*

ロメロ作品

■ジョージ・A・ロメロ

 

ゾンビ映画の父でありパイオニア、ジョージ・A・ロメロの作品。

ホラー映画の中でも特にリスペクトしています。

彼の撮るゾンビ映画には、全てを悟った語り部が登場しません。

宗教じみたことをいう登場人物はいますが、所詮いち人間の拙い推測。

ロメロの撮る映画に出てくるゾンビには理屈はありません。

ただ、よくわからないが死人が生き返るのです。

そいつらは人を食べるのです。

語られるのは一貫してそれだけ。なぜそうなったかなどの理由は一切判明しません。

これがホラーの醍醐味であり、最東ホラーのルーツでもあります。

得体の知れないもの。

人が恐怖するのは、いつの時代もそういうものなのです。

スポンサードリンク




公開日:

スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

怪紀行奈良・古都古都歩く吉野金峰山

■思いついたらいっちゃえ日産 「そうだ! 吉野へいこう

怪さんぽ山梨・清里をねり歩く ~標高1000メートルの廃墟天国~

■トンネルを抜けるとそこは廃墟でした どうも最東です。

怪紀行●●・どう見ても廃墟なのに24時間営業中!某アミューズメント

■怪紀行40カ所超え どうも最東です。 ただいま

怪紀行岐阜・でっけぇ天狗が願い叶える 古井の天狗山

■胸が岐阜岐阜してきた どうも最東です。 巨大な

怪紀行岐阜・強襲する懐かしさ 岐阜レトロミュージアム

■思い出の地・岐阜 どうも最東です。 今回は岐阜

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑