*

【夜葬】 病の章 -82-

-81-はこちら   ――一九七〇年四月。     日本中、女性たちの悲鳴で染められていた。    

続きを見る

【夜葬】 病の章 -81-

-80-はこちら       背丈よりも低い石柱に『鈍振神社』と彫られてある。     それを懐中電

続きを見る

【夜葬】 病の章 -80-

-79-はこちら     時は、僅かに遡ること半日前。     葛城が赩飯の握り飯を美味そうに食う宇賀神を見た直後で

続きを見る

【夜葬】 病の章 -79-

-78-はこちら       一九五九年五月十九日。     杉山の夜葬が明けた早朝のことだった。村

続きを見る

【夜葬】 病の章 -78-

-77-はこちら     「葛城さん。どんぶりさんの前ですよ、静かにしてください」     葛城の吃驚とは対照的に、

続きを見る

【夜葬】 病の章 -77-

-76-はこちら     敬介は松明を持った。     「普段はね、夜歩く時は提灯なんかで出るんですが、夜葬の時は松

続きを見る

【夜葬】 病の章 -76-

-75-はこちら     「冗談じゃない! 杉山さんを家族に返す前に、ここで弔う? そんな話がありますか!」    

続きを見る

【夜葬】 病の章 -75-

-74-はこちら   事件が起こったのは、村に訪れた2日目だった。     葛城が率いるテレビクルーのひとりが、取材の最中、誤って崖

続きを見る

【夜葬】 病の章 -74-

-73-はこちら     男は齢を重ねてようやく学んだ。     結局、目立たず、誰にも気づかれず、興味も持たれない

続きを見る

【夜葬】 病の章 -73-

-72-はこちら   鈍振村に足を踏み入れた一行は、あからさまに歓迎されていない空気を感じた。     村人はいるにはいるが、葛城ら

続きを見る

スポンサードリンク



【夜葬】 病の章 -82-

-81-はこちら   ――一九七〇年四月

【夜葬】 病の章 -81-

-80-はこちら    

【夜葬】 病の章 -80-

-79-はこちら    

【夜葬】 病の章 -79-

-78-はこちら    

【夜葬】 病の章 -78-

-77-はこちら    

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑