*

【夜葬】 病の章 -75-

-74-はこちら   事件が起こったのは、村に訪れた2日目だった。     葛城が率いるテレビクルーのひとりが、取材の最中、誤って崖

続きを見る

【夜葬】 病の章 -74-

-73-はこちら     男は齢を重ねてようやく学んだ。     結局、目立たず、誰にも気づかれず、興味も持たれない

続きを見る

【夜葬】 病の章 -73-

-72-はこちら   鈍振村に足を踏み入れた一行は、あからさまに歓迎されていない空気を感じた。     村人はいるにはいるが、葛城ら

続きを見る

【夜葬】 病の章 -72-

―71―はこちら     一九五九年四月。     「本当にみんな“船”がつく苗字なんですねえ」  

続きを見る

【夜葬】 病の章 -71-

-70-はこちら     朝が来た。     恐怖で震え、目が冴えてしまい、眠れるわけがないと思っていた鉄二だったが

続きを見る

【夜葬】 病の章 -70-

-69-はこちら     慌てて飛び込んだ家。     すぐに心張棒をあてがい、外からの侵入を防いだ。 &nb

続きを見る

【夜葬】 病の章 -69-

-68-はこちら     「顔がなくなるなんて聞いていない!」     人気のない夜の鈍振神社に、五月女の悲痛な叫び

続きを見る

【夜葬】 病の章 -68-

-67-はこちら     ――五月女? 聞き覚えがないな。     玄関に向かいながら鉄二は、記憶の中に五月女の名を

続きを見る

【夜葬】 病の章 -67-

-66-はこちら       自分はもう長くない。     馬鹿正直にそれを夫に話してしまえば、彼は

続きを見る

【夜葬】 病の章 -66-

-65-はこちら   「きちんと正規の手順を踏んで、死者を弔う【夜葬】。村にとって、これがどれほど重要なものか、お分かりだろう」    

続きを見る

スポンサードリンク



【夜葬】 病の章 -85-

-84-はこちら    

【夜葬】 病の章 -84-

-83-はこちら    

【夜葬】 病の章 -83-

-82-はこちら    

【夜葬】 病の章 -82-

-81-はこちら   ――一九七〇年四月

【夜葬】 病の章 -81-

-80-はこちら    

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑