*

「 ホラー小説 」 一覧

【連載】めろん。102

めろん。101はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター㉗  なんでもないスーパー……だが、注意深く観察すると異様……。  わかっていたはずだがわかっていなかっ

続きを見る

【連載】めろん。101

めろん。100はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター㉖  こんなところにいてほしくはないが、広志がいるとするならここしかない。  いてほしくはないが、いてくれな

続きを見る

【連載】めろん。100

めろん。99はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター㉕  銃弾は二発。奇しくも私と弘原海の分だ。  このスーパーへ入る以上、いつ襲われてもおかしくない。それも……

続きを見る

【連載】めろん。99

めろん。98はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター㉔ 「……じゃあ弘原海さんも広志がどこに行ったかまではわからないんですね」 「えー……申し訳ないです。彼には彼

続きを見る

【連載】めろん。98

めろん。97はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター㉓  燃え盛る家は大きな火柱を立たせていた。  まるで神の怒りに触れたかのような、激しい炎に包まれている。

続きを見る

【連載】めろん。97

めろん。96はこちら ・綾田広志 38歳 刑事㊲ 「死んだ? お前のくだらないジョークにはもう飽き飽きだ。そんなわけがない」 「そんなわけがない? どうしてそう思う

続きを見る

【連載】めろん。96

めろん。95はこちら ・綾田広志 38歳 刑事㊱  この部屋にひとりだけ取り残され、どのくらいの時間が経ったのだろう。  嵌め殺しの窓の外はすっかり暗い。  

続きを見る

【連載】めろん。95

めろん。94はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター㉒  住人たちがいなくなったわけではなかった。  さきほどまでと変わらず道のあちこちにいる……が、違っているの

続きを見る

【連載】めろん。94

めろん。93はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター㉑ 「ちょっと……しっかりしてよ、ねえ!」  ぐったりとした坂口を揺さぶるが、破れた口元からダラダラと血が垂れ

続きを見る

【連載】めろん。93

めろん。92はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター⑳  坂口は立ち止って左右を見回し、そばにいた住民になにか話しかけた。  口元を押えながらそれを見守る。

続きを見る

スポンサードリンク



スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

【連載】めろん。102

めろん。101はこちら ・破天荒 32歳

【連載】めろん。101

めろん。100はこちら ・破天荒 32歳 フリ

【連載】めろん。100

めろん。99はこちら ・破天荒 32歳 フリー

【連載】めろん。99

めろん。98はこちら ・破天荒 32歳 フリー

【連載】めろん。98

めろん。97はこちら ・破天荒 32歳 フリー

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑