*

「 夜葬 病の章 」 一覧

【夜葬】 病の章 -16-

  -15-はこちら   「美郷のおばちゃん!」     勢いよく玄関の戸を開き、鉄二が家の奥にいる美郷の名を呼んだ

続きを見る

【夜葬】 病の章 -15-

      -14-はこちら   しかし習慣と生活の中で、いつしかおぞましく常軌を逸している遺習に元は馴染んでいた。

続きを見る

【夜葬】 病の章 -14-

  -13-はこちら   どれだけ陰惨で残酷な風習であれ、喉元過ぎれば熱さを忘れる。     慣れとはかくも恐ろしく

続きを見る

【夜葬】 病の章 -13-

    -12-はこちら   「へえ、宇都宮から来たのかよ。えらい街から来たんだな。いくら住むところがないって言っても物好きだねぇあんた」

続きを見る

【夜葬】 病の章 -12-

  -11-はこちら   「そぉーこにいるんでぇーすねぇー」     「こーないでください」  

続きを見る

【夜葬】 病の章 -11-

  ー10ーはこちら       三舟の家は村の中でも比較的大きい方の家屋だった。    

続きを見る

【夜葬】 病の章 -10-

  -9-はこちら       一年前に公布された国民総動員法によって、戦争に向けて必要なものは国家が統制運用することにな

続きを見る

【夜葬】 病の章 -9-

  -8-はこちら       着物の尻をぐっしょりと濡らした鉄二を抱きかかえ、女性は風呂場へと向かった。 &nbs

続きを見る

【夜葬】 病の章 -8-

    ー7-はこちら   翌朝、鉄二が目を覚ますと隣にいたはずの女性の姿はなかった。     それ

続きを見る

【夜葬】 病の章 -7-

  -6-はこちら   鉄二が部屋に入るとお香の匂いが頬や肩に巻き付き、そういえばこの屋敷では今日、葬式が執り行われるのだったと思い出した。 &nb

続きを見る

スポンサードリンク



スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

怪紀行兵庫淡路島・不可思議秘宝館ナゾのパラダイス 前編

■兵庫といえばナゾパラ どうも最東です。今回は淡路島を

怪紀行奈良・秘境ノスタルジック体験 天川村洞川温泉

大神神社・虹の泉はこちら ■訪問日について どう

怪紀行 奈良大神神社 三重虹の泉

怪紀行奈良・東洋民族博物館はこちら ■俺の彼氏、ファロ

怪紀行奈良・予約必須のレア博物館 東洋民俗博物館

怪紀行奈良・奈良監獄はこちら ■あやめ池遊園地亡き跡

怪紀行奈良・丘の上の赤レンガ建築 旧奈良監獄

■レッツ投獄 どうも最東です。 突然ですがみなさ

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑