*

呪いアプリ 第2夜 / ホラー小説

公開日: : 最終更新日:2015/02/15 ショート連載

呪いアプリ

前回【呪いアプリ1】

■呪われた友達の死から一夜

 

 

 

友達の死を聞いて一夜明けた。

 

 

私はというとあまり眠りにつくことが出来なかった。

 

 

それもそのはず、0時を過ぎ日付が変わったタイミングで呪いアプリから通知がきたからだ。

 

 

『あと6日だよ』

 

 

かわいいと思っていたドクロのマスコットも、この真っ黒にぽっかりと空いた目が恐ろしくなっていた。

 

 

「あと6日って……」

 

 

あと6日とあるがこれは何を意味するのだろう……。

 

 

これが呪いだとすると、私の命があと6日ってこと……?

 

 

「う、うう」

 

 

体験したことのない恐怖に出したことのない声が漏れる。

 

 

意識した声じゃなかった。

 

 

温かった部屋から急に寒い外に薄着で出てしまったときの声に似ている。

 

 

これからなにが起こるか想像も出来ない、という残酷な現実だけが私を待っていた。

 

 

 

■相談しよう。そうしよう

 

 

 

「呪いアプリ?」

 

 

未菜という友達にその存在について話した。

 

 

大学の友達にはとても言えなかった。それもそうだ、こんなことを言ってしまうと「友達の死をネタに面白がるマジキチ」というレッテルが貼られてしまう。

 

 

それだけでも充分ツライけど、きっとその疎外感めいた扱いはずっと続く、そう思ったんだ。

 

 

だから私は中高と同じ学校だった未菜にこの話を聞いてもらおうとした。

 

 

「ふぅん……それであんたの友達が死んだって言うのね。

 

 

こんなこと言うのもアレだけどさ、考えすぎじゃないの」

 

 

未菜は紅茶を飲みながら私にそういったけど、私にはそれが考えすぎなどとは思えなかった。

 

 

「そこまで言うんだったら……。なんかその友達が呪いアプリで死んだっていう確証があるの?」

 

 

私は首を横に振った。確証はないから。

 

 

でも、その時間死んでいたはずの友達からメッセージが来たことと、呪いアプリで呪いをかけられていた彼女が死んだということが、

 

 

私をどうしようもない不安に陥れる。

 

 

「なるほどねぇ。分かった、その6日後ってやつ? 私もあんたと一緒にいてあげるよ」

 

 

「え、いいの?!」

 

 

「いいよ。友達じゃん。けど、それでなにもなかったらそんな悪趣味なアプリはもうやめな」

 

 

「うん」

 

 

私はあまりの嬉しさにその場で大声を上げたくなるほどだった。

 

 

 

■あと4日

 

 

 

スマホの画面には『あと4日だよ』と表示されている。

 

 

大丈夫……私には未菜が居るから。未菜と一緒なら心強いし……。

 

 

眠りの浅い夜にうなされるけどこれももう少しの我慢ね。頑張ろう

 

 

私は自分に言い聞かすけど、私の口とは裏腹に下唇は震えていた。

 

 

「大丈夫……大丈夫」

 

 

大学に行くのが怖い。もしかしたら他の子たちも私を呪っているのかも……

 

 

大丈夫……きっとなにも起こらない……

 

【呪いアプリ3】

[amazonjs asin=”B00FH17E10″ locale=”JP” title=”めろん。”]



このエントリーをはてなブックマークに追加

↓↓ クリックで応援お願いします ↓↓

オカルト・ホラー小説 ブログランキングへ

スポンサードリンク



関連記事

【夜葬】 病の章 -29-

-28-はこちら       鉄二とゆ

記事を読む

no image

ホラーブログ小説 途中下車

本日も当列車をご利用いただいてありがとうございます。 まもなく、見殺し~見殺しです。

記事を読む

【夜葬】 病の章 -48-

-47-はこちら     今は新しい人も沢山いるし変な

記事を読む

ハーメルンの笛吹きオンナ1/ホラー小説

      ■最高のセックス  

記事を読む

妊婦 3 / ホラー小説

■つきまとう和美       それからというも

記事を読む

【夜葬】 病の章 -69-

-68-はこちら     「顔がなくなるなんて聞いてい

記事を読む

【連載】めろん。72

めろん。71はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター⑭  広志が研究

記事を読む

■標識通りに行け

  ■標識通りに行け      

記事を読む

【連載】めろん。96

めろん。95はこちら ・綾田広志 38歳 刑事㊱  この部屋にひとりだ

記事を読む

【夜葬】 病の章 -24-

  -23-はこちら   戸の隙間から腕を差し込み、ば

記事を読む

スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

いよいよ発売!初の旅エッセイ『この場所、何かがおかしい』

イラストはあまのたいらさん(https://twitter.com/

怪紀行大阪・飛田新地 旅館満すみ・鯛よし百番

■クラウドファンッ ディング!! どうも

怪紀行栃木・日本最強の縁切り神社 門田稲荷

■悪縁を断ち切り、良縁を結ぶ どうも最東です。ムカつく

怪紀行愛知 栄枯盛衰悲喜交々・名楽園中村遊郭跡

■国内最大級の花街へ どうも最東です。最近ムラムラしや

怪紀行愛知・英霊たちは静かに佇む知多中之院 軍人墓地

■旅は迷う どうも最東です。みなさん、今日も迷ってます

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑