*

ロメロ作品

■ジョージ・A・ロメロ

 

ゾンビ映画の父でありパイオニア、ジョージ・A・ロメロの作品。

ホラー映画の中でも特にリスペクトしています。

彼の撮るゾンビ映画には、全てを悟った語り部が登場しません。

宗教じみたことをいう登場人物はいますが、所詮いち人間の拙い推測。

ロメロの撮る映画に出てくるゾンビには理屈はありません。

ただ、よくわからないが死人が生き返るのです。

そいつらは人を食べるのです。

語られるのは一貫してそれだけ。なぜそうなったかなどの理由は一切判明しません。

これがホラーの醍醐味であり、最東ホラーのルーツでもあります。

得体の知れないもの。

人が恐怖するのは、いつの時代もそういうものなのです。

スポンサードリンク




公開日:

スポンサードリンク



【夜葬】 病の章 -34-

-33-はこちら    

【夜葬】 病の章 -33-

-32-はこちら    

【夜葬】 病の章 -32-

-31-はこちら    

【夜葬】 病の章 -31-

-30-はこちら    

【夜葬】 病の章 -30-

  -29-はこちらから  

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑