*

【連載】めろん。56

公開日: : 最終更新日:2020/07/14 めろん。, ショート連載, 著作 , , , ,






めろん。55はこちら










・破天荒 32歳 フリーライター⑪




 広志が帰ったのは二三時を大きく過ぎたころだった。




 廊下で壁にもたれかかったまま座り、なにを見るでもなく宙を見つめていた私を見て異状を察知した。刑事ならではの勘というやつだろうか。その正確なアンテナに感心する。




 檸檬は泣き疲れてソファで眠った。その横で理沙もまた眠っていた。




 縛り付けられた理沙を見て広志は唖然とし、すぐに私に詰め寄ったが私もまた正常ではない。声を発することさえ億劫で、広志の目さえも見られなかった。




 ようやく自分の正体が戻ったのはさらに数時間が経ったあとだ。いつのまにか無意識に泣いていたのに気づき、それで正気に戻った。




 ダイニングのテーブルに広志はいた。飲んでいるのかと思ったが、グラスの中身は水だ。今、この状態で酒をいれるわけにはいかないと判断したに違いない。




 私の気配に気づいた広志は立ち上がった。




 すこしの間見つめ合ったまま、そしてまるでダンスの振り付けのように互いが歩み寄る。涙は止まらなかった。それを見た広志はなにも声をかけず、ただ抱きしめた。




 広志の腕のぬくもりで、緊張が解けていくのがわかる。次の瞬間、体に烈しい震えが襲った。




 背が冷たく、立っている気がしない。歯を食いしばっていなければ、ガチガチと音を立ててしまいそうだった。




 だくだくととめどなく溢れ続ける涙だけが妙に温かくて、ここから私の体温がすべて抜け落ちてしまいそうで怖かった。




「大丈夫だ。俺がいる」




 広志らしからぬ言葉だ。この男は気休めのようなことは言わない。すくなくとも私が付き合っていたころは一度もなかった。




 人間らしい、もっといえば男らしい言葉。簡単な一言だったが、今の私には充分すぎた。




「うっ……うっうっ」




 咄嗟に口元を押え、声を押し殺す。檸檬と理沙を起こすわけにはいかない。檸檬もずっと泣いていた。縛られながらももがき、暴れる理沙に優しい言葉をかけ続けていた。




 赤の他人である私にはなにもできなかった。どんな言葉もしらじらしくて、とても言えない。口をパクパクさせるだけで突っ立っている私は無力だった。




「俺の前で泣くなんてはじめてだな」




「うるさ……い……っ、うう」




 膝から落ち、へたり込んだ。広志も同じようにへたり込むと抱きしめる力を強める。頼もしかった。その頼もしさがさらに私を弱くする。




 口を押えたまま、私はひたすらに泣いた。




 広志にすべてを話し終えた時には朝になりかけていた。




 ずっと真剣な表情で聞いていた広志は、ソファで眠る姉妹を見つめた。そのまなざしには決意めいた強い光が宿っていた。




「従順を演じながら情報集め……なんてしている場合じゃないな」




 どのみち、檸檬たちを長い間ここに匿うのは無理がある。どうせ持ってあと数日から一週間くらいだっただろう、広志はそう言った。




「だがさすがにこの状況は予想できなかった。起きてほしくないことは、死角からやってくるもんだな」




「どういう意味」




「そういう意味さ。お前も休め。そしたら今晩にもでるぞ」




「でるって……」




「広島は遠いぞ」




 ハッと目を見開いた。




「……本気なの」




「それしかない。もう準備に時間を割いていられないからな。あそこに行けば、理沙を救う手立てがあるはずだ」




 そんなのただの希望じゃない、言いかけてやめた。私が諦めてどうする。できること、思いつくことはすべてやるべきだ。




「わかった。広志も休んでよ……って言ってもほとんど寝る時間ないけど」




「ショートスリープは得意なんだよ。そうでもなきゃ張り込みなんかできっこない」




「ほんと、真似できない仕事」




「お互い様だ」




 広志は笑った。釣られて私も。




 笑っている場合ではないのに、なぜか私たちは笑い合った。付き合っていた時でも、こんなに自然に笑い合えたことはなかったかもしれない。




「絶対、理沙を救って帰ってこようね」




「問題ない」




 そう言って広志はリビングの床に寝転んだ。




「ベッド使って。私はいいから」




「遠慮しておくよ」




 疲れが取れないから、と食い下がったが広志はもう寝息を立ててしまった。




 ショートスリープが得意、というのは本当らしい。




 諦めた私はせめてもと毛布を掛けてやった。




 ベッドに横たわると、「眠りたくない」という思いが頭をよぎる。




 眠ってしまったら、次に起きた時……私はめろん村に行くのだ。ギロチンが消えた……あの場所へ。子供を連れて。




 怖い。




 身震いすると、すぐにベッドから立った。そして、広志の寝顔を覗き込む。




「……大丈夫。きっと、広志がいれば」




 声を出して言うと、すっと震えがおさまった。




 やっとわかった。広志から話を聞き、ギロチンがいなくなり、檸檬の体験を聞いてもなお、私はどこかめろんに現実味を感じていなかったのだ。




 それが理沙が発症したことで自分の身に降りかかった。この悪魔のような症状が、本当のことなのだと実感したのだ。




 それゆえの恐怖と緊張が、私を支配した。




 オカルトライターなんて、肩書だけで笑えてくる。










めろん。57へつづく

スポンサードリンク



関連記事

【連載】めろん。64

めろん。63はこちら ・綾田広志 38歳 刑事㉑  女の話はこ

記事を読む

【夜葬】 病の章 -76-

-75-はこちら     「冗談じゃない! 杉山さんを

記事を読む

【夜葬】 病の章 -77-

-76-はこちら     敬介は松明を持った。

記事を読む

【ブログ小説】ひとり10万円 4

-3-はこちら     4  

記事を読む

【夜葬】 病の章 -29-

-28-はこちら       鉄二とゆ

記事を読む

【夜葬】 病の章 -78-

-77-はこちら     「葛城さん。どんぶりさんの前

記事を読む

【夜葬】 病の章 -25-

  -24-はこちら   村の男たちは武器をもち、船坂

記事を読む

【夜葬】 病の章 -5-

    -4-はこちら   元は昔、蛇

記事を読む

【連載】めろん。54

めろん。53はこちら ・綾田広志 38歳 刑事⑮  背筋が粟だ

記事を読む

【夜葬】 病の章 -84-

-83-はこちら     平べったい辞典のような、テー

記事を読む

スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

【連載】めろん。68

めろん。67はこちら ・綾田広志 38

【連載】めろん。67

めろん。66はこちら ・綾田広志 38歳 刑事

【連載】めろん。66

めろん。65はこちら ・綾田広志 38歳 刑事

【連載】めろん。65

めろん。64はこちら ・綾田広志 38歳 刑事㉒

【連載】めろん。64

めろん。63はこちら ・綾田広志 38

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑