*

【連載】めろん。80

公開日: : 最終更新日:2021/02/16 めろん。, ショート連載, 著作 ,






めろん。79はこちら







・坂口勉 38歳 大学准教授




 めろん感染から発症までには段階(レベル)がある。




 日常会話や生活雑音の中に「めろん」と幻聴が聴こえる。食べ物に対して食欲が湧かなくなる。人間、特に近親者が美味しそうに見える。慢性的な空腹感。そして、すべての音が「めろん」にしか聞こえなくなり、自身は逆に「めろん」としか発することができなくなる。(本人は無自覚)




 最終的に人間を食べてしまうとアウトだが、実質的には無自覚の「めろん」発言が現れた時点で〝こっち側〟にはもう戻ってこれない。




 そのように考えると理沙は絶望的だ。




 タオルで猿ぐつわをされたまま眠る理沙をちらりと見やり、彼女がこの後辿るだろう未来を思い、暗澹たる気持ちになった。




 諦めるな。俺は研究者だ。




 頭を振るかわりに瞳を強くつぶった。




「ねえ、ここでめろんを発症した人でその……人間を食べちゃった人たちはどうしているの」




 そう訊ねる雨宮(蛙子)の顔は浮かない。なかば結論をわかっていて訊いているという風だ。




「ほとんどの場合、処分される」




 雨宮は押し黙っている。予想を覆されることを期待していたらしいがそうはいかなかった。




「そういうのがもう当たり前になっちゃってる?」




「どういう意味だ」




「めろん発症者を殺すことになんにも感じなくなっちゃってる? って訊いてんの」




「殺しているのは俺ではない。人聞きの悪いことを言うな」




 雨宮は溜め息を吐き、ふたたび口を閉ざした。




 言いたいことはわかる。自分の手を汚すということではなく、罪の意識はないのかということなのだろう。




 ないわけがない。だが自分を騙さなければ精神(こころ)が持たない。割り切るしかないのだ。




 背負っていた理沙を2階寝室のベッドまで運んだ。




「ひとまずこれで安心だ」




 手と足を縛っておく。痛ましいが理沙のためでもあるし、これが一番いい。




「……それでこれからどうするの」




「俺と雨宮で綾田を捜す。檸檬は理沙を見張りながらここで待機だ」




「子供だけ残していくつもり?」




「ここは安全だ。心配するな」




 雨宮は明らかに不機嫌そうだった。無力感からくる苛立ちだろう。




 仮に「君もここにいろ」と言ったとしても不満をぶつけられたに違いない。




「足を踏み入れたのははじめてだが、ここのことはよく知っている。俺についてくればいい」




「広志の居所がわかるの?」




「そんな便利なアイテムがあればいいがね、結局は足を使うしかない」




「一体どれだけかかるのよ!」




「そうはかからんさ。見た目よりもこの町はずっと狭い」




 雨宮は俺の話を半分聞き流しながら檸檬の前でしゃがんだ。そして目を見ながら「大丈夫? 待てる?」と訊ねている。




「うん。私、ここから動かないから安心して蛙子ちゃん」




 心なしか雨宮の笑顔はぎこちなく見えた。苛立ちは無力感というより恐怖と緊張からくるものだったのかもしれない。




「なにもゾンビが彷徨っているわけじゃない。そこまで危険じゃないさ」




「どうだか。ゾンビのほうがマシかもしれないわよ」




「確かに。ゾンビは知能もないし、烈しい運動はできないからな。そもそもゾンビなど現実に存在しないし、あんなものに説得力はないがね」




「つまんないやつね」




 なんとか無駄口を叩けるくらいには持ち直したのだろうか。そう思い見た横顔はまだ堅かった。




 檸檬に見送られ俺と雨宮は外に出た。




 不気味なほど静かな町に一歩踏み出す。




「ひとつ、可能性として思ったんだが……」




「なによ」




「めろんの発症者には人を喰うまでの段階がある。人を喰ったら終わりだが、言ってみればそれさえしなければちょっとおかしくなった人間に変わりない」




 閉めだされたドアを見た。暗に理沙を示唆したつもりだった。




「俺たちはここに来るまでの間に、おえら方に鬼子村の血族がいると推測した。それは間違いないだろう。だがもしもそれ以上に、〝連中にとって〟事態が深刻だったらどうだ」




「深刻?」




「ああ、例えば連中の一部がすでにめろんを発症していたら……」




「そんなことはありないでしょう。そうなれば人間が食べ物にしか見えていないんだから……」




「ああ。だが仮に発症したとして、進行をセーブできたとしたらどうだ」




「言っていることがよくわからないけど」




「つまり……だ」




 なにもかもが「めろん」に聞こえ、人間を食べ物としか認識しなくなる一歩手前……日常生活にめろんが混じってくる程度の段階で自分が『罹患している』と自覚できていたらどうだ。




 いや、むしろ自分自身が鬼子村の子孫だとわかっていればいずれめろんが発症するかもしれないということを知っていてもおかしくないだろう。




 件のおえら方たちがそれを自覚していたらどうだ……。




「それなら……こんな大がかりなものを秘密裏に造っていた理由が通る……」




 口元に触れながら雨宮が唸るようにつぶやいた。




「でも進行をセーブすることなんてできるの」




「ウェンディゴ症候群については動物の脂肪を飲めば少しの間は収まるとある。眉唾だが……仮にそれがめろんにも有効だとすれば」




 そういえば思い出したことがある。




 両間伸五郎は常日頃から水筒を常備していた。そして話の途中で時々それを飲んでいた。




「考えすぎだ。両間伸五郎がそんなわけ……」




 もっともめろん発症から遠い人間のようにも思える。だがそれはただの先入観だ。




 仮にそうだとすれば……




「奴らにそれほど時間は残されていないのかもしれない」










めろん。81へつづく

スポンサードリンク



関連記事

【連載】めろん。6

めろん。5はこちら ・玉井 典美 43歳 主婦③  私の住む部屋は団地の中でも

記事を読む

変顔 / ホラー小説

■これは誰の顔?       朝起きて、洗面所

記事を読む

no image

無料ホラーブログ小説 / やまびこ

子供の頃、遠足や家族に連れられて山に行ったことがある。 吊り橋や河などもある、分かりやすい

記事を読む

【連載】めろん。42

めろん。41はこちら ・ギロチン 29歳 フリーライター②  

記事を読む

【夜葬】 病の章 -45-

-44-はこちら       &nbs

記事を読む

【夜葬】 病の章 -50-

-49-はこちら       村に電気

記事を読む

【夜葬】 病の章 -44-

-43-はこちら       鉄二は酩

記事を読む

【夜葬】 病の章 -46-

―45―はこちら       ゆゆが昼

記事を読む

【連載】めろん。29

めろん。28はこちら ・星野檸檬 11歳 小学生① 「お姉ちゃーん、か

記事を読む

【夜葬】 病の章 -39-

-38-はこちら       窪田の登

記事を読む

スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

【連載】めろん。82

めろん。81はこちら ・〇〇〇 〇歳 ①

【連載】めろん。81

めろん。80はこちら ・坂口勉 38歳 大学准

【連載】めろん。80

めろん。79はこちら ・坂口勉 38歳 大学准

【連載】めろん。79

めろん。78はこちら ・綾田広志 38歳 刑事

【連載】めろん。78

めろん。77はこちら ・綾田広志 38歳 刑事

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑