*

ネットに転がる恐怖を融合 / 恐怖に飢えた現代人

公開日: : 最終更新日:2013/10/06 ホラーについて

 

はじめまして最東です

 

 どうもはじめまして。最東 対地と申します。

 

駆け出しのホラー小説家です。

 

地道に作家を目指そうと昼も寝ずにカタカタ作品を書いていますが、

 

人に認められるのを待つのが面倒になったので、自分で売り込むことにしました。

 

好きなことばは「うんこ」です。

できる男はウンコがデカい (宝島社新書)

 

第一回の今日は、ホラーというものについて考えていきたいと思います。

 

 

身近にあるホラー

 

 ホラーと名のつくもので、

 

 

最後に怖いと思ったのはいつですか?

私は昨日です。

 

 

昨夜、奥さんが留守にするということで

 

私に生めん式のラーメンを作ってくれたのですが、

寿がきやラーメン(生タイプ)2食×3

てっきり全部食べていいものと思い、2人前を一人でぺろりと平らげました。

 

帰ってきた奥さんに「ふざけてんの?」とごんた顔(怖い顔)で怒られました。

 

……殺されるかと思いました。殺し屋1 第1巻 (ヤングサンデーコミックス)

 

大なり小なりではありますが、

 

という感情がホラーとなるならば、

 

このバカバカしいことですらホラーなのでしょうか。





 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク



関連記事

世界のミステリースポット / オレゴンの渦 バズビーの椅子

■壊れる生態系       どうも最東です。

記事を読む

ホラー小説 / 食べる

  ■いつもと違う朝   その朝はとても気だるくて、気持ちが悪かった。    

記事を読む

ホラー映画/オープンウォーター

■たまにはフィクションの話を      どうも最東です。      ここ最近の更新が

記事を読む

意味の分かると怖い話

    ■沸き立つ第三の怪談    

記事を読む

考察・ジェイソンと貞子 / 恐怖の種類 2

■正体はわからないが、はっきりしているもの      

記事を読む

ポスター / ホラー小説

    ■ラジオ局     &

記事を読む

食はここにあり / 中国4千年の歴史

    ■美味しい中華料理    

記事を読む

怪僧ラスプーチン / 予言者はかくに語りき

      ■ロマノフ朝を滅ぼした怪僧 &nb

記事を読む

【無料お試し】おうちゴハン2 / 新作ホラー小説

豊が帰宅したのは20時を過ぎた頃だ。     真っ暗な

記事を読む

no image

ホラー映画/キャビン/イットフォローズ/IT

    ■ホラー映画は豊作?    

記事を読む

スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

NEXT

スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

【連載】めろん。65

めろん。64はこちら ・綾田広志 38歳 刑事㉒

【連載】めろん。64

めろん。63はこちら ・綾田広志 38

【連載】めろん。63

めろん。61はこちら ・綾田広志 38歳 刑事

【連載】めろん。62

めろん。61はこちら ・綾田広志 38歳 刑事

【連載】めろん。61

めろん。62はこちら ・綾田広志 38歳 刑事

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑