*

「 夜葬 病の章 」 一覧

【夜葬】 病の章 -26-

  -25-はこちら   ――人じゃない。     もはやこの言葉がぴたりと適合する姿は、美郷の面影など残してないな

続きを見る

【夜葬】 病の章 -25-

  -24-はこちら   村の男たちは武器をもち、船坂を先頭にして美郷の捜索に出た。     人数にして7人。目的は

続きを見る

【夜葬】 病の章 -24-

  -23-はこちら   戸の隙間から腕を差し込み、ばたばたと中に割り入ろうとする美郷を船坂を始めとした村の男たちが雄たけびを上げながら押し返す。

続きを見る

【夜葬】 病の章 -23-

  -22-はこちら   夜の闇。     屋敷からひとり外に出された元は振り返った。   &

続きを見る

【夜葬】 病の章 -22-

-21-はこちら     「【地蔵還り】を捕まえて、【夜葬】をちゃんとやらにゃあならん」     みんなが集まった屋

続きを見る

【夜葬】 病の章 -21-

  -20-はこちら   その日の晩、美郷がいなくなったことなど知りもしない鉄二は夢を見た。     それは、暗闇の

続きを見る

【夜葬】 病の章 -20-

-19-はこちら   翌朝。最初に異変に気が付いたのは、船家の老翁だった。     「美郷~、悪いが収穫の手伝いを……」 &n

続きを見る

【夜葬】 病の章 -19-

-18-はこちら   ずっく、と湿り気のある土にスコップの先が刺さる。     へりに足を乗せ、体重を込めて押し込むとその分盛り上が

続きを見る

【夜葬】 病の章 -18-

  -17-はこちら   今すぐこの村を出ようという副嗣の言葉に、美郷は戸惑いを隠せないでいた。     奇しくも、

続きを見る

【夜葬】 病の章 -17-

  -16-はこちら   その夜、美郷はひとりいつもよりも多めの米を釜で炊いていた。     鉄二やゆゆ、などの子供

続きを見る

スポンサードリンク



スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

怪紀行兵庫淡路島・不可思議秘宝館ナゾのパラダイス 前編

■兵庫といえばナゾパラ どうも最東です。今回は淡路島を

怪紀行奈良・秘境ノスタルジック体験 天川村洞川温泉

大神神社・虹の泉はこちら ■訪問日について どう

怪紀行 奈良大神神社 三重虹の泉

怪紀行奈良・東洋民族博物館はこちら ■俺の彼氏、ファロ

怪紀行奈良・予約必須のレア博物館 東洋民俗博物館

怪紀行奈良・奈良監獄はこちら ■あやめ池遊園地亡き跡

怪紀行奈良・丘の上の赤レンガ建築 旧奈良監獄

■レッツ投獄 どうも最東です。 突然ですがみなさ

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑