*

「 ホラー小説 」 一覧

【連載】めろん。56

めろん。55はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター⑪  広志が帰ったのは二三時を大きく過ぎたころだった。  廊下で壁にもたれかかったまま座り、なにを見る

続きを見る

【連載】めろん。55

めろん。54はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター⑩  最初に異変に気付いたのは檸檬だった。  買い物から帰ってきた私に檸檬が飛びつくと、「理沙が!」と叫ん

続きを見る

【連載】めろん。54

めろん。53はこちら ・綾田広志 38歳 刑事⑮  背筋が粟だつ。もう無視することはできない。  大城だけではない。ギロチンという蛙子の同業者も広島のあの施

続きを見る

【連載】めろん。53

めろん。52はこちら ・綾田広志 38歳 刑事⑭  耳が痛い。この痛みは錯覚だとわかっている。  そうだとしてもこの話を素面で聴くのは堪えた。  檸檬

続きを見る

【連載】めろん。52

めろん。51はこちら ・綾田広志 38歳 刑事⑬  両間の意思、というよりは公安の上層部の意思決定だと思っていい。そうなると俺たちの想像に及びつかない強い力が動い

続きを見る

【連載】めろん。51

めろん。50はこちら ・綾田広志 38歳 刑事⑫  気が気ではなかったが帰らないわけにいかなかった。  タクシーを呼んだが、場所を言っただけで訝しがられ簡単

続きを見る

【連載】めろん。48

めろん。47はこちら ・三小杉 心太 26歳 刑事④  大城の家を抜け出たのはそれからすぐだ。  僕は夜を待たずして外にでた。暗くなってからだと大城に警戒されそうだ

続きを見る

【連載】めろん。45

めろん。44はこちら ・ギロチン 29歳 フリーライター⑤  遅い。  清掃員らしき男は一向に帰ってこない。すでに一五分も待たされている。いや、もうすぐ二〇分だ。

続きを見る

【連載】めろん。44

めろん。43はこちら ・ギロチン 29歳 フリーライター④  四角い。白くて四角い建物。デタラメに巨大(おおき)い。  いつだか、某所の原発を取材したことがある。そ

続きを見る

【連載】めろん。43

めろん。42はこちら ・ギロチン 29歳 フリーライター③  ウェンディゴとは森に棲む氷の精霊だ。  カナダ、アメリカ北部に住むクリー族を含むいくつかの部族

続きを見る

スポンサードリンク



スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

【連載】めろん。56

めろん。55はこちら ・破天荒 32歳

【連載】めろん。55

めろん。54はこちら ・破天荒 32歳 フ

【連載】めろん。54

めろん。53はこちら ・綾田広志 38

福井県怪紀行③ 死者が漂着する神の島・雄島

福井県怪紀行② 異界への入り口・ワンダーランド・東尋坊

福井県怪紀行① 鎮座する業・越前大仏(清大寺)その2

福井県怪紀行① 鎮座する業・越前大仏(清大寺)その1

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑