*

「 夜葬 病の章 」 一覧

【夜葬】 病の章 -46-

―45―はこちら       ゆゆが昼間、「手伝ってね」と言った意味を夕刻も迫る橙の空の下で鉄二は知ることとなった。  

続きを見る

【夜葬】 病の章 -45-

-44-はこちら         『殺せと言ったのに、なぜ殺さなかった!』    

続きを見る

【夜葬】 病の章 -44-

-43-はこちら       鉄二は酩酊していた。     足元はふらつき、まともに立っていられない

続きを見る

【夜葬】 病の章 -43-

-42-はこちら       敬介という名の子供を殺せ。     船坂は鉄二にそう命ずるように言った

続きを見る

【夜葬】 病の章 -42-

-41-はこちら     「夜葬を終わらせたからだと? なに言ってやがる耄碌してんのかよ! あんた忘れたのか、美郷おばちゃんがなんで【地蔵還り】なんかにな

続きを見る

【夜葬】 病の章 -41-

-40-はこちら       船坂家に赴いた鉄二がまず驚いたのは、家の荒れようだった。     確か

続きを見る

【夜葬】 病の章 -40-

-39-はこちら     なにかがおかしい――。     鉄二の中でその感覚は日増しに強くなっていった。 &n

続きを見る

【夜葬】 病の章 -39-

-38-はこちら       窪田の登場で鉄二は余計に頭がぐちゃぐちゃになった。     その熱を冷

続きを見る

【夜葬】 病の章 -38-

-37-はこちら     鉄二が村に戻ってから数日が経った。     日々を重ねる毎に鉄二は驚きの連続だった。

続きを見る

【夜葬】 病の章 -37-

-36-はこちら   薄い唇から感じる感触は、温かく柔らかい。     あの頃のようになんでもはじき返してしまうような弾力は無くなっ

続きを見る

スポンサードリンク



スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

怪紀行兵庫淡路島・不可思議秘宝館ナゾのパラダイス 前編

■兵庫といえばナゾパラ どうも最東です。今回は淡路島を

怪紀行奈良・秘境ノスタルジック体験 天川村洞川温泉

大神神社・虹の泉はこちら ■訪問日について どう

怪紀行 奈良大神神社 三重虹の泉

怪紀行奈良・東洋民族博物館はこちら ■俺の彼氏、ファロ

怪紀行奈良・予約必須のレア博物館 東洋民俗博物館

怪紀行奈良・奈良監獄はこちら ■あやめ池遊園地亡き跡

怪紀行奈良・丘の上の赤レンガ建築 旧奈良監獄

■レッツ投獄 どうも最東です。 突然ですがみなさ

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑