*

「 連載 」 一覧

【連載】めろん。108

めろん。107はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター㉛  スーパーから逃げだして、私は目的を見失ってしまった。  広志はあそこにはいなかった。いや、いなかったと

続きを見る

【連載】めろん。107

めろん。106はこちら ・綾田広志 38歳 刑事㊴  赤く天を衝きそうな火柱をあげて燃える家をやじうまたちが見上げていた。   普段は互いに無関心を決め込み、その実

続きを見る

【連載】めろん。106

めろん。105はこちら ・綾田広志 38歳 刑事㊳  蛙子と付き合っていた時のことを思い出す。   あいつはサバサバしているように見えて実は気を遣う性格をしていた。食事

続きを見る

【連載】めろん。105

    めろん。104はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター㉚  その瞬間、振り下ろされた鎌が私に突き刺さったのだと思った。  生温か

続きを見る

【連載】めろん。104

めろん。103はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター㉙ 「共食い鬼?」 「ええ。よほどの新入りならもしかするとまだかもしれませんが、ここの住民はね知らずに一度は

続きを見る

【連載】めろん。103

めろん。102はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター㉘  厭な臭いに眩暈がした。  鼻の孔に手をねじこまれ、脳に直接悪臭を押し付けられたような生理的嫌悪感が伴っ

続きを見る

【連載】めろん。102

めろん。101はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター㉗  なんでもないスーパー……だが、注意深く観察すると異様……。  わかっていたはずだがわかっていなかっ

続きを見る

【連載】めろん。101

めろん。100はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター㉖  こんなところにいてほしくはないが、広志がいるとするならここしかない。  いてほしくはないが、いてくれな

続きを見る

【連載】めろん。100

めろん。99はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター㉕  銃弾は二発。奇しくも私と弘原海の分だ。  このスーパーへ入る以上、いつ襲われてもおかしくない。それも……

続きを見る

【連載】めろん。99

めろん。98はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター㉔ 「……じゃあ弘原海さんも広志がどこに行ったかまではわからないんですね」 「えー……申し訳ないです。彼には彼

続きを見る

スポンサードリンク



スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

【連載】めろん。108

めろん。107はこちら ・破天荒 32歳 フリ

【連載】めろん。107

めろん。106はこちら ・綾田広志 38歳 刑事㊴

【連載】めろん。106

めろん。105はこちら ・綾田広志 3

【連載】めろん。105

    めろん。104はこちら

【連載】めろん。104

めろん。103はこちら ・破天荒 32歳 フリ

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑