*

戦跡を訪ねる【大阪・旧真田山陸軍墓地】 2



戦跡を訪ねる【大阪・旧真田山陸軍墓地】 1はこちら

 

■やすらぎ

 

 

旧真田山陸軍墓地は、入り口がいくつかあります。

 

 

正面の入り口が正門、という扱いなのですが私は神社側から入ったので側面から足を踏み入れたようでした。

 

 

持っていた地図とズレていて、自分がどこにいるのかわからなくなりました。

 

 

しかし、目の前には墓石がずらり。



 

その光景に圧倒された私は、自分がどこにいようと関係ないと考え、足の赴くまま従いました。

 

 

規則正しく、等間隔で立つ墓石を横目に歩いて行くと人ひとりが入れるほどの小さな小屋がありました。

 

 

外から覗いて見ると、そこにはお地蔵さま。

 

 

頭上の額には般若心境がありました。

 

 

当然かもしれませんが、綺麗な花がお供えされており、きちんと綺麗に管理されているのがわかります。

 

 

私はひざまずき、手を合わせてご挨拶しました。



 

このお地蔵さまがいつからここにあったものかはわかりませんが、おそらくは長きに渡ってこの静かな霊園を見守り続けているのでしょう。

 

 

あなたがいれば、安心ですね。

 

 

心の中でもう一度一礼をすると、お地蔵さまの小屋をでました。

 

 

出てすぐ左側にならんだ墓石を目をやると、なにやら他とは違う違和感を覚えました。

 

 

違和感の正体は、ある墓石にありました。

 

 

『軍曹ヘルマン・ゴルの墓』



 

正直、ギョッとしました。

 

 

日本陸軍の墓地の中に、唐突に現れた横文字の名前。

 

 

つまり、外国人の墓です。

 

 

どういうことなのかと、調べてみると納得しました。

 

 

このブロックには、軍役夫の他に敵国の捕虜の墓もあったのです。

 

 

他国にもこのようにして、日本人捕虜のお墓が存在するのでしょうか。

 

 

ヘルマン氏の墓石を見つめながら、私は言い表せない複雑な気持ちになりました。

 

 

なにしろ100年以上前の戦争。

 

 

太平洋戦争時のように、相手国の兵士に憎悪の念はなかったのでしょうか。

 

 

そして彼はどんな最後を遂げたのでしょうか。

 

 

なによりも、彼は日本のこの地でこうして墓を建てられ眠っていることにどんな思いを抱いているのでしょうか。

 

 

そんなことに思いを馳せると、どうにも複雑な気持ちになりました。

 

 

戦争とは、こういうことなのかな。

 

 

ふとよぎった心のつぶやきを風に運ばせながら、奥へと進みます。

 

 

そんな私の後ろ姿は、どんな風にお地蔵さまは見ていたでしょうか。

 

 

 

■倒れてもなお……

 

 

 

正面入り口から真っすぐ奥へ進むと、ちょうど中央付近に沢山の墓石が隙間なく並び、その中央にお地蔵さまの石像が祀られているひな壇のような石碑があります。

 

 

よく見ると、並んでいる墓石は墓地内に並んでいるそれと同じもののようでした。

 

 

これは『破損墓碑塚』といいます。



 

太平洋戦争でこの墓地もアメリカ軍からの空襲を受けました。その時に破壊されてしまった墓石をここに集めているとのこと。

 

 

そのため、中央に穏やかなお顔で佇むお地蔵さまがこれらの破損した墓石を慰めているということでしょうか。



 

ここにまとめられている墓石は、形の違うものも混じっており、少なくともこの塚だけは生きていた時の階級や身分など関係なく、並んでいるようです。

 

 

ですが、破損したことは残念ですがこうしてひとつのところに集められているところを見ると、なんだか賑やかな感じがします。

 

 

まるで学校のような……。

 

 

さながら中央のお地蔵さまは引率の先生、というところでしょうか。

 

 

今も昔も、兵役に赴き戦死するのはいつだって若者です。

 

 

それも20代半ばや後半。30代で戦死した兵士などは長生きした方な気さえします。

 

 

これが太平洋戦争になると、学徒出陣で平均年齢がぐっと下がります。

 

 

10代後半の少年から青年にもなりきれていないような子供たちが死地へ赴いたのです。

 

 

そんな若者たちがこの墓石の数だけ死んだのかと思うと、死んだあとくらいはみんなとなかよくわいわいしてほしいではありませんか。

 

 

それをあらわしているかのように、この『破損墓碑塚』は、まるでクラスの集合写真のようです。

 

 

物言わぬ墓石のひとつひとつが、個性的に佇み、その笑顔をこっちに向けているような……。

 

 

子供が巻き込まれるような悲劇は、もう二度とたくさんですね。

 

 

 

■「生兵」という生きた証

 

 

 

1873年(明治6年)に施行された徴兵令は、多くの若者たちの環境を激変させました。

 

 

当時の日本はご想像の通り、今とは違って交通の便も悪く、住宅も昔ながらの瓦、生活は基本的に自給自足の時代。

 

 

都心を除いて、ほとんどの地域が田舎然としていました。

 

 

大自然の中で自由に育ってきた青年たちは、徴兵令によって徴集され、洋服も着たこともないのに突然軍服を着せられ、のびのびと暮らしてきたこれまでとは真逆な、集団での規則正しい生活、訓練。

 

 

その環境の変化についていけないものも沢山いたといいます。

 

 

悲しいことですが、中には自ら命を断ったものや、逃げ出そうとして途中で事故などで死んだものが続出しました。

 

 

つまり、徴兵検査を合格し訓練が始まったばかりのいわば『訓練生』。

 

 

その状態の者を『生兵』と呼んでいたといいます。

 

若い青年たちが、戦地に赴き国と家族を守るために戦う。

 

 

その前に死んでしまった、あまりにも惜しい若き命。

 

 

この墓地にはそんな『生兵』の墓も数多く存在します。

 

 

ただ、この時代の墓石は140年以上が経ち、形を保っていてもほとんど刻まれた文字は読むことができません。経年劣化のためです。

 

 

いつか、きっと風化するかもしれません。

 

 

ですが、私たちが戦争を過去としてのものという前提でも学んでいる内はこんな場所こそ大事にしなければならないのではないでしょうか。



 

 

戦跡を訪ねる【大阪・護国神社】

スポンサードリンク



関連記事

なぜ人は年齢を重ねると眼で見えないものを信じないか

■事実は小説より奇なり     どうも最東です。 &nb

記事を読む

3回見たら死ぬ絵 / ズジスワフ・ベクシンスキー

  ■【閲覧注意】の代名詞      

記事を読む

マグロ / ホラー小説

■マグロ       「わあ、綺麗なマグロです

記事を読む

no image

無料恐怖実話 / 人気の信じられない話

■共有動画事情 どうも最東です。 このところの異常気象、みなさんいかがお過ごしですか? 先日ブ

記事を読む

未解決事件 / 世田谷一家殺人事件

■大量の遺留品     そこには沢山の、……本当に沢山の遺

記事を読む

メガネ/ホラー小説

      ■凄惨な事故現場  

記事を読む

no image

口コミで広がるホラー小説 / ランキングに踊らない人

■日常に潜むオカルト   どうも最東です。 今日は風が強く、洗濯物が飛ばされそうにな

記事を読む

夢占い/ホラー小説

    ■とある日にみた夢    

記事を読む

考察 ひとりかくれんぼ①

■ネットを騒然とさせた全く新しい降霊術        どうも最東です。      

記事を読む

ハーメルンの笛吹きオンナ3 / ホラー小説

  その1はこちら その2はこちら   ■友人の前に

記事を読む

スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

【連載】めろん。33

めろん。32はこちら ・綾田広志 38

【連載】めろん。32

めろん。31はこちら ・綾田広志 38歳 刑事

【連載】めろん。31

めろん。30はこちら ・星野檸檬 11

【連載】めろん。30

めろん。29はこちら ・星野檸檬 11歳 小学

【連載】めろん。29

めろん。28はこちら ・星野檸檬 11歳 小学

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑