*

ケビンアピオス・アビャンケイ / ホラー小説

公開日: : ショート連載, ホラーについて

ケビンアピオス・アビャンケイ

 

 

 

■朝起きて覚えている言葉

 

 

 

ねぇねぇ、ちょっと相談というか……どうしたらいいかわからないから聞きたいんだけど。

 

 

え? 学校? だからそのこともちゃんと話すからちゃんと聞いてってば。

 

 

本当は電話じゃなくて来てほしいんだけど、多分それじゃ間に合わないと思うから……。

 

 

あ、うん。ごめんね、自分でも驚いちゃうくらいに落ち着いてるの。

 

 

それってきっと今起こったことが自分でもちゃんと理解できてないんだと思う。

 

 

あのね、そもそもは今朝なんだけど夜になんかの夢を見たのか、その内容ってのがまた覚えてないんだけどさ、妙に残る言葉があったんだ。

 

 

そうそう、朝起きたら無意識に覚えてて。

 

 

それが全然身に覚えのない言葉で、しかもね? ちゃんと思い出せないんだ。

 

 

その時覚えていたのが「ケビンアピオス……」だったんだけど、そのあとにもう少し続いてて。

 

 

その続きっていうのがどうしても思い出せなくてずっともやもやしてたんだ。

 

 

あんまり気になってついつい朝ごはんも残しちゃって、ママからも「どうしたの?」なんて気にされちゃってさ。

 

 

前の日の夢も覚えてないのに、そのわけのわからない言葉だけ覚えてるっていうわけのわからなさもあって、ずっと頭から離れなかったんだ。

 

 

 

■登校してもなお……

 

 

 

そんな気持ちの悪さを抱えながらも一応学校にはいったんだけど、授業なんて全然頭に入んないわけ。

 

 

ぶつぶつと「ケビンアピオス……ケビンアピオス」って呟いてて、そんなときに先生に当てられちゃったりって、ありがちな展開よね。

 

 

当然答えられなくてみんなに笑われちゃったりさ。

 

 

っていうかそんなことじゃないんだ。

 

 

友達が話しかけたりするのもさ上の空で、私はずっとあの言葉の続きを考え続けてさ……

 

 

え? その言葉?

 

 

いいよ、教えてあげる。この言葉を思い出したときに起こったことの相談なんだから。

 

 

いい? 「ケビンアピオス……」あれ?

 

 

おっかしいな、さっき思い出したところなのにまた忘れちゃった。

 

 

ううん、いいんだ。たぶん話している間に思い出すと思うから、思い出したら言うね。

 

 

とにかく、自分でもわけわかんないくらい気になってさ。

 

 

正直、今でもこれが夢じゃないかな……なんて思ったりもしてるんだけど。

 

 

あ、ごめんごめん。退屈かもしれないけど最後まで聞いて

 

 

お昼になってさ、お弁当を食べるときいつもアキちゃんとかマッピとかといっしょに食べてるんだけど、やっぱり二人とも私の様子がおかしいって心配してくれてさ。

 

 

ただ思い出せない気持ちの悪さにムカムカしているだけだから別にどうってことじゃないんだけど。

 

 

でもみんなに心配させているんだったらそれはダメだなって。

 

 

だからできるだけあの言葉のことは考えないようにしようって思ったんだ。

 

 

でもね5時限目は古文の授業でさー。

 

 

私授業の中で一番古文が苦手で、しかも興味がないのよね。

 

 

しかも古文の高山はやたらキビしいし……あ、古文の先生のことね。

 

 

他の授業だったら寝てても割とスルーされるんだけど、高山は授業中の居眠りは絶対許してくれないんだ。

 

 

だから眠たさと戦いながら授業を受けてたんだけど、授業の内容は頭に入らないし眠いしで、でも眠ったら高山がブチギレるしで。

 

 

結局、私はあの言葉のことを考えることにしたのね。

 

 

 

■思い出せないケビンアピオス……

 

 

 

今日の中で一番……めっちゃ長い一時間だったなぁ。

 

 

高山はあんまり生徒を当てるタイプじゃないからそこにドキドキしなくていいんだけど、その緊張感がないから余計に眠たくなっちゃう。

 

 

ノートに「ケビンアピオス……」って書いて、テキトーにあれこれ後に続く言葉を書いてみたけど全然だめで。

 

 

もうやたらため息はでるし、イライラもマックスだったんだ。

 

 

ノートに書いた変な言葉は増えるし。でもね、その中に核心つくのがあって。

 

 

「ケビンアピオス・ブラキオ」「ケビンアピオス・パミュパミュ」「ケビンアピオス・アバンギャルド」……

 

 

その言葉たちになんの意味もなくって、ただ思いつきで書いてたんだけど、最後に書いた「ケビンアピオス・アバンギャルド」にピーン! と来たんだよね。

 

 

え? ああ違う違う、アバンギャルドじゃないよ。それが近いって話。

 

 

そこで思い出した私はつい授業中に叫んじゃったんだ。

 

 

大きな声で叫んじゃったからみんなが一斉に私に注目しちゃって、内心「しまった」と思ったんだけど、そのすぐあとにとんでもないことになっちゃって。

 

 

そうなんだぁ、それを相談したくて。

 

 

その時に言った言葉……あ! 思い出した!

 

 

そうそう

 

 

「ケビンアピオス・アビャンケイ!」だ!

 

 

教室のみんなは私を見たかと思うと『ぼんっ』て蛇になっちゃったんだ。

 

 

今も教室の床でうねうねしてるんだけど、もしかしてこの言葉のせいだったのかな?

 

 

どうやったら、っていうかどうしたらいい?

 

 

ねぇ、ねぇってば聞いてる?

 

 

……あ、さっき『ぼんっ』て聞こえた気がしたけどもしかして……。

 

 

ご、ごめんね! 電話切るね! じゃあまた……

 

 

わあ、マッピの頭踏んづけて潰しちゃった! ごめんマッピ!

 

 

あ、高山の蛇どれかな……踏んづけちゃおう。

スポンサードリンク



関連記事

お見舞い その2 / ホラー小説

■息子を襲った事故       赤く点灯した【

記事を読む

呪いアプリ 第3夜 / ホラー小説

  前回【呪いアプリ2】 ■呪いの執行まで  

記事を読む

【連載】めろん。13

めろん。12はこちら   ・木下 英寿 19歳 大学生④   「めろん♪ 

記事を読む

【夜葬】 病の章 -41-

-40-はこちら       船坂家に

記事を読む

妊婦 1 / ホラー小説

■ある風景       「あ、すみません……」

記事を読む

【夜葬】 病の章 -59-

-58-はこちら     時間が経つのは早い。

記事を読む

2019 お報せ色々

■2019年 どうも最東です。 早いもので当ブログも2013年の開設から5年目

記事を読む

no image

ネットに転がる恐怖を融合 / 恐怖に飢えた現代人

  はじめまして最東です    どうもはじめまして。最東 対地と申します。

記事を読む

【連載】めろん。12

めろん。11はこちら ・木下 英寿 19歳 大学生③ 「そんなぁ!」

記事を読む

バブーシュカレディ / ケネディー暗殺に隠された謎

■私はバブーシュカレディ      

記事を読む

スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

【連載】めろん。35

めろん。34はこちら ・三小杉 心太 

【連載】めろん。34

めろん。33はこちら ・綾田広志 38歳 刑事

【連載】めろん。33

めろん。32はこちら ・綾田広志 38

【連載】めろん。32

めろん。31はこちら ・綾田広志 38歳 刑事

【連載】めろん。31

めろん。30はこちら ・星野檸檬 11

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑