*

ホラー小説 めろん。 -1

公開日: : めろん。

上居 雄
かみい ゆう
38歳
刑事
8月25日
20:15

「こういう者ですが」

上居は慣れた様子でドアの内側に立つ中年男性に警察証を開いて見せた。

「ああ、どうもどうも。まあ上がってください」

上居が「通報があったので中に入らせてください」と言う前に男は上居達を中へ招き入れた。

「では、失礼」

やけに陽気な男の招くままに上居は中へと入った。

「……」

奥の部屋に入ると上居は確信した。”この部屋で血が流れた”と。

ただ、それが殺人なのかと問われれば上居にそこまでは分からなかった。

「ええ、ええ、こちらですこちらです。どうぞ」

一緒に来た部下達を丁寧な応対で男は案内した。

部下の一人が室内に一歩入ると、職業柄ある匂いに気付いた。

「上居さん」

「ああ、血の匂い、するな」

男に聞こえないように小声で会話をする。

ニコニコと遅れて男が部屋に入ってきた。

製品版⇒



このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク



関連記事

【連載】めろん。28

めろん。27はこちら ・大城大悟 38歳 刑事④  暗闇の中で

記事を読む

【連載】めろん。17

めろん。16はこちら ・綾田広志 38歳 刑事⑦  メロンに憑りつかれ

記事を読む

【連載】めろん。60

めろん。59はこちら ・綾田広志 38歳 刑事⑰ 「やあ、来た

記事を読む

【連載】めろん。14

めろん。13はこちら ・綾田広志 38歳 刑事④  ごきゅっごきゅっ、と喉を鳴

記事を読む

【連載】めろん。19

めろん。18はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター②  黒電話

記事を読む

【連載】めろん。48

めろん。47はこちら ・三小杉 心太 26歳 刑事④  大城の家を抜け

記事を読む

【連載】めろん。59

めろん。58はこちら ・綾田広志 38歳 刑事⑯  虎穴に入らずんば虎

記事を読む

【連載】めろん。53

めろん。52はこちら ・綾田広志 38歳 刑事⑭  耳が痛い。

記事を読む

【連載】めろん。23

めろん。22はこちら ・早乙女 公佳 16歳 高校生①  怖いよ……怖

記事を読む

【連載】めろん。42

めろん。41はこちら ・ギロチン 29歳 フリーライター②  

記事を読む

スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
NEXT
マヨネーズ

スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

【連載】めろん。68

めろん。67はこちら ・綾田広志 38

【連載】めろん。67

めろん。66はこちら ・綾田広志 38歳 刑事

【連載】めろん。66

めろん。65はこちら ・綾田広志 38歳 刑事

【連載】めろん。65

めろん。64はこちら ・綾田広志 38歳 刑事㉒

【連載】めろん。64

めろん。63はこちら ・綾田広志 38

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑