*

マヨネーズ

公開日: : 最終更新日:2013/10/09 ショート連載

自分でも呆れるほどに好きだ。

 

サラダ、ギョーザ、卵焼きに煮物。

 

なんにでもマヨネーズをかけてしまう。

 

おかずがなんにもないときなんて、白いごはんにそのままかけたりもした。

 

実家に暮らしている時はよく母親に心配がられたっけ。

 

「体に悪いよ」

 

はたまた

 

「結婚したら奥さん怒るよ」

 

だなんて。

 

大丈夫だよ、奥さん候補なんていまのところいないから。

 

大体、好きなものを好きなように食べれるのは大人になってからの特権だろ?

 

おいしい料理をさらにおいしくする魔法の調味料……。

 

実際俺のような奴は多いと思うし。

 

それにしても、金がねぇな……。

 

食べるものがない。

 

冷蔵庫にはマヨネーズ。

 

仕方ない、これでも食うか。

 

マヨネーズを取り出すと、左手を眺めた。

 

……やっぱり一番いいのは小指かな。

 

左手の小指にマヨネーズを塗る。

 

おおっ、うまそうだ。

 

ぎち、ぎちち、ごり、ごりょ。

 

痛ってぇ~ うっめ~

 

めろん。実況板

 



このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク



関連記事

ハーメルンの笛吹きオンナ3 / ホラー小説

  その1はこちら その2はこちら   ■友人の前に

記事を読む

住めば都 / ホラー小説

      ■事故物件住みます  

記事を読む

【夜葬】 病の章 -19-

-18-はこちら   ずっく、と湿り気のある土にスコップの先が刺さる。

記事を読む

【連載】めろん。39

めろん。38はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター⑧  ス

記事を読む

【無料お試し】おうちゴハン2 / 新作ホラー小説

豊が帰宅したのは20時を過ぎた頃だ。     真っ暗な

記事を読む

【夜葬】病の章 -53-

-52-はこちら     むせ返るようなインクの匂いに

記事を読む

【夜葬】 病の章 -45-

-44-はこちら       &nbs

記事を読む

猿の血 2 / ホラー小説

■異変       俺が青果店でバナナを盗んだ

記事を読む

【連載】めろん。61

めろん。62はこちら ・綾田広志 38歳 刑事⑱  ドアが開き、中に足

記事を読む

【夜葬】 病の章 -83-

-82-はこちら       社内で健

記事を読む

スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

【連載】めろん。68

めろん。67はこちら ・綾田広志 38

【連載】めろん。67

めろん。66はこちら ・綾田広志 38歳 刑事

【連載】めろん。66

めろん。65はこちら ・綾田広志 38歳 刑事

【連載】めろん。65

めろん。64はこちら ・綾田広志 38歳 刑事㉒

【連載】めろん。64

めろん。63はこちら ・綾田広志 38

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑