*

ダークサイドムーン / 月の裏側には……

公開日: : おもうこと, ホラーについて

tuki

◆2014年の幕開け

 

 

 

 どうも最東です。

 

 

 この記事を書いている今はつい先日2013年が終わりを迎え、2014年が訪れた1月の5日であります。

 

 

 思えば1999年から2000年にかけて色々なことが噂されていたことが懐かしく思います。

 

 

 人間はといえば特に進歩があったようには思いませんが、科学の進歩は目覚ましいものがありました。

 

 

 たったの15年。

 

 

 人はここまで数百年を経てようやくここまでの科学力を得、その代わりに精神的なものを捨ててきたと言ってもいいでしょう。

 

 

 その対価として、現在の科学力があるのかもしれません。

 

 

 前回前々回と人類と未知なる介入者の話を展開してきましたが、今回はその完結編としましょう。

 

 

 こんなまどろこしい言い方をするのは、オカルトサイトである以上この先も同じようなことに言及することもあると思ったからです。

 

 

 


◆ダークサイドムーン

 

 

 

 映画『トランスフォーマー ダークサイドムーン』を御存じでしょうか。

 トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン [DVD]

 

 日本玩具メーカー『タカラ』とアメリカが共同で開発したアメコミのような日本アニメが原作です。

 トランスフォーマー ハイブリッドスタイル 初代総司令官コンボイ THS-02

 

 絵柄やノリは思いっきりアメコミナイズなのにも関わらず、

 戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010 DVD-SET

 

 変形・合体ロボという発想はまさしく日本のそれです。

 超合金魂 GX-52 ゲッター1 from 真ゲッターロボ

 

 そのアンバランスさが、絶妙なバランスで共存していたアニメ『トランスフォーマー』を原作として、

 

 

 スピルバーグを製作総指揮に迎え、マイケル・ベイが映像化したハリウッド超大作。

 

 

 この作品の完結編である3作目『トランスフォーマー ダークサイドムーン』で題材に取り上げられたのが、

 

 

 タイトルにもある『ダークサイドムーン』、即ち『月の裏側』です。

 

 

 地球から見上げた月は常に同じ面だと言われています。

 

 

 それは地球と違い、月は自転しないためです。

 

 

 その為、我々地球人はどう頑張っても地球側から現在見えている月の裏側を見ることは敵わないと言っていいでしょう。

 

 

 ではこの我々から見えない月の裏側にはなにがあったのでしょう。

 

 

 


◆知ってはいけないもの

 

 

 

 これについては様々な論議や仮説が飛び交っています。

 

 

 アメリカを始めNASAが全力でこれについて隠蔽しているという話まであります。

 

 

 さて、では月の裏側にはいったい何があるというのでしょうか。

 

 

 ここで一つの都市伝説を御紹介します。

 

 

 人類初の衛星を飛ばした理由が実は、月を探索することだった。

 

 

 そこで衛星が映した画像に驚愕したNASAは、より確実な情報を手に入れる為実際に人を送った。

 

 

 有名な人類が初めて月に降り立つあの映像。

 

 

 実はあの映像はダミーであって、本当は月の裏側を調べに行った、と。

 

 

 そして、月の裏側になにがあったのか?

 

 

 高度な文明があった。

 

 

 高い知能の知的生命体がいた。

 

 

 人類がなんらかの助けによって月に行ける文明を手にしたのならば、

 

 

 月に住む民はわざわざ人類を呼んだことになりますね

 

 

 


◆公開された月の裏側

 

 

 

 こんなロマンのある都市伝説ですが、近年月の裏側の画像が公開されました。

 tuki

 

 秘匿と隠蔽の温床であると噂されるNASAなので、信憑性のほどは不問としますが、

 

 

 この画像はどういう風に捉えたらいいのでしょうか。

 

 

 色々な意見があると思いますが、私にはなにかの爆撃のあとのようにも見えます。

 

 

 アニメや特撮、SF映画でもないのに月に爆撃を加えることの出来る文明力はいくらなんでも人類にはありません。

 

 

 貴方はこれをどういう風に捉えるのでしょうか。

 

 

 さて、最後に原点に立ち返りたいと思います。

 

 

 

 

 

 




このエントリーをはてなブックマークに追加
↓↓ クリックで応援お願いします ↓↓

オカルト・ホラー小説 ブログランキングへ

スポンサードリンク



関連記事

【緊急企画】ウェルザード×最東対地 巨弾新作ホラー会議【招待枠あり】

    ■プロホラー作家と本気で“ホラー作品”を作る &nbs

記事を読む

名探偵スーパーマン

    ■突如投函された怪文書    

記事を読む

陽だまりのカエルと鶏とパンダ 2

→全編はこちら ※この話は9割作り話です。 ■死線、張り詰めるッ――!

記事を読む

no image

私のトラウマ映画1 ネクロマンティック

■ホラー映画大好き!       どうも最東で

記事を読む

忘れられた怪異 / キャトルミューティレーション

    ■矢追世代   どうも最東です。

記事を読む

魅惑の廃墟へようこそ / 廃墟動画紹介

    ■ホラー好き憧れの廃墟探訪   &nb

記事を読む

地図から消された島・大久野島 / 現代の楽園。過去の遺物。

    ■うさぎの楽園・自然が色濃く残る小さな島  

記事を読む

【ブログ小説】ひとり10万円 4

-3-はこちら     4  

記事を読む

なぜ人は年齢を重ねると眼で見えないものを信じないか

■事実は小説より奇なり     どうも最東です。 &nb

記事を読む

ホラー小説 / 食べる その2

■食べる その2  (その1はこちら)     「今日はみなさん、陽太のために来てく

記事を読む

スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

【連載】めろん。29

めろん。28はこちら ・星野檸檬 11歳 小学

【連載】めろん。28

めろん。27はこちら ・大城大悟 38

高さ100メートルの廃墟 兵庫県淡路島・世界平和大観音像

■大自然のどかな島・淡路島 どうも最東です。 淡

【連載】めろん。27

めろん。26はこちら ・大城大悟 38歳 刑事

本当はないんでしょ
『おるすばん』(角川ホラー文庫刊 2019/9/21発売)

■角川ホラー4冊目   どうも最東です。   角川ホラー文庫

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑