*

みどりのやつ

公開日: : ショート連載

みどりのやつを見た。

 

そいつは、線路沿いを歩いていた。

 

終電なんてとっくに過ぎているのに。

 

みどりのやつが歩く、『ひた、ひた』という足音だけが妙に耳に触った。

 

人間、わけのわからないものを見ると、やけに冷静になるものだ。

 

自分の理解できるものに、それを無理に当てはめようとするからだと思う。

 

とにかく、みどりのやつは、俺に気付くこともなく歩いている。

 

ひた、ひた、

 

ああ、気持ち悪いなぁ。

 

俺の家までは、この線路を通らなければ帰れない。

 

ちなみに自転車だ。

 

……いるよな、やっぱりいるよな。

 

みどりのやつのことを気のせいだと思おうと必死になった。

 

いくら考えたところで自分の理解の範囲にそいつがどうしても入ってくれないから。

 

要するに”わけわからん”

 

俺は、『ひた、ひた』という濡れた足音を掻き消すためにイヤホンのボリュームを最大にした。

 

……ん、俺音楽聞いてるんだっけ。

 

じゃあ、なんで『ひた、ひた』は聞こえるんだ。

 

全身から血の気が引く。

 

追い抜かしたはずのみどりのやつを見ようと振り返った。

 

……あれ、みどりじゃなくて眩しい光……

 

それが俺と接触する瞬間、微かにエンジン音が聞こえた。

 

ドチャッという肉が落ちた音が自分の音だと知ったときには、もう遅かった。

 

ただ、『ひた、ひた』という音だけが耳元で聞こえる。

 

ああ……そうだったのか。

 

この足音は、イヤホンから直接聞こえてきてたんだ。

 

『ひた、ひた……』

 



このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク



関連記事

【夜葬】 病の章 -15-

      -14-はこちら &nbs

記事を読む

2ショットチョット

  ■チャットレディ       2ショット

記事を読む

【無料お試し】おうちゴハン / 新作ホラー小説

「いらっしゃいませー」     聞き覚えのある声が玄関

記事を読む

no image

無料ホラーブログ小説 / やまびこ

子供の頃、遠足や家族に連れられて山に行ったことがある。 吊り橋や河などもある、分かりやすい

記事を読む

【連載】めろん。103

めろん。102はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター㉘  厭な臭い

記事を読む

ダイエットサプリ / ホラー小説

      ■ダイエットサプリ  

記事を読む

【連載】めろん。53

めろん。52はこちら ・綾田広志 38歳 刑事⑭  耳が痛い。

記事を読む

【連載】めろん。50

めろん。49はこちら ・綾田広志 38歳 刑事⑪  坂口が言った通り、

記事を読む

【連載】めろん。78

めろん。77はこちら ・綾田広志 38歳 刑事㉚  ドスの利いた両間の

記事を読む

【夜葬】 病の章 -3-

  -2-はこちら   白髪の老人は、ふむ、と一言発し

記事を読む

スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

怪紀行愛知・英霊たちは静かに佇む知多中之院 軍人墓地

■旅は迷う どうも最東です。みなさん、今日も迷ってます

怪紀行愛知・奇々貝々!竹島ファンタジー館

■そして俺たちは竹島水族館へやってきたんだ どうも最東

怪紀行愛知・少年時代が襲い掛かる!天野ゲーム博物館

■実はゲーマー どうも最東です。実はゲーマーです。

※お知らせ※ 嗤う壷発・旅本がでます ※お知らせ※

■狂気!エクスナレッジ! どうも最東です。 今回

怪紀行愛知・働く人形たち 南極観測船ふじ

■魔の誘い どうも最東です。 長男氏(12)が寝

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑