*

『夜葬』発売日決定のお知らせ

公開日: : おもうこと, 未分類

 

 

 

 

■第23回日本ホラー小説大賞 読者賞受賞作

 

 

 

どうも最東です。

 

 

4月に読者賞を受賞した拙作『夜葬(【夜葬】を改題)』の発売が決まりました。

 

 

もしかしたら変更する可能性もありますが、多分大丈夫ではないかと思っています。

 

 

発売日は、

 

 

2016年10月25日となっております。

 

 

書影などはまだ公開されていませんが(2016.9.13現在)、なんらかの天変地異でも起こらない限り予定通り発売されるかと思います。

 

 

ちなみにですが、amazonをはじめ、ネットショップなどでは予約が始まっておりますので覗いてみてください。

 

 

ですが、購入を考えていただいている読者様には是非、書店で実物を手に取っていただけたら嬉しいです。

 

 

 

■番外編、書きます

 

 

 

受賞してから半年で出版……ということで、それを記念して当ブログでは次回更新時(2016.9.20(火))からしばらく、『夜葬』の番外編を連載しようかと考えています。

 

 

プロットが間に合わなければ、しれっと更新を飛ばすかもしれませんがそれはそれでご愛敬ということで……(てへぺろ)

 

 

あまりホラー作家がブログを持っていることも珍しいようですので、それならここで書くっきゃない! と思ったのと、応援してくださっている皆さまにも楽しんでいただけたらと、ささやかながら感謝の気持ちであります。

 

 

おかげさまで当ブログをご覧になってくださっている方も増えてきているので、この機会に最東対地のホラー小説に触れていただけたら、と思っております。

 

 

 

■角川ホラー文庫『夜葬』の出来

 

 

 

すでに原稿については校了しておりますが、人生で初めてプロの校閲師様の構成を受けまして、これまでになくクオリティの高い著書となっています。

 

 

当ブログにおいてもそうですが、私はweb小説投稿サイトでも数作公開しています。

 

 

Kindleでも個人出版していますが、それらの作品は所詮自分自身で推敲したもの。

 

 

元々文章のプロ、というわけでもないのでいくら重ねて読み直しても治らない誤字や、日本語の不備。はたまた構成上の不備などと、至らない点が多数あります。

 

 

ですが、そういった部分を自分以外の第三者に見て指摘していただけるという幸せを存分に受けました。

 

 

よく書籍デビューするときに、原稿の校正が嫌になる……という話を耳にしますが私の場合はそんなことはありませんでした。

 

 

むしろ、「こんな表現があるのか」「ここはこの言葉が正しいのか」「え、これって日本語的に間違ってるの?!」など、自分の未熟さを再確認すると同時に大変勉強にもなりました。

 

 

今後も本を出す度にこういった精度の高い校正を受けられるということは、作品を重ねるたびに勉強できるということ。

 

 

正直なところ「ぃやったぁー! 超ラッキー!」と馬鹿はしゃぎしてしまいそうなところです。

 

 

現在は次作の打ち合わせをさせていただいているところでして、こちらも『夜葬』に勝る超怖い作品にしたいと思っています。

 

 

■今後の『嗤う壷』

 

 

 

さて、当ブログですが今後も変わらずホラー・オカルト関連の記事を執筆していくつもりではあります。

 

 

ですが、次回の『夜葬』番外編を皮切りに【小説多め】の更新にシフトしていこうかと予定しています。

 

 

なぜかというと、今後は小説投稿サイトなどで作品を公開しないのと、kindleでも同じく新作を書き下ろす予定が当面の間ないからです。

 

 

その分、作品を公開する場として当ブログを利用しよう……というわけなのです。

 

 

ですのでこれまでよりも、【記事】や【映画レビュー】、そして【ホラー短編小説】は少なくなることになります。

 

 

その分、小説を連続して公開していこうと思いますので、どうか見捨てずにお付き合いください。

 

 

書籍のほうは別で執筆しつつ、ブログではまたそれとは違う作品を公開していきますのでこれからも『最東対地の嗤う壷』をよろしくお願いいたします。

 

 

[amazonjs asin=”4041049040″ locale=”JP” title=”夜葬 (角川ホラー文庫)”]

スポンサードリンク



関連記事

no image

ホラー映画レビュー / THE MIST

  ■THE MIST      

記事を読む

怪談 / 「ふたりめ」 ラジオで披露した怪談を公開

■怪談 『ふたりめ』       どうも最東で

記事を読む

陽だまりのカエルと鶏とパンダ

■2019年1月19日 京都 京阪山上駅から地上出口に出ると、鼻先の肉を攫っ

記事を読む

名探偵スーパーマン

    ■突如投函された怪文書    

記事を読む

ドラえもんも驚くぶっ飛びホラー / 武器人間

      ■奇作、生まれる    

記事を読む

怪紀行奈良・秘境ノスタルジック体験 天川村洞川温泉

大神神社・虹の泉はこちら ■訪問日について どうも最東です。 先日、「み

記事を読む

コトリバコ/最も有名なネット怪談

    ■《おそろしい》は新時代に   &nb

記事を読む

考察 ひとりかくれんぼ①

■ネットを騒然とさせた全く新しい降霊術        どうも最東です。      

記事を読む

ホラー映画/オープンウォーター

■たまにはフィクションの話を      どうも最東です。      ここ最近の更新が

記事を読む

no image

いわくつきの映画 / スーパーマンの呪い

■スーパーマン       どうも最東

記事を読む

スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

いよいよ発売!初の旅エッセイ『この場所、何かがおかしい』

イラストはあまのたいらさん(https://twitter.com/

怪紀行大阪・飛田新地 旅館満すみ・鯛よし百番

■クラウドファンッ ディング!! どうも

怪紀行栃木・日本最強の縁切り神社 門田稲荷

■悪縁を断ち切り、良縁を結ぶ どうも最東です。ムカつく

怪紀行愛知 栄枯盛衰悲喜交々・名楽園中村遊郭跡

■国内最大級の花街へ どうも最東です。最近ムラムラしや

怪紀行愛知・英霊たちは静かに佇む知多中之院 軍人墓地

■旅は迷う どうも最東です。みなさん、今日も迷ってます

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑