*

知らない建物 / ブログホラー小説

公開日: : ショート連載

そういえばこの間、犬の散歩に出かけたときにふと気になったんだ。

公園の少し先にある大きな建物。

なにげなくいつも横切っているから、気にも留めなかった。

だから、ちょっと気になったんだ。

『これはなんの建物だろう』って。

最初はごみ処理場かと思ったんだけど、煙突もないしどうやら違うみたいだ。

四方を回って眺めてみようかと思ったが、犬の散歩中にそんなことするのは面倒だし、

散歩中以外はこの建物の存在すら忘れている。

まぁ、対して興味があるわけじゃないのが本音なわけだが。

しかし、前と通るたびに思う。

『結局、ここはなんなんだろう』

特に匂いがあるわけでもないし、人の出入りも見たことがない。

さしずめ、なにかの工場ってのがオチだろうけど、全く見当もつかないってのはなかなかない。

そうだ、近所に住む知人や家族に聞いてみよう。

「え、そんな建物あったっけ」

どの人間に聞いても、その建物の存在自体を知らないといった様子だった。

そうなって来ると、興味から好奇心に変わる。

散歩中でもないのに、建物の四方をぐるりと回ってみた。

ベージュ色の景色に溶け込む、四角い建物。

間違いなくなんらかの施設であることはまちがいない。

間違いない……はずだが……

おかしい、高いフェンスに囲まれているのに、門がない。

門がない上に、名称を記載したものもどこにも存在しない。

気色が悪くなってきた。

誰も気づいていないが、この妙な施設と共存しているということに。

耳を澄ましてみてもなにも聞こえない。

目を凝らしてみてもなにも動きはない。

そもそもここに人はいるのか?

窓はいくつかあるようだが……

気付けば、建物の周りを4,5周はしていた。

何週回ってみてもやはり入口はない。

「みょう……きょう……」

ん、なんだ?

微かになにか聞こえてきたぞ。

「みょう……きょう……」

目を閉じて耳に神経を集中させてみる。

なんの音だ……これ

しばらく聞いていると、どうやらそれが音というより声だということがわかった。

女性の声のようだ。

押し殺したような、低い声。

なんだ、なんて言ってるんだろう……

「みょう……きょう……」

同じ言葉をずっと繰り返しているみたいだ。途切れることなくずっと聞こえる。

もしかしたらテープかなにかを延々と鳴らしているだけかもしれない。

「わん! わんわん!」

唐突に犬の鳴き声がし、我に返った。

この鳴き声は、聞き覚えがある。

うちの犬の鳴き声だ。

家族が代わりに散歩にでもきたのか?

おかしいな、まだそんな時間じゃないはずなのに。

辺りを見渡すが、犬は見えない。

「わんわん!」

もう一度鳴いたので、その方向を向いた。

フェンスの向こう側にうちの犬がいた。

僕を見つめて、ハッハッと舌を出している。

え? なんで中にいるんだ?

どうやって入ったんだお前。

「みょう……きょう……」

突然背後であの声が聞こえた。

振り返ると、女性が立っていた。

「うわああああああ」

両手が無く、代わりにロボットのプラモデルが切断面に頭から刺さっている。

右足がなく、左足一本で立ち、右足が切断されている付け根には竹ほうきが突きさしてあった。

顔は……片目がなく、灰色の顔色で、口に携帯電話が刺さっており、その携帯電話から声が発せられていた。

「ひぃいいいい!」

自分の悲鳴で、その発せられている声が聞き取れなかった。

女のうでに刺さったプラモデルが血を噴き出しながらキコキコと動き、こちらに向かってくる。

目を閉じる瞬間、はっきりと一度声を聞きとることができた。

「なんみょうほうれんげきょう……」

なーるほど、お経だったのかぁ~!

キコキコ



このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク



関連記事

【夜葬】 病の章 -41-

-40-はこちら       船坂家に

記事を読む

夜のバス停 / ホラー小説

      ■帰り道で   &

記事を読む

ホラー小説 / 食べる その死

■残酷な現実        妻からの電話は俺の感情を奪うのに充分な内容だった。  

記事を読む

忘れもの、ありませんか。

    早朝の通勤ラッシュから逃れるようにして、駅のトイレに

記事を読む

【連載】めろん。59

めろん。58はこちら ・綾田広志 38歳 刑事⑯  虎穴に入らずんば虎

記事を読む

【夜葬】 病の章 -27-

  -26-はこちら     祭囃子が

記事を読む

【夜葬】 病の章 -31-

-30-はこちら     福の神はいない。 &n

記事を読む

【夜葬】 病の章 -9-

  -8-はこちら      

記事を読む

【夜葬】 病の章 -59-

-58-はこちら     時間が経つのは早い。

記事を読む

【連載】めろん。98

めろん。97はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター㉓  燃え盛る家

記事を読む

スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

怪紀行愛知・英霊たちは静かに佇む知多中之院 軍人墓地

■旅は迷う どうも最東です。みなさん、今日も迷ってます

怪紀行愛知・奇々貝々!竹島ファンタジー館

■そして俺たちは竹島水族館へやってきたんだ どうも最東

怪紀行愛知・少年時代が襲い掛かる!天野ゲーム博物館

■実はゲーマー どうも最東です。実はゲーマーです。

※お知らせ※ 嗤う壷発・旅本がでます ※お知らせ※

■狂気!エクスナレッジ! どうも最東です。 今回

怪紀行愛知・働く人形たち 南極観測船ふじ

■魔の誘い どうも最東です。 長男氏(12)が寝

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑