*

【夜葬】病の章 -63-

-62-はこちら       “【夜葬】をよみがえらせる”――。     その噂は人目を避けて暮らし

続きを見る

【夜葬】 病の章 -62-

-61-はこちら     それから鈍振村に病が流行するのはすぐだった。     いや、厳密に言えばその兆候はあった。

続きを見る

【夜葬】 病の章 -61-

-60-はこちら       一九五三年一一月二九日。     村の広場は祭囃子で包まれ、この年がも

続きを見る

【夜葬】 病の章 -60-

-59-はこちら     「バカ、声を出すな」     「あぶ、あぶ」    

続きを見る

【夜葬】 病の章 -59-

-58-はこちら     時間が経つのは早い。     もっとも、鉄二にとっては特にそうだったのかもしれない。

続きを見る

【夜葬】 病の章 -58-

-57-はこちら     「ぼぅっとするな! 貸せ!」     夜の闇に怒声が空に飲み込まれた。  

続きを見る

【夜葬】 病の章 -57-

-56-はこちら       ふぅん。     興味なさげなゆゆの返事は窪田の言葉を信用していない証

続きを見る

【夜葬】 病の章 -56-

-55-はこちら       赤ん坊……敬介を殺すことに意味を問われればわからないとしか答えようがなかった。   &

続きを見る

【夜葬】 病の章 -55-

-54-はこちら       いいじゃないか、面白い。     鉄二が思っていた以上に窪田という男は

続きを見る

【夜葬】 病の章 -54-

-53-はこちら     村に帰る道のりは重苦しいものだった。     とは言っても、それは鉄二だけに限ったことで窪

続きを見る

スポンサードリンク



【ブログ小説】ひとり10万円 4

-3-はこちら    

【ブログ小説】ひとり10万円 3

  -2-はこちら  

【ブログ小説】ひとり10万円 2

-1-はこちら 2   口座から1

【ブログ小説】ひとり10万円 1

1   新橋の改札を抜けたのが21時。

【9/20発売】『怨霊診断』序盤お試し公開

■いよいよ発売『怨霊診断』   どうも最

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑