉄二が村に戻ってから数日が経った。     日々を重ねる毎に鉄二は驚きの連続だった。

続きを見る

スポンサードリンク



【夜葬】 病の章 -47-

  -46-はこちら  

【夜葬】 病の章 -46-

―45―はこちら    

【夜葬】 病の章 -45-

-44-はこちら    

【夜葬】 病の章 -44-

-43-はこちら    

【夜葬】 病の章 -43-

-42-はこちら    

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑