*

「 めろん。 」 一覧

【連載】めろん。40

めろん。39はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター⑨  ふたりは星野檸檬と理沙という姉妹だった。  どういうわけか靴も履いておらず、妹の理沙に限っては嘔吐物が服

続きを見る

【連載】めろん。39

めろん。38はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター⑧  スマホのスピーカーから聞こえてくるのは不在アナウンスの女の声。  何度かけても同じアナウンスが飽

続きを見る

【連載】めろん。38

めろん。37はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター⑦  小さな村だったという。  一体いつまで存在していて、いつ無くなってしまったのか、それすらも定かではない小

続きを見る

【連載】めろん。37

めろん。36はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター⑥ 「おすそわけの習慣ってあるじゃん。都会(こっち)でもまあ全然ないってこたないけど、それでも田舎のそれとは比べるに

続きを見る

【連載】めろん。36

めろん。35はこちら ・三小杉 心太 26歳 刑事② 「あの……ここは?」  僕が投げかける疑問を無視して公安の職員は前を進んだ。  もう一度問いかけそうにな

続きを見る

【連載】めろん。35

めろん。34はこちら ・三小杉 心太 26歳 刑事①  他言無用、あくまで内密に。  三小杉宛に届いたメールにはそのように念を押す文言があった。  そ

続きを見る

【連載】めろん。34

めろん。33はこちら ・綾田広志 38歳 刑事⑨  嬉々として持論を述べる坂口はまるで水を得た魚だ。  あれこれと解説を持ちだしては好きなことを並べ立てている。

続きを見る

【連載】めろん。33

めろん。32はこちら ・綾田広志 38歳 刑事⑧ 「准教授は地下2階、生体機能解析学研究室にいらっしゃいます」  窓口でそう聞いたはずだが当の研究室は鍵がか

続きを見る

【連載】めろん。32

めろん。31はこちら ・綾田広志 38歳 刑事⑧  大城と連絡が取れなくなって一か月が経とうとしている。  県警に問い合わせても『有給休暇』の一点張りで話にならない

続きを見る

【連載】めろん。31

めろん。30はこちら ・星野檸檬 11歳 小学生③  リビングに駆け込んだ瞬間、厭な臭いがした。  臭ったことのない生ぬるく、何ともいえない錆びた臭い。暗い

続きを見る

スポンサードリンク



スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

【連載】めろん。40

めろん。39はこちら ・破天荒 32歳 フリー

【連載】めろん。39

めろん。38はこちら ・破天荒 32歳

【連載】めろん。38

めろん。37はこちら ・破天荒 32歳 フリー

【連載】めろん。37

めろん。36はこちら ・破天荒 32歳 フリー

【連載】めろん。36

めろん。35はこちら ・三小杉 心太 26歳 

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑