*

「 ショート連載 」 一覧

【ブログ小説】ひとり10万円 4

-3-はこちら     4   「最近、やけに機嫌がいいじゃないですか」     オフィスを歩

続きを見る

【ブログ小説】ひとり10万円 3

  -2-はこちら   3   白状しよう。     貯金はそこそこあるが、その実は大した額で

続きを見る

【ブログ小説】ひとり10万円 2

-1-はこちら 2   口座から10万円、なくなっていた。     引き落とされたのではない。なくなっていたのだ。 &n

続きを見る

【夜葬】 病の章 -87- 最終話

-86-はこちら   栃木に帰った健一は、翌日も会社を休んだ。     家でなにをするでもなく、一日中寝転んでは本を読んだり、テレビ

続きを見る

【夜葬】 病の章 -86-

-85-はこちら     テレビ屋さん。     あんた、知っているかい。    

続きを見る

【夜葬】 病の章 -85-

-84-はこちら     取材が終わる頃、健一はシャツを汗でぐっしょりと濡らしていた。     まさに滴らんばかりの

続きを見る

【夜葬】 病の章 -84-

-83-はこちら     平べったい辞典のような、テープレコーダーをカバンから取り出す。     汗をかいたミックス

続きを見る

【夜葬】 病の章 -83-

-82-はこちら       社内で健一の企画が立ち消えが噂されはじめた七月初旬。     半袖の町

続きを見る

【夜葬】 病の章 -82-

-81-はこちら   ――一九七〇年四月。     日本中、女性たちの悲鳴で染められていた。    

続きを見る

【夜葬】 病の章 -81-

-80-はこちら       背丈よりも低い石柱に『鈍振神社』と彫られてある。     それを懐中電

続きを見る

スポンサードリンク



スポンサードリンク



【ブログ小説】ひとり10万円 4

-3-はこちら    

【ブログ小説】ひとり10万円 3

  -2-はこちら  

【ブログ小説】ひとり10万円 2

-1-はこちら 2   口座から1

【ブログ小説】ひとり10万円 1

1   新橋の改札を抜けたのが21時。

【9/20発売】『怨霊診断』序盤お試し公開

■いよいよ発売『怨霊診断』   どうも最

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑