*

【連載】めろん。56

めろん。55はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター⑪  広志が帰ったのは二三時を大きく過ぎたころだった。  廊下で壁にもたれかかったまま座り、なにを見る

続きを見る

【連載】めろん。55

めろん。54はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター⑩  最初に異変に気付いたのは檸檬だった。  買い物から帰ってきた私に檸檬が飛びつくと、「理沙が!」と叫ん

続きを見る

【連載】めろん。54

めろん。53はこちら ・綾田広志 38歳 刑事⑮  背筋が粟だつ。もう無視することはできない。  大城だけではない。ギロチンという蛙子の同業者も広島のあの施

続きを見る

福井県怪紀行③ 死者が漂着する神の島・雄島

福井県怪紀行② 異界への入り口・ワンダーランド・東尋坊 ■島へ導く紅い橋 東尋坊から雄島はそれほど離れていません。車でいけばすぐですし、根気があれば歩いて行くことも可能で

続きを見る

福井県怪紀行① 鎮座する業・越前大仏(清大寺)その2

福井県怪紀行① 鎮座する業・越前大仏(清大寺)その1 ■越前大仏を取り巻く世情 そもそも越前大仏は仏閣関係ではなく、一個人の事業として建てられました。 清大寺がある

続きを見る

福井県怪紀行① 鎮座する業・越前大仏(清大寺)その1

■恐竜の国・福井県 どうも最東です。今回は北陸・福井県に行ってきました。 近年、すっかり鯖江の眼鏡が有名になりましたが、鯖は本当においしいです。 鯖をまるごとぬか漬けにした

続きを見る

福井県怪紀行② 異界への入り口・ワンダーランド・東尋坊

福井県怪紀行① 鎮座する業・越前大仏(清大寺)その2 ■みんな大好き三国ワンダーランド この記事を読む前に、まずこちらのHPをごらんください。(リンク) 見ましたか?

続きを見る

【連載】めろん。53

めろん。52はこちら ・綾田広志 38歳 刑事⑭  耳が痛い。この痛みは錯覚だとわかっている。  そうだとしてもこの話を素面で聴くのは堪えた。  檸檬

続きを見る

【連載】めろん。52

めろん。51はこちら ・綾田広志 38歳 刑事⑬  両間の意思、というよりは公安の上層部の意思決定だと思っていい。そうなると俺たちの想像に及びつかない強い力が動い

続きを見る

【連載】めろん。51

めろん。50はこちら ・綾田広志 38歳 刑事⑫  気が気ではなかったが帰らないわけにいかなかった。  タクシーを呼んだが、場所を言っただけで訝しがられ簡単

続きを見る

スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

【連載】めろん。65

めろん。64はこちら ・綾田広志 38歳 刑事㉒

【連載】めろん。64

めろん。63はこちら ・綾田広志 38

【連載】めろん。63

めろん。61はこちら ・綾田広志 38歳 刑事

【連載】めろん。62

めろん。61はこちら ・綾田広志 38歳 刑事

【連載】めろん。61

めろん。62はこちら ・綾田広志 38歳 刑事

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑