*

「 ホラー小説 」 一覧

【連載】めろん。9

めろん。8はこちら ・芝崎 拓也 25歳 ウォーターサーバーの営業②  あっという間に皿の上のメロンを平らげてしまった。皮だけになったメロンを見て、笹船のようだなと思った。

続きを見る

【連載】めろん。7

めろん。6はこちら ・玉井 茉菜 10歳 小学4年生  教室の机の下、お道具箱の引き出し。筆箱を机上に置いて元通りにしまう。 「あれ?」  さっきまですっぽり

続きを見る

【連載】めろん。6

めろん。5はこちら ・玉井 典美 43歳 主婦③  私の住む部屋は団地の中でも奥のほうだった。バカ正直に順路に沿って歩いて帰るよりも、脇の駐輪場から中庭公園を突き抜けたほうが近道

続きを見る

【連載】めろん。5

めろん。4はこちら ・玉井 典美 43歳 主婦②  野菜コーナーでたまねぎとセロリ、特売のぶなしめじをカゴに入れ、鮮魚で夫の晩酌のつまみにくぎ煮、精肉で鶏の手羽元と豚のコマ切れ肉

続きを見る

【連載】めろん。4

めろん。3はこちら ・玉井 典美 43歳 主婦①  体の不調はもう一週間以上続いている。  寝不足と食欲不振が目下の悩みの種だった。パートから帰った後、だるい体を預けるよう

続きを見る

【連載】めろん。3

めろん。2はこちら ・綾田広志 38歳 刑事③  今回もその時と同じだ。  義理の母親を解体し、頭だけを律儀に冷蔵庫に入れた。内臓は捨て、皮を剥き、肉は食肉として普通に調理

続きを見る

【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①  本当なんですか、あの噂って――  現場に向かうパトカーの車内で三小杉(みこすぎ)が恐る恐る訊いてきた。  つい一週間

続きを見る

忘れもの、ありませんか。

    早朝の通勤ラッシュから逃れるようにして、駅のトイレに飛び込んだ。     急な便意が滝のような汗を噴き出させ、Yシ

続きを見る

【ブログ小説】ひとり10万円 5

-4-はこちら     5   会社に戻ってくると、ひとだかりができていた。     静かなオ

続きを見る

【ブログ小説】ひとり10万円 4

-3-はこちら     4   「最近、やけに機嫌がいいじゃないですか」     オフィスを歩

続きを見る

スポンサードリンク



スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

【連載】めろん。65

めろん。64はこちら ・綾田広志 38歳 刑事㉒

【連載】めろん。64

めろん。63はこちら ・綾田広志 38

【連載】めろん。63

めろん。61はこちら ・綾田広志 38歳 刑事

【連載】めろん。62

めろん。61はこちら ・綾田広志 38歳 刑事

【連載】めろん。61

めろん。62はこちら ・綾田広志 38歳 刑事

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑