*

「 ショート連載 」 一覧

【夜葬】 病の章 -34-

-33-はこちら       結論から言えば、本当に自分の子かどうかなど分からなかった。     行

続きを見る

【夜葬】 病の章 -33-

-32-はこちら     東京の光は煌びやかで、この綺麗な光ならば自分を救ってくれる。     鉄二はそう信じて疑わ

続きを見る

【夜葬】 病の章 -32-

-31-はこちら     太平洋戦争終結から三年の月日が経ち、昭和二三年。     西暦で言うなら一九四八年。

続きを見る

【夜葬】 病の章 -31-

-30-はこちら     福の神はいない。     鉄二の言葉に誰もが天を仰いだ。   &nb

続きを見る

【夜葬】 病の章 -30-

  -29-はこちらから   それから数日して、さらに数名村の者が帰ってきた。     中にはゆゆや鉄二と遊ん若者も

続きを見る

【夜葬】 病の章 -29-

-28-はこちら       鉄二とゆゆが戻った翌々日に船坂は村に戻った。     船坂の他にも吉蔵

続きを見る

【夜葬】 病の章 -28-

  -27-はこちら   一九四五年八月十五日。     四年の長きに渡って繰り広げられた太平洋戦争は、日本の敗北に

続きを見る

【夜葬】 病の章 -27-

  -26-はこちら     祭囃子が村の中心の広場から聞こえ、初めての祭りに鉄二ははしゃいだ。    

続きを見る

【夜葬】 病の章 -26-

  -25-はこちら   ――人じゃない。     もはやこの言葉がぴたりと適合する姿は、美郷の面影など残してないな

続きを見る

【夜葬】 病の章 -25-

  -24-はこちら   村の男たちは武器をもち、船坂を先頭にして美郷の捜索に出た。     人数にして7人。目的は

続きを見る

スポンサードリンク



スポンサードリンク



【夜葬】 病の章 -34-

-33-はこちら    

【夜葬】 病の章 -33-

-32-はこちら    

【夜葬】 病の章 -32-

-31-はこちら    

【夜葬】 病の章 -31-

-30-はこちら    

【夜葬】 病の章 -30-

  -29-はこちらから  

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑