*

ホラー小説 めろん。-3

公開日: : めろん。

「確保ォッ!!」

 上居の声が凍りついた一同を我に返した。
 一斉に同席した部下達が男を取り押さえる。
「いてて、なにをするんですかみなさん」
 後ろ手に頭をテーブルに押し付けられながら男は動揺することもなく涼しく言った。
「上居警部! バスルームに首のない遺体が……!」
 先程バスルームで叫んだ部下がこの風景を目の当たりにして言葉を詰まらせた。
「バスルームに”食べ残し”か?」
「は、はい……、こ、これは」
 口元を押さえながら現状が理解できていない部下が上居に聞いた。

 

 

「おかしなことを言いますねえ」
 抑えられつつもニコニコとした笑顔を絶やさず男は普段通りの様子で、絶句する部下に言った。
「そのメロン、あまくておいしいんですよ」
 テーブルに置かれた”ソレ”は、逆さに置かれた女性の頭だった。
 冷蔵庫に入れられていたからか、真っ青な顔色で上を向いた首の断面からは白い骨が5㎝ほど飛び出ている。
 ”コレ”をメロンに例えるには大分無理があるが、【彼ら】にとってはこれこそがメロンなのだ。
「貴方達と同じメロンじゃないですかあ」
「連行しろ」
「はっ……!」
 上居は”メロン”と呼ばれた”ソレ”を見つめながら思った。
(生きている人間も奴らにとっちゃメロンなんだよな。)
 この異常な猟奇事件は今年に入って2件目。
 ここ3年で通しては実に10件目の類似事件になることを上居は胸の内で数えた。

製品版⇒

めろん。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク



関連記事

no image

ホラー小説 めろん。-4

犯人はなんの共通点もない上に顔見知りでもなく、共通するものもない。 被害者も彼らの身内や面識のない

記事を読む

no image

無料ホラーブログ小説 めろん-9 / ランキング参加中

 普通の若者ならば「何故自分がこんな目に」とでも思うのだろうが、芝咲の場合は違った。なんとも

記事を読む

【連載】めろん。15

めろん。14はこちら ・綾田広志 38歳 刑事⑤  玉井善治は寝室のベッドでひ

記事を読む

【連載】めろん。22

めろん。21はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター⑤  しばらく広志は考え

記事を読む

【連載】めろん。2

めろん。1はこちら ・綾田広志 38歳 刑事②  一連の事件の異常性は、口に出

記事を読む

no image

無料ホラー小説 めろん-8

  「ただいまあ」  玉緒が玄関を開けて帰宅の声をかけると奥から「メロン」と聞こえてき

記事を読む

【連載】めろん。10

めろん。9はこちら ・木下 英寿 19歳 大学生① 『真空~……ッ』 「

記事を読む

【連載】めろん。8

めろん。7はこちら ・芝崎 拓也 25歳 ウォーターサーバーの営業  ……はぁ

記事を読む

【連載】めろん。17

めろん。16はこちら ・綾田広志 38歳 刑事⑦  メロンに憑りつかれ

記事を読む

【連載】めろん。16

めろん。15はこちら ・綾田広志 38歳 刑事⑥ 「綾田さん」  善治の

記事を読む

スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

【連載】めろん。23

めろん。22はこちら ・早乙女 公佳 16歳

【連載】めろん。22

めろん。21はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター

第3回ショートショートバトルレポート

■3度目の正直 どうも最東です。 今年2月にはじ

【連載】めろん。21

めろん。20はこちら ・破天荒 32歳

【連載】めろん。20

めろん。19はこちら ・破天荒 32歳 フリー

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑