*

「 夜葬 病の章 」 一覧

【夜葬】 病の章 -36-

-35-はこちら       もう二度と帰ることもあるまい。     そう思っていた鉄二の目の前にあ

続きを見る

【夜葬】 病の章 -35-

-34-はこちら       鉄二は夜明け前の海に赤ん坊を捨てた。     簡単に布で包み、細縄でぐ

続きを見る

【夜葬】 病の章 -34-

-33-はこちら       結論から言えば、本当に自分の子かどうかなど分からなかった。     行

続きを見る

【夜葬】 病の章 -33-

-32-はこちら     東京の光は煌びやかで、この綺麗な光ならば自分を救ってくれる。     鉄二はそう信じて疑わ

続きを見る

【夜葬】 病の章 -32-

-31-はこちら     太平洋戦争終結から三年の月日が経ち、昭和二三年。     西暦で言うなら一九四八年。

続きを見る

【夜葬】 病の章 -31-

-30-はこちら     福の神はいない。     鉄二の言葉に誰もが天を仰いだ。   &nb

続きを見る

【夜葬】 病の章 -30-

  -29-はこちらから   それから数日して、さらに数名村の者が帰ってきた。     中にはゆゆや鉄二と遊ん若者も

続きを見る

【夜葬】 病の章 -29-

-28-はこちら       鉄二とゆゆが戻った翌々日に船坂は村に戻った。     船坂の他にも吉蔵

続きを見る

【夜葬】 病の章 -28-

  -27-はこちら   一九四五年八月十五日。     四年の長きに渡って繰り広げられた太平洋戦争は、日本の敗北に

続きを見る

【夜葬】 病の章 -27-

  -26-はこちら     祭囃子が村の中心の広場から聞こえ、初めての祭りに鉄二ははしゃいだ。    

続きを見る

スポンサードリンク



スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

怪紀行兵庫淡路島・不可思議秘宝館ナゾのパラダイス 前編

■兵庫といえばナゾパラ どうも最東です。今回は淡路島を

怪紀行奈良・秘境ノスタルジック体験 天川村洞川温泉

大神神社・虹の泉はこちら ■訪問日について どう

怪紀行 奈良大神神社 三重虹の泉

怪紀行奈良・東洋民族博物館はこちら ■俺の彼氏、ファロ

怪紀行奈良・予約必須のレア博物館 東洋民俗博物館

怪紀行奈良・奈良監獄はこちら ■あやめ池遊園地亡き跡

怪紀行奈良・丘の上の赤レンガ建築 旧奈良監獄

■レッツ投獄 どうも最東です。 突然ですがみなさ

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑