*

【夜葬】 病の章 -68-

-67-はこちら     ――五月女? 聞き覚えがないな。     玄関に向かいながら鉄二は、記憶の中に五月女の名を

続きを見る

【夜葬】 病の章 -67-

-66-はこちら       自分はもう長くない。     馬鹿正直にそれを夫に話してしまえば、彼は

続きを見る

【夜葬】 病の章 -66-

-65-はこちら   「きちんと正規の手順を踏んで、死者を弔う【夜葬】。村にとって、これがどれほど重要なものか、お分かりだろう」    

続きを見る

【夜葬】 病の章 -65-

-64-はこちら       ――おかわりありますか、だと? どこの誰だ。そんな間抜けなことをわざわざ言いに来るのは。  

続きを見る

【夜葬】 病の章 -64-

-63-はこちら         【夜葬】の起源はさだかではない。     だが敬介

続きを見る

【夜葬】病の章 -63-

-62-はこちら       “【夜葬】をよみがえらせる”――。     その噂は人目を避けて暮らし

続きを見る

【夜葬】 病の章 -62-

-61-はこちら     それから鈍振村に病が流行するのはすぐだった。     いや、厳密に言えばその兆候はあった。

続きを見る

【夜葬】 病の章 -61-

-60-はこちら       一九五三年一一月二九日。     村の広場は祭囃子で包まれ、この年がも

続きを見る

【夜葬】 病の章 -60-

-59-はこちら     「バカ、声を出すな」     「あぶ、あぶ」    

続きを見る

【夜葬】 病の章 -59-

-58-はこちら     時間が経つのは早い。     もっとも、鉄二にとっては特にそうだったのかもしれない。

続きを見る

スポンサードリンク



【夜葬】 病の章 -78-

-77-はこちら    

【夜葬】 病の章 -77-

-76-はこちら    

【夜葬】 病の章 -76-

-75-はこちら    

【夜葬】 病の章 -75-

-74-はこちら   事件が起こったのは

【夜葬】 病の章 -74-

-73-はこちら    

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑