*

ロメロ作品

■ジョージ・A・ロメロ

 

ゾンビ映画の父でありパイオニア、ジョージ・A・ロメロの作品。

ホラー映画の中でも特にリスペクトしています。

彼の撮るゾンビ映画には、全てを悟った語り部が登場しません。

宗教じみたことをいう登場人物はいますが、所詮いち人間の拙い推測。

ロメロの撮る映画に出てくるゾンビには理屈はありません。

ただ、よくわからないが死人が生き返るのです。

そいつらは人を食べるのです。

語られるのは一貫してそれだけ。なぜそうなったかなどの理由は一切判明しません。

これがホラーの醍醐味であり、最東ホラーのルーツでもあります。

得体の知れないもの。

人が恐怖するのは、いつの時代もそういうものなのです。

スポンサードリンク




公開日:

スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

【連載】めろん。29

めろん。28はこちら ・星野檸檬 11歳 小学

【連載】めろん。28

めろん。27はこちら ・大城大悟 38

高さ100メートルの廃墟 兵庫県淡路島・世界平和大観音像

■大自然のどかな島・淡路島 どうも最東です。 淡

【連載】めろん。27

めろん。26はこちら ・大城大悟 38歳 刑事

本当はないんでしょ
『おるすばん』(角川ホラー文庫刊 2019/9/21発売)

■角川ホラー4冊目   どうも最東です。   角川ホラー文庫

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑