*

【連載】めろん。87

めろん。86はこちら ・〇〇〇 〇歳 ⑥  端的にそれを喩えるなら、〝地獄〟だった。  征四郎の一件のすぐあと、母は【鬼子村跡】の施設へと隔離された。母は猛反発して

続きを見る

【連載】めろん。86

めろん。85はこちら ・〇〇〇 〇歳 ⑤  テーブルの上に所狭しと並んだそれは、とても料理と呼べる代物ではなかった。  ただ焼いただけ、ただ煮ただけ、ただ蒸しただけ

続きを見る

【連載】めろん。85

めろん。84はこちら ・〇〇〇 〇歳 ④  最初は冗談かと思った。叱ろうとしたところで征四郎が父親に似てそういう性格でないことを思い出した。頭が固く真面目一辺倒、まったく

続きを見る

【連載】めろん。84

めろん。83はこちら ・〇〇〇 〇歳 ③  結果からいうと征四郎の話は本当だったと言わざるを得ない。  本腰を入れて調査すれば濁流のごとく色々なことがわかった。この

続きを見る

【連載】めろん。83

めろん。82はこちら ・〇〇〇 〇歳 ②  あれから長い年月が経った。  私は父の跡を追わず、警察になった。キャリア組の道もあったが、勤めてみて性分ではないことを知

続きを見る

【連載】めろん。82

めろん。81はこちら ・〇〇〇 〇歳 ①  そのことを知ったのは、大学の合格を決めてすこししたころだった。 「鬼子村……?」 「言っておくが調べても無駄だぞ。

続きを見る

【連載】めろん。81

めろん。80はこちら ・坂口勉 38歳 大学准教授②  研究室は人手が足りない。だが無能な助手が視界をうろつくことを考えれば今くらいがちょうどいいのも正直なところだ。

続きを見る

【連載】めろん。80

めろん。79はこちら ・坂口勉 38歳 大学准教授  めろん感染から発症までには段階(レベル)がある。  日常会話や生活雑音の中に「めろん」と幻聴が聴こえる。食べ物

続きを見る

【連載】めろん。79

めろん。78はこちら ・綾田広志 38歳 刑事㉛ 「カメラにすべて記録されているし、星野姉妹のことは把握済みだ。状況から見て綾田ちゃんもわかっていたはずだよねぇ? あの子

続きを見る

【連載】めろん。78

めろん。77はこちら ・綾田広志 38歳 刑事㉚  ドスの利いた両間の言葉に従い、ボードゲームの対面に座る。  両間は表情を明るく一変させるとマスのひとつにコマを置

続きを見る

スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

いよいよ発売!初の旅エッセイ『この場所、何かがおかしい』

イラストはあまのたいらさん(https://twitter.com/

怪紀行大阪・飛田新地 旅館満すみ・鯛よし百番

■クラウドファンッ ディング!! どうも

怪紀行栃木・日本最強の縁切り神社 門田稲荷

■悪縁を断ち切り、良縁を結ぶ どうも最東です。ムカつく

怪紀行愛知 栄枯盛衰悲喜交々・名楽園中村遊郭跡

■国内最大級の花街へ どうも最東です。最近ムラムラしや

怪紀行愛知・英霊たちは静かに佇む知多中之院 軍人墓地

■旅は迷う どうも最東です。みなさん、今日も迷ってます

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑