*

解読不能の手記 / おすすめホラーブログ

公開日: : 最終更新日:2014/04/23 おもうこと, ホラーについて

ヴォイニッチ手稿

◆スフィンクスの謎を御存じですか

 

 

 どうも最東です。

 

 

 

 世の中には科学では計り知れない不思議なものがたくさんあります。

 

 

 有名なところではナスカの地上絵スフィンクスなどはみなさんご存じなのではないかと思います。

 

 

 スフィンクス……誰もがみんな知っているので今更不思議ということもないでしょうけども、

 

 

 一説ではピラミッドが完成されるよりももっと昔に立てられているといいます。

 

 

 ピラミッドの構造よりも複雑だと言われるスフィンクスが、ピラミッド建設よりも昔であったのは驚きですが、

 

 

 ピラミッドと比べて老朽化が激しいことがその証明だそうです。

 

 

 言われてみればピラミッドがあんなにもしっかりと形を保っているのに比べて、スフィンクスの顔は分からないくらいに崩れ落ちていますよね。

 

 

 未だに謎が多いことでも有名なエジプトのピラミッドとスフィンクスですが、

 

 

 それらは誰もが知るほどに有名どころです。

 

 

 世の中には、余り知られていないけども不可思議なものが沢山あるのです。

 

 

 スフィンクスの謎についてはいつか機会があれば特集したいと思いますが、

 

 

 今回はあまり知られていない方の謎を御紹介します。

 

 

 


◆謎の古文書 ヴォイニッチ手稿

 

 

 

 みなさん、ヴォイニッチ手稿を御存じでしょうか。

 

 

 1912年にイタリアで発見された、どこの誰が書いたものか全く不明な古文書です。

 

 

 『どこの誰が書いたかわからない手記』程度ならば、

 

 

 別段珍しくもありませんし、ヴォイニッチ手稿に限らずともその数は数多でしょう。

 

 

 ヴォイニッチ手稿が有名になったのは別のところに理由があります。

 

 

 それは『解読できない』ということです。

 

 

 専門家がこぞってこのヴォイニッチ手稿を解読しようとしましたが、

 

 

 そこに書かれた文字は未知の文字で、どの国のどの文献にも記されていない、

 

 

 謎の文字でありました。

 

 

 一部の学者達はあまりの難解さから異常性を唱え、どこかの誰かが書いたデタラメな手記であると唱えました。

 

 

 しかしデタラメだとしてはあまりにもクオリティが高すぎる為、

 

 

 その一部の学者達の主張はまかり通ることはありませんでした。

 

 

 ヴォイニッチ手稿の総ページ数は実に230ページにも及び、

 

 

 曖昧な部分もありつつも法則性や規則性を思わせる箇所が幾か所にも見られたからです。

 

 

 


◆一旦の解決をみたが

 

 

 

 解読を行った学者の一人であるペンシルヴァニア大学のウィリアム・R・ニューボールド博士が、

 

 

 13世紀の自然科学者ロジャー・ベーコンによって書かれたものであると結論づけました。

 

 これはそれまでの解釈の中でも初めてのもので、学者会では注目を集め、

 

 

 一旦はこれで謎が解けたものとされたのです。

 

 

 しかし、書いた人間が判明しても書いている内容が判明することはなかったため、

 

 

 やはりロジャー・ベーコンが何を記したものなのかまでは謎のままとなりました。

 

 

 


◆10年後に覆された仮設

 

 

 ニューボールドが唱えた仮説は10年後、化学の進歩によって皮肉にも覆されることとなります。

 

 

 より精密な調査が可能となった10年後に再び調べられ、

 

 

 ニューボールドの仮説との矛盾をいくつも挙げられたのでした。

 

 

 結果として、現在ではニューボールドの説は否定されています。

 

 

 


◆失われた言語? 未知の言語?

 

 

 

 この結果を受けて更なる議論が専門家の中で繰り広げられます。

 

 

 それは古代の言語で、現在まで発見されていない言語だという仮説。

 

 

 それは未知の言語であり、地球人のそれとは違うという仮説。

 

 

 どちらも仮説の域を出ませんでしたが、すでにデタラメ説を唱える学者はいなくなったのでした。

 

 

 最新の技術で調べた結果、ヴォイニッチ手稿が書かれた正確な年代が明らかになります。

 

 

 それは1404年から1438年と特定。

 

 

 発見された年より実に500年以上も前だと断定されたのです。

 

 

 


◆そして現れた解読者

 

 

 ヴィエッコ・ラトヴァラという『神の予言者』を名乗り、ヴォイニッチ手稿の解読に介入、

 

 

 ヴォイニッチ手稿に関して「音の波と声の音節の作業である」と主張しました。

 

 

 曰く、薬のための科学的な解説と植物の記録でもあると。

 

 

 さらにラトヴァラ氏は続けました。

 

 「ヴォイニッチ手稿は医療について書かれてある科学書である」

 

 

 「この本に書かれた言語は、あらゆる言語のミックスだ。スペイン語やイタリア語、そして著者が話していた言語を混ぜ合わせている。ごくわずかな地域で話されていた珍しい方言なため、解読困難であった」

 

 

 ラトヴァラ氏の主張の信憑性はともかくとして、

 

 

 仮にこの説を真実としたときに新たな謎が生まれることになります。

 

 

 ラトヴァラ氏はどうやってヴォイニッチ手稿を解読したのか。

 

 

 彼はそれを語ることを拒否しました。

 

 

 【謎は謎を呼ぶ】

 

 

 まさにこのことでしょう。

 

 

 明らかになった謎は、さらに鮮度の増した謎を生む。

 

 

 その連鎖なのではないでしょうか。

 

 

 

 【ヴォイニッチ手稿その2】

このエントリーをはてなブックマークに追加
↓↓ クリックで応援お願いします ↓↓

オカルト・ホラー小説 ブログランキングへ

スポンサードリンク



関連記事

なぜ人は年齢を重ねると眼で見えないものを信じないか

■事実は小説より奇なり     どうも最東です。 &nb

記事を読む

耳鳴り2

■つまらない夜   東京の繁華街は眠らない……とよく聞くが、実際のところはどう

記事を読む

スリルドライブ / 本当にあった体験談 1/2

■本にもネットにもない話        どうも最東です。      私の書く記事は

記事を読む

ツアコォウ← / ホラー小説

      ■代弁者   &n

記事を読む

八仙飯店之人肉饅頭 / ホラー映画レビュー

      ■中国映画   &

記事を読む

世界のミステリースポット / オレゴンの渦 バズビーの椅子

■壊れる生態系       どうも最東です。

記事を読む

ゲシュタルト崩壊

  ■ネットで見た妙な迷信     浩成は、普

記事を読む

父の双眼鏡 / ホラー小説

      ■父   &nbs

記事を読む

no image

私のトラウマ映画2 / 食人族

■フェイクドキュメンタリーの先駆け      

記事を読む

10万人の行方不明者/犬鳴峠の……

■神隠しから拉致まで       どうも最東で

記事を読む

スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

【連載】めろん。65

めろん。64はこちら ・綾田広志 38歳 刑事㉒

【連載】めろん。64

めろん。63はこちら ・綾田広志 38

【連載】めろん。63

めろん。61はこちら ・綾田広志 38歳 刑事

【連載】めろん。62

めろん。61はこちら ・綾田広志 38歳 刑事

【連載】めろん。61

めろん。62はこちら ・綾田広志 38歳 刑事

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑