*

【ホラー短編】名前を書くだけで人を殺せるノートが本当にあったら

公開日: : 未分類

デスノート 

みんなあの漫画読んだことある?

 

 

 俺はもちろんあるよ。

 

 

 映画も観たし、アニメも観た。

 

 

 いや、だからって言って熱烈なファン……ってわけじゃないよ。

 

 

 流行りもあったし、面白かったのは確かだし。

 

 

 あのノートが本当にあったら……なんて考えたらゾっとするよね。

 

 

 ……けどさ、本当にあったんだよね。

 

 

 そんでももって今それが俺のカバンの中にあるってわけ。

 

 

 怖い?

 

 

 そうだよね、そりゃ怖い。

 

 

 けどさ、見ず知らずのキミを殺すことなんてできないし、

 

 

 なんらかの方法で名前が分かったとしても顔までわかんない。

 

 

 結構不便なもんなんだよ。

 

 

 ニュースに移る人を殺しても仕方ないし、っていうか殺したい人自体がそんなにいない。

 

 

 神様はこんなニュートラルな僕だからこのノートをよこしたんだろうか。

 

 

 けど折角持ってるんだから使わなきゃ勿体ない。

 

 

 けど誰かに売ったりとかすると怖いしなぁ。

 

 

 そこに自分の名前なんか書かれた日なんかたまったもんじゃない。

 

 

 うーん考えれば考えるほどダメだ。

 

 

 やっぱり金庫にでも入れとこうかな。

 

 

 

 

 

 

 ……あ、ごめんごめん。

 

 

 今、友達から電話があってさ、ビルの建設反対運動を手伝ってくれって言うんだ。

 

 

 そんな慈善活動みたいなの面倒だ、って言ったんだけどさ。

 

 

 「いてくれるだけでいいから」って

 

 

 しかも「お礼はする」だって。

 

 

 要は見た目の頭数だけでも揃えたいってことらしい。

 

 

 俺を誘ったその友達も実はお礼が目当てでビルの建設自体はなんとも思ってないんだってさ。

 

 

 うはは、そっちのほうがオニじゃねー?

 

 

 バイトも辞めたばっかだし、お金もらえるんならお手伝いくらいしますよ

 

 

 喜んでね。

 

 

 

 

 

 そんなわけで駅前に来たわけだけど、なにこの黄緑のダサいベスト。

 

 

 【○○町を救え! ビル建設反対!】

 

 

 だって。ヤバイ超ウケる。

 

 

 「○○君、悪いけどちょっと車にある段ボール持ってきてくれるかな」

 

 

 「はい」

 

 

 雑用は俺の仕事……と。特にハードでもなんでもない楽ちんな仕事だ。

 

 

 あー早く帰ってネトゲーしてー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「これ、なんの署名なんですか?」

 

 

 「あ、ビル建設の反対運動です! よかったらご署名頂いてもよろしいですか!?」

 

 

 「あ、はい。いいですよ」

 

 

 「おい、署名用紙は?」

 

 

 「今バイトが車にとりに言ってる」

 

 

 「それじゃ時間かかるな、なんか紙ないのか」

 

 

 「あ、このノート、サラじゃん」

 

 

 「おい、それ誰のだよ」

 

 

 「わかんないけど、あとで謝ったらいいじゃん。ノートなんて安いもんだし。ここに署名もらおう」

 

 

 「じゃあ、もう始めるか」

 

 

 「そうですね」

 

 

 「そのノート、ページ千切ってみんなに配って」

 

 

 「ビル反対にご署名お願いしまーす!」

 

 

 「あ、ありがとうございます! ここにお名前を」

 

 

 「ここにご署名を……」

 

 

 

 

 

 

 

 車の場所までえらく迷ってしまった。

 

 

 あれから30分くらい経ってしまったけど、怒られっかな?

 

 

 あーマジでミスったなー。

 

 

 ん、救急車? うわ、うわうわ、すげー何台も……

 

 

 駅に行ってるみたいだ、なんかあったのかな。

DEATH NOTE モノクロ版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

このエントリーをはてなブックマークに追加
↓↓ クリックで応援お願いします ↓↓

オカルト・ホラー小説 ブログランキングへ

スポンサードリンク



関連記事

no image

『夜葬』発売日決定のお知らせ

        ■第23回日本ホラー小説

記事を読む

no image

都市伝説の真相は……3つの不可解① / 謎は恐怖になるか

■知らないことは知らないほうがいい どうも最東です。 台風が立て続けに3つも連なり、列島を通過

記事を読む

【怪奇夜話】アステカの祭壇 / 恐怖・ホラーブログ

  ◆恐怖の原点、それは心霊   どうも最東です。師走に入りすっかり寒くなりました。  

記事を読む

【新刊情報】『#拡散忌望』が発売されます。【2017.6.17】

■6月17日発売     どうも最東です。  

記事を読む

no image

ホラー小説 めろん。-6

『大人気のダイエットサプリ! 今なら』  丁度いい具合にダイエット商品のCM。

記事を読む

別府ゲンシシャ、福岡大刀洗へ行ってきました。

◆お久しぶりです どうも最東です。当ブログを連載に切り替えてからというものの、どんど

記事を読む

【連載】めろん。4

めろん。3はこちら ・玉井 典美 43歳 主婦①  体の不調はもう一週間以上続

記事を読む

【発売御礼】夜葬が角川ホラー文庫から発売されました【感謝万人】

    ■2016年10月25日  

記事を読む

木屋町エレジー(第二回ショートショートバトル)

第一回ショートショートバトルの様子はこちら ■前回までのあらすじ ペニーワイザ

記事を読む

2016年 角川三賞贈賞式に出席しました その3

  その2はこちら   ■祝賀パーティーその2 &nbs

記事を読む

スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク



【連載】めろん。20

めろん。19はこちら ・破天荒 32歳 フリー

別府ゲンシシャ、福岡大刀洗へ行ってきました。

◆お久しぶりです どうも最東です。当ブログを連載に切り

【連載】めろん。19

めろん。18はこちら ・破天荒 32歳 フ

【連載】めろん。18

めろん。17はこちら ・破天荒 32歳 フ

【連載】めろん。17

めろん。16はこちら ・綾田広志 38歳 刑事

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑