*

カエル地獄 / ホラー小説

公開日: : ショート連載, ホラーについて

カエル地獄

 

 

 

■あみはしょうがくよねんせい

 

 

 

あみはしょうがく4ねんせい

 

 

しょうがっこうにいくために、いつもあさ10じにでるんだよ。

 

 

わたしがしょうがっこうにつくと、みんなはもうじゅぎょうをしているの

 

 

せんせいはなにもいわないけれど、やすみじかんになるといつもたくやくんやみさきちゃん、それにかけるくんがわたしにいじわるをするんだ。

 

 

そのたんびにわたしはいやなきぶんになる。

 

 

きゅうしょくのじかんになると、わたしのきゅうしょくだけいつもないの

 

 

みんな、「きゅうしょくひをはらわないからだ」っていうけどそうなのかな

 

 

おかねをはらわないとごはんたべれないってままがいってたし、きっとそうなんだね。

 

 

 

■きゅうしょく

 

 

 

いつもいつもせんせいはわたしにきゅうしょくがないのになにもいってくれない

 

 

いってくれないということは、やっぱりおかねをはらっていないんだね

 

 

かれーのにおいがするよ、おいしそうだな

 

 

わたしはのーとにえをかいて、おなかがへるのをがまんしたの。

 

 

はやくおわらないかな。きゅうしょくのじかん。

 

 

おなかがぐーぐーなっちゃう。

 

 

「ほら、たべろよ」

 

 

かけるくんがわたしのつくえにかれーがはいったおさらをおいてくれたの

 

 

「いいの?」

 

 

「いいよ。みんなたべてるしおいしいからたべろよ」

 

 

かけるくんがはじめてやさしくしてくれて、わたしはうれしかった。

 

 

でも、きゅうしょくひをはらってないわたしがたべてもいいのかな?

 

 

ほかのともだちのかおをみたら、みんなにこにこわらって「たべなよ」「たべていーよ」っていってくれる。

 

 

わたしはすごくすごくうれしくなって、すぷーんいっぱいにかれーをたべたんだ。

 

 

 

■おいしいかれー

 

 

 

かれーは、わたしがいままでたべてきたなかでこれがいちばんおいしかった。

 

 

もぐもぐとかむと、ぶよぶよしたのがぶちぶちとつぶれて、おくちのなかがじゅぷじゅぷになる。

 

 

「……あみちゃん、おいしい?」

 

 

かけるくんがしんぱいそうなかおでわたしをみてきいてきた。

 

 

わたしはすごくおいしいかれーをたべながら

 

 

「うん! おいしい! すごくおいしいよ!」

 

 

っていったんだ。

 

 

「うわああーたべたあああ!」

 

 

きょうしつじゅうがおおさわぎになって、みほちゃんやりなちゃんはなきだしちゃった。

 

 

「どうしたの? おいしいよ?」

 

 

おくちのなかにかれーをいっぱいいれながらしゃべったから、おくちからかれーのおしるがはみだしちゃった。

 

 

「ぎゃああー!」

 

 

おなかをかかえてわらうかけるくんや、だんしたち。

 

 

さけびながらわらったりないたりしているじょしたち。

 

 

なんでみんなこんなにさわいでるんだろう??

 

 

「あみがかえるをくったあああ!」

 

 

あんなにやさしかったかけるくんが、わたしをゆびさしてさけぶ。

 

 

かえる? なんのこと?

 

 

 

■あめのひ

 

 

 

おかあさんが、がっこうによばれた。

 

 

だけどおかあさんはおしごとがいそがしくってあまりかえってこないから、がっこうにはいかなかった。

 

 

みんなは、かれーのひからわたしを「かえる」ってよぶようになった。

 

 

かけるくんや、やまとくん、ほかのくらすのだんしまでわたしを「かえる」ってよぶようになった。

 

 

おんなのこたちは、わたしとしゃべらなくなったし、むしするようになった。

 

 

なんでかなあ?

 

 

ほうかごになってあめがざーざーふってきた。

 

 

みんなかさをもってきてたり、だれかがもってきてくれたり、だんしのなんにんかはあめにぬれながらはしってかえっていった。

 

 

わたしはかさをもってなかった。

 

 

がっこうのかしかさものこってない。

 

 

でもわたしはたぶん、ぬれてかえるってわかってたからだいじょうぶ。

 

 

かれーにかえるをいれるなんて、ひどいことするな。

 

 

でもね、でもね、よかったこともあったんだよ。

 

 

わたしはあめにざーざーぬれながら、がっこうのかえりにあるかわのよこで、かえるをさがした。

 

 

「かえる、おいしかったな」

 

 

そういいながらはっぱやじめんをさがしたら、いっぴき、あまがえるをみつけた。

 

 

「いただきます」

 

 

こんなところ、くらすのだれかにみられたらまたかえるっていわれちゃう。

 

 

……でも、いいっか。

 

 

わたしはかえるだし。

 

 

おくばでかむたび、ぶちゅぶちゅいって、おくちからおしるがでちゃう。

 

 

こぼれちゃわないようにおくちをとじてかみながら、わたしはほかにもかえるがいないかさがしたの。

 

 

だって、かれーのひからきゅうしょくたべてないもん

 

 

おなかがへったからかえるをたべるんだ。

 

 

だからね、かえるをたべさせてくれたかけるくんのこと、きらいじゃないんだよ。

 

 

かえるがたべれるものだって、おいしいものだっておしえてくれたもんね。

 

 

かえるがたべたいかえるがたべたい

 

 

あめのひはたくさん、かえるがいるってほんにかいてあったもん。

 

 

わたしはがまんできなくなって、かわのなかにはいったの。かわのなかならかえるがいるんじゃないかなっておもったの。

 

 

あめでかわのみずがおおかったけど、がんばって6ひきもつかまえたよ。

 

 

そのなかの3ひきはいっきにおくちにいれてたべたんだよ。

 

 

おいしかったなあ。

 

 

わたしはかえるでおなかいっぱいになったんだ。

 

 

【2015年8月○○日 民営プール内で6名の男女(子供含む)に噛みつき、怪我をさせたとして逮捕された女性A(47歳)の供述書

スポンサードリンク



関連記事

残酷拷問史② / 怪奇夜話

      ■より苦しみを。痛みを。 &nbs

記事を読む

【夜葬】 病の章 -77-

-76-はこちら     敬介は松明を持った。

記事を読む

【夜葬】 病の章 -9-

  -8-はこちら      

記事を読む

【夜葬】 病の章 -37-

-36-はこちら   薄い唇から感じる感触は、温かく柔らかい。

記事を読む

父の双眼鏡 / ホラー小説

      ■父   &nbs

記事を読む

お見舞い その2 / ホラー小説

■息子を襲った事故       赤く点灯した【

記事を読む

【夜葬】 病の章 -79-

-78-はこちら       一九五九

記事を読む

【連載】めろん。57

めろん。56はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター⑫ 「……ああ、

記事を読む

ホラー小説 / デザイナーのお仕事①

  ■写真、加工します。      

記事を読む

【夜葬】 病の章 -8-

    ー7-はこちら   翌朝、鉄二

記事を読む

スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

【連載】めろん。58

めろん。57はこちら ・破天荒 32歳

no image
ドキッ!最東だらけのホラー祭2020

■みんな大好きホラー祭 どうも最東です。 いよい

【連載】めろん。57

めろん。56はこちら ・破天荒 32歳 フリー

【連載】めろん。56

めろん。55はこちら ・破天荒 32歳

【連載】めろん。55

めろん。54はこちら ・破天荒 32歳 フ

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑