*

「 夜葬 病の章 」 一覧

【夜葬】 病の章 -43-

-42-はこちら       敬介という名の子供を殺せ。     船坂は鉄二にそう命ずるように言った

続きを見る

【夜葬】 病の章 -42-

-41-はこちら     「夜葬を終わらせたからだと? なに言ってやがる耄碌してんのかよ! あんた忘れたのか、美郷おばちゃんがなんで【地蔵還り】なんかにな

続きを見る

【夜葬】 病の章 -41-

-40-はこちら       船坂家に赴いた鉄二がまず驚いたのは、家の荒れようだった。     確か

続きを見る

【夜葬】 病の章 -40-

-39-はこちら     なにかがおかしい――。     鉄二の中でその感覚は日増しに強くなっていった。 &n

続きを見る

【夜葬】 病の章 -39-

-38-はこちら       窪田の登場で鉄二は余計に頭がぐちゃぐちゃになった。     その熱を冷

続きを見る

【夜葬】 病の章 -38-

-37-はこちら     鉄二が村に戻ってから数日が経った。     日々を重ねる毎に鉄二は驚きの連続だった。

続きを見る

【夜葬】 病の章 -37-

-36-はこちら   薄い唇から感じる感触は、温かく柔らかい。     あの頃のようになんでもはじき返してしまうような弾力は無くなっ

続きを見る

【夜葬】 病の章 -36-

-35-はこちら       もう二度と帰ることもあるまい。     そう思っていた鉄二の目の前にあ

続きを見る

【夜葬】 病の章 -35-

-34-はこちら       鉄二は夜明け前の海に赤ん坊を捨てた。     簡単に布で包み、細縄でぐ

続きを見る

【夜葬】 病の章 -34-

-33-はこちら       結論から言えば、本当に自分の子かどうかなど分からなかった。     行

続きを見る

スポンサードリンク



スポンサードリンク



【夜葬】 病の章 -43-

-42-はこちら    

【夜葬】 病の章 -42-

-41-はこちら    

【夜葬】 病の章 -41-

-40-はこちら    

【夜葬】 病の章 -40-

-39-はこちら    

【夜葬】 病の章 -39-

-38-はこちら    

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑