*

公開日: : ショート連載

奇妙な噂を聞いた。

このところ、駅前のゲームセンターに私がいるというのだ。

 

職場の同僚からそれを聞き、「上司に知られる前にやめておけ」と謂れのないことに釘を刺された。

 

いい大人である私がいまさらゲームセンターに一人でいくことなどないだろう。

 

そう思い、同僚の話を耳を筒にして流していた。

 

「あ、そうそう! こないだゲームセンターにいましたよね」

 

別の場所で大学の後輩と飲んでいるとき、またもやゲームセンターで私を見たという。

 

実は、既にこれで4,5回目の目撃談だった。

 

――そんなに似ているのか。

 

好奇心もあり、私はそのゲームセンターに行ってみた。

 

最新のゲーム達に囲まれて、少々光酔いしそうになったが、ついに見つけた。

 

「ゲーム」というなんのひねりもないタイトルが書かれた台に座っている男。

 

なるほど、後ろ姿は確かに似ている。

 

しかし話しかけたところで、何を言っても言いがかりになってしまうので、

 

ただ後ろから覗き込んでみた。

 

(どんなゲームなのだろう)

 

そのゲーム画面には、ゲームをしている男の背後からゲーム画面を覗き込んでいる画像が映っていた。

 

「……え、なんだこれ」

 

思わず声が漏れる。

 

「あ~あ、見つかっちゃった。ゲームオーバーだね」

 

男は私に振り返り、残念そうに言った。

 

その男とは、……私だった。

 

 

『最近、あの人仕事全然来てないけど、ずっとあのゲームセンターにいるみたいだよ』

 

 

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク



関連記事

瞬きなら良い/ホラー小説

■意味不明なジンクス       目を

記事を読む

【連載】めろん。44

めろん。43はこちら ・ギロチン 29歳 フリーライター④  四角い。

記事を読む

ホラー小説 / ゴミ 2

■金曜日のゴミ       「はい……ええ、そ

記事を読む

【夜葬】 病の章 -73-

-72-はこちら   鈍振村に足を踏み入れた一行は、あからさまに歓迎さ

記事を読む

【夜葬】 病の章 -51-

-50-はこちら     久方ぶりに見る街の灯りは眩し

記事を読む

【夜葬】 病の章 -6-

  -5-はこちら   山田舎の屋敷とはいえ、立派な部

記事を読む

【夜葬】 病の章 -26-

  -25-はこちら   ――人じゃない。 &n

記事を読む

【連載】めろん。37

めろん。36はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター⑥ 「おすそわけ

記事を読む

【夜葬】 病の章 -3-

  -2-はこちら   白髪の老人は、ふむ、と一言発し

記事を読む

ゲームのバグ / ホラー小説

    ■エミュレーター    

記事を読む

スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

【連載】めろん。108

めろん。107はこちら ・破天荒 32歳 フリ

【連載】めろん。107

めろん。106はこちら ・綾田広志 38歳 刑事㊴

【連載】めろん。106

めろん。105はこちら ・綾田広志 3

【連載】めろん。105

    めろん。104はこちら

【連載】めろん。104

めろん。103はこちら ・破天荒 32歳 フリ

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑