*

怪紀行番外編・伝説はここからはじまった!断罪のファロ ~Beginning~中編

公開日: : 最終更新日:2022/11/01 おもうこと, 怪紀行, 雑記 , , , , ,

■中編突入う~☆

どうも最東だよ!きゅるりん☆

女子高生を中心に大反響を巻き起こしている『断罪のファロ』!みんなたのしみにしていてくれた?(耳に手を当てて待つ)

うんうん、そうなんだぁ~。たのしみにしててくれたんだね!

よぉ~し、じゃあファロについて耳より情報を解禁しCHAO☆

実はぁ~……ファロはねぇ~……

字がきたない!

というか幼稚!

丁寧なことだけは感じる

えっ? それじゃあもはや悪口だろって?

多死蟹!!

ごめんねファロ……悪気があったわけじゃないんだ……悪口はこれっきりにするから赦して蝶番。

じゃあ、最後にもうひとつ!

絵はもっと下手だよ!!

じゃあ、いってみよ~~~

■やらかしその3 バトンドールとかお土産

前回のあらすじ

最東の愛馬・プリプリくんを駆り、我々は鎌倉へ向かうのだった――

明るく朗らかに記事を書いていますが、実際のところ出発した段階ではかなり機嫌が悪かった最東。空気を変えようとちょくちょくなにか話しかけてくるファロにもひとことふたことで会話を終了させつつ、すこぶる空気が悪い車内でした。

でもね、最東は大人のおじさん(でチビでハゲ)なので、いつまでもご機嫌斜めだとイケナイ!って思ったの。だから、自ら空気を変えることにしたよ。

そうするとファロも安心したのか、舌が乗ってくるわけです。ようやくふたりは旅行気分になってきたぜホホイ!!!

「最東さん💛」

「なあに💛」

「いまからマンションに戻れない?💛」

「はあ?💛」

明らかに車内の空気がピリつきました。

「……なんでやねん💛なんか忘れたんか💛」

「💛💛💛」

2時間前、車に乗り込む前にもう一度最東は念を押しました。

『もう忘れ物ないか?もう戻ってこられへんぞ』

『大丈夫!全部持った!』

おお、あれがもう10年も前のことのように思える……

「ぬかぽよ(作家仲間)へのお土産を忘れた」

「なんやねんお土産って。大事なもんなんか」

「バトンドール……」

説明しよう!バトンドールとはなんかようわからんけど、リッチなポッキーみたいなお菓子なのである。ファロはなにかにつけてバトンドールばっかり買ってきてはドヤ顔するくせがあり、術中を見透している最東には買ってこないぞ!スケベ!

「お菓子のために戻れるわけないやろ!」

「そ、そうやんな……ごめん……よかったら、最東家のみんなで食べて……」

「俺チョコ嫌いやしいらんわ」

「そ、そうやんな……じゃあ、奥さんとか子供とかにあげて……」

「はあ……(ため息)」

さすがに出発して2時間経って、戻るわけにはいかず、バトンドールは諦めてもらいました。(ちなみにバトンドールは最東家には渡らず、後日ファロがぬかぽよの元へ郵送しました。郵送してたらそれはもうお土産ちゃうやんけ、とはもちろん言いましたがバトンドールは最東家に渡ることはありませんでした<2回目)

■番外編 最東のちょっとやらかし

すごい。まだ出発して2時間しか経ってないのに3つもやらかしてるよ!

しかも、しかもね?全部忘れ物系ってすごくない?かわいい!!

かわいくねえよ!

しかし、ここからしばらくはやらかしはありませんでした。まあ、旅行の準備であれ忘れたこれ忘れたは大なり小なり、あるっちゃあること。

昼過ぎになって無事、江ノ島に着いたあたいたちはいずみさん(作家仲間)と合流して、江ノ島を歩くことに。(詳細はあたいの旅本『この場所、何かがおかしい』を6冊買って読んでね!)

「はっ、しまった!」

車を停めて、橋を渡り江ノ島に着くと最東は車にルーターを置き忘れてきたことに気づきました。わざわざ駐車場まで取りに行く気にならず、まあいっかと思っていると、粘っこい視線がまとわりついていることに気づきました。

「ん~~~??どうしたん、最東さぁあ~~ん」

「車にルーター忘れてもうたわ」

「え~~!? やらかしてるや~~ん! 人のこと言えへんな!」

と言いながらぷーくすくすぷーくすくすするファロ。

すごい。人ってこんなに悪辣にで醜怪になれるんだね。

この時の最東のリアクションはこうっ!

「ほんまやな、ごめんな」

「くすくすくすくす」

そんな調子で江ノ島を周りました。

■やらかしてないほうのファロ

ここまで散々悪口を書いてきましたが、ファロがとってくれた旅館はとてもいい旅館でした。

老舗で趣のある、素敵な旅館です。温泉浴場が凝っていて、なんと鍾乳洞の中にお風呂が!

しかも広いし、最東も思わずはしゃいでしまいました。

「ちょっと! どこ見てんのよ!」

「べ、別に見てねーよ」

「嘘おっしゃい! ファロ、私のお尻見てたでしょー?」

「言いがかりだ! 俺はただ、かわいいお尻だなって……」

「お嫁にいけなーい!ぴえん

みたいなやりとりがありました。(ファロは否定しますが、ずっと私のお尻を見ていました。なぜならその時、浴場には私たちふたりきりだったのです。くわばらくわばら)

そうして、部屋に帰って浴衣をはだけながら汗だくになってアレをしつつ、床につきました。

この時にはもう、最東はファロのやらかしのことなんてすっかり忘れ、旅を満喫していました。翌日は鎌倉めぐりの予定だったし、ぬかぽよとクキモン(新キャラ)ともひさしぶりに会えるということもあり、楽しみだなあむにゃむにゃと眠ったわけです。

そう、二日目の朝にあんな悪夢が待っているとも知らずに……

つづく

スポンサードリンク



関連記事

怪紀行番外編 国内唯一!思い出の味、バーガーシティ豊岡サンロード店 1

兵庫・但馬大仏編はこちら ■ドライブは事件の香り 前回の記事で紹介した

記事を読む

バブーシュカレディ / ケネディー暗殺に隠された謎

■私はバブーシュカレディ      

記事を読む

怪紀行滋賀・ワンオペテーマパークin石田三成 佐和山遊園

■世はワンオペ戦国時代 どうも最東です。 ここで暴露しちゃうんですけど

記事を読む

no image

都市伝説の真相は……3つの不可解② / 謎は恐怖になるか

■好奇心と後悔は常に背中合わせ  どうも最東です。  さてみなさん、前回飛行機が何故飛ぶか分かっ

記事を読む

■標識通りに行け

  ■標識通りに行け      

記事を読む

陽だまりのカエルと鶏とパンダ 2

→全編はこちら ※この話は9割作り話です。 ■死線、張り詰めるッ――!

記事を読む

第23回日本ホラー小説大賞の最終選考5作品に選出されました

      ■嘘じゃありません  

記事を読む

怪紀行愛知・少年時代が襲い掛かる!天野ゲーム博物館

■実はゲーマー どうも最東です。実はゲーマーです。 ……とか言ってますけど、も

記事を読む

怪紀行愛知 栄枯盛衰悲喜交々・名楽園中村遊郭跡

■国内最大級の花街へ どうも最東です。最近ムラムラしやがる、いっちょ女でも抱いてやっ

記事を読む

猿の血 2 / ホラー小説

■異変       俺が青果店でバナナを盗んだ

記事を読む

スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

怪紀行岐阜・強襲する懐かしさ 岐阜レトロミュージアム

■思い出の地・岐阜 どうも最東です。 今回は岐阜

怪紀行岐阜・ノスタルジックシルバー遊園地 恵那峡ワンダーランド

■怪紀行憧れの里 どうも最東です。 遊園地、楽し

怪紀行番外編・伝説はここからはじまった!断罪のファロ ~Beginning~完結編

前回はこちら ■別れ際にさよならなんて言うなよ

怪紀行番外編・伝説はここからはじまった!断罪のファロ ~Beginning~後編

前回のファロはこちら ■明けない夜はない。だけど明けな

怪紀行番外編・伝説はここからはじまった!断罪のファロ ~Beginning~中編

■中編突入う~☆ どうも最東だよ!きゅるりん☆

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑