*

【連載】めろん。20

公開日: : 最終更新日:2019/07/23 めろん。, ショート連載, 著作 , ,





めろん。19はこちら







・破天荒 32歳 フリーライター③




 明日というのは本当にくるのが早い。それ以上に奴が待ち合わせにくるのも早かった。




 刑事という職業柄なのか、性格なのか。3ヵ月の清い交際期間だがわかる。どっちもだ。




「遅刻した気になるからむやみに早くくるのやめてほしいんだけど」




「早くきて機嫌が悪くのはお前くらいだぞ」




 むかつく、と愚痴をこぼしウェイトレスにミルクティーを頼んだ。糖質は制限しないのか、とまた悪意があるのかないのかわからない皮肉を言う。




「今がベストな体型なの。ご心配なく」




 癇に障る。一度親密な関係になった男はどこか仲の悪い家族のように錯覚してしまう。全く赤の他人なのに、我ながら馬鹿げていると思いつつ憎まれ口は止められなかった。




「元気そうだな」




「おかげさまで。そっちも相変わらずお元気そうで」




 元気なわけがない。広志は妻に三下り半を叩きつけられ、今はひとり見。いざ事件が起これば居ても立っても居られない、つまらない仕事男だ。




「そうでもないさ」




「……え」




 拍子抜けの返事だった。広志のことだからどうせ、どんな状況であれ「元気だよ」と返すと思っていた。それが平常運転だからだ。




 というより、どれだけ弱っていてもそんな言葉は聞いたことがない。もっとも、離婚してからのことは知らない。思っている以上に堪えているのだろうか。




「どうした?」




「元気ないの? どうしたのよ」




 そう言うと広志はほんの一瞬、目を丸くしたがすぐにアイスコーヒーを啜った。ストローを使わずグラスに直接つけた口元は薄く上がっている。ブラックしか飲まないのは昔のままだ。




「なんだか安心したよ。お前は変わらないな」




「なによ。ディスってんの」




「違う。褒めているんだ。素直に受け取れ」




 どうやって今のを褒められていると素直に受け取れるというのか。本当にこの男の言うことは理解に苦しむ。




「……な~んか、調子狂う。奥さんに捨てられて人恋しくなった?」




「関係ないだろ。それは」




「じゃあ、なに。大体、オカルトの用件だなんて……」




 オカルト、という言葉を聞いて綾田の表情が引き締まる。それをきっかけのようにして広志は口を開いた。




「俺もまさか、こんな話をお前にする日がくるとは思わなかったよ」




 めろん。綾田はひとこと、そう発した。




「は?」




「知らないか。オカルト界隈で『メロン』にまつわる話」




「ちょっとあんた、なに言ってんの」




「俺は真面目に聞いている」




 確かに。




 広志のまなざしと表情は冗談を言っているようには見えない。繰り返しになるが、そもそもこの男は冗談の類を言わない。




 それでも疑いたくなるのは、次から次へとキャラと違うことを発するからだ。だがこれ以上、突っ込みをいれていたら一向に話が進まない。運ばれてきたミルクティーで口を湿らせ、私は手帳とスマホをテーブルに置いた。取材の時に必ず配置する、私のワークスペースだ。




「わかった。最初から聞くから、話して。あんたの言っている『メロン』についても、聞き終えてから心当たりがあるかどうか答える」




 私の顔つきが変わったことに気付いた広志は黙ってうなずく。そして、語り始めた。




『メロン』と、それにまつわる事件のことを。




「――というわけだ。広島県警の大城からも同様の事件が時々起こっていると聞いている。47都道府県……とはいかないが、日本各地で類似した事件が起きている。その上、両間という刑事が率いる公安まで動きだし、俺たち末端にはなんの情報も降りてこない。ただ現場処理だけをこなしている」




 疑うなと心に決めたはずなのに、また疑いそうになっている自分がいる。そんな事件が本当にあるものだろうか。普段、疑われる側にいることの多い私が広志を疑うというのも変な話だが、そのくらい常軌を逸した話だと思った。




「ただ――」




 私は疑いつつも、自分の中で知っている話をすることにした。




「似ている怪異の記録ならある」




「どんな?」




「『ウェンディゴ症候群』って、知ってる?」




 広志は頭を振った。無理もない。一般人が普通に持つ知識とは違う。




『ウェンディゴ症候群』は、カナダに伝わる『ウェンディゴの悪魔』から端を発する疾患である。




「カナダ南部から北部のインディアンに伝わる話。地域によって『ウェンディゴの悪魔』と呼ばれたり『ウェンディゴの精霊』と呼ばれたりしている。でもどちらも同じもので、呼び名が違うだけよ」




 広志は余計な口を挟まずにじっと話に聞き入った。




『ウェンディゴの悪魔(精霊)』とは、自然界が生んだ精霊で人間よりもはるか昔からその地に住んでいるという。ウェンディゴは住民にとって『守り神』としても信仰対象だった。




 ウェンディゴは人間が自然に危害を加えようとすると、怒り狂い、人間を襲った挙句、食べてしまうというのだ。




「精霊が人間を食う……か。怖いな」




「怖くないよ。人間が人間食べるなんて、いくらでも転がってるシチュエーションでしょ。そんなものより、この先を聞いて」




 ウェンディゴは、原住民の中では立派な病気として扱われるが、そのほとんどが助かっていない。







めろん。21へつづく

スポンサードリンク



関連記事

ハーメルンの笛吹きオンナ2/ホラー小説  

  ←その1はこちら   ■夢遊病の足取り  

記事を読む

【夜葬】 病の章 -55-

-54-はこちら       いいじゃ

記事を読む

ツアコォウ← / ホラー小説

      ■代弁者   &n

記事を読む

【夜葬】 病の章 -74-

-73-はこちら     男は齢を重ねてようやく学んだ

記事を読む

【夜葬】 病の章 -36-

-35-はこちら       もう二度

記事を読む

妊婦 1 / ホラー小説

■ある風景       「あ、すみません……」

記事を読む

【夜葬】 病の章 -56-

-55-はこちら       赤ん坊…

記事を読む

【夜葬】 病の章 -71-

-70-はこちら     朝が来た。  

記事を読む

【夜葬】 病の章 -2-

  -1-はこちら   道に出るまでの間、鉄二は何度も

記事を読む

ホラー小説 / サトシくん 2

■彼女の家       清水さんの家はコンビニ

記事を読む

スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

【連載】めろん。29

めろん。28はこちら ・星野檸檬 11歳 小学

【連載】めろん。28

めろん。27はこちら ・大城大悟 38

高さ100メートルの廃墟 兵庫県淡路島・世界平和大観音像

■大自然のどかな島・淡路島 どうも最東です。 淡

【連載】めろん。27

めろん。26はこちら ・大城大悟 38歳 刑事

本当はないんでしょ
『おるすばん』(角川ホラー文庫刊 2019/9/21発売)

■角川ホラー4冊目   どうも最東です。   角川ホラー文庫

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑