*

公開日: : ショート連載

奇妙な噂を聞いた。

このところ、駅前のゲームセンターに私がいるというのだ。

 

職場の同僚からそれを聞き、「上司に知られる前にやめておけ」と謂れのないことに釘を刺された。

 

いい大人である私がいまさらゲームセンターに一人でいくことなどないだろう。

 

そう思い、同僚の話を耳を筒にして流していた。

 

「あ、そうそう! こないだゲームセンターにいましたよね」

 

別の場所で大学の後輩と飲んでいるとき、またもやゲームセンターで私を見たという。

 

実は、既にこれで4,5回目の目撃談だった。

 

――そんなに似ているのか。

 

好奇心もあり、私はそのゲームセンターに行ってみた。

 

最新のゲーム達に囲まれて、少々光酔いしそうになったが、ついに見つけた。

 

「ゲーム」というなんのひねりもないタイトルが書かれた台に座っている男。

 

なるほど、後ろ姿は確かに似ている。

 

しかし話しかけたところで、何を言っても言いがかりになってしまうので、

 

ただ後ろから覗き込んでみた。

 

(どんなゲームなのだろう)

 

そのゲーム画面には、ゲームをしている男の背後からゲーム画面を覗き込んでいる画像が映っていた。

 

「……え、なんだこれ」

 

思わず声が漏れる。

 

「あ~あ、見つかっちゃった。ゲームオーバーだね」

 

男は私に振り返り、残念そうに言った。

 

その男とは、……私だった。

 

 

『最近、あの人仕事全然来てないけど、ずっとあのゲームセンターにいるみたいだよ』

 

 

 

 

 



このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク



関連記事

【連載】めろん。79

めろん。78はこちら ・綾田広志 38歳 刑事㉛ 「カメラにすべて記録

記事を読む

父の双眼鏡 / ホラー小説

      ■父   &nbs

記事を読む

【夜葬】 病の章 -47-

  -46-はこちら     &nbs

記事を読む

【連載】めろん。14

めろん。13はこちら ・綾田広志 38歳 刑事④  ごきゅっごきゅっ、と喉を鳴

記事を読む

【連載】めろん。89

めろん。88はこちら ・綾田広志 38歳 刑事㉝  滅論。  以

記事を読む

【連載】めろん。47

めろん。46はこちら ・三小杉 心太 26歳 刑事③  大城に

記事を読む

【夜葬】 病の章 -4-

    -3-はこちら   口の中にい

記事を読む

【夜葬】 病の章 -18-

  -17-はこちら   今すぐこの村を出ようという副

記事を読む

【夜葬】 病の章 -77-

-76-はこちら     敬介は松明を持った。

記事を読む

【連載】めろん。107

めろん。106はこちら ・綾田広志 38歳 刑事㊴  赤く天を衝きそう

記事を読む

スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

怪紀行京都・ステンドグラスまばゆく 橋本遊廓跡

■鬼龍院花子の生涯 どうも五社英雄です。舐めたらいかん

いよいよ発売!初の旅エッセイ『この場所、何かがおかしい』

イラストはあまのたいらさん(https://twitter.com/

怪紀行大阪・飛田新地 旅館満すみ・鯛よし百番

■クラウドファンッ ディング!! どうも

怪紀行栃木・日本最強の縁切り神社 門田稲荷

■悪縁を断ち切り、良縁を結ぶ どうも最東です。ムカつく

怪紀行愛知 栄枯盛衰悲喜交々・名楽園中村遊郭跡

■国内最大級の花街へ どうも最東です。最近ムラムラしや

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑