*

カエル地獄 / ホラー小説

公開日: : ショート連載, ホラーについて

カエル地獄

 

 

 

■あみはしょうがくよねんせい

 

 

 

あみはしょうがく4ねんせい

 

 

しょうがっこうにいくために、いつもあさ10じにでるんだよ。

 

 

わたしがしょうがっこうにつくと、みんなはもうじゅぎょうをしているの

 

 

せんせいはなにもいわないけれど、やすみじかんになるといつもたくやくんやみさきちゃん、それにかけるくんがわたしにいじわるをするんだ。

 

 

そのたんびにわたしはいやなきぶんになる。

 

 

きゅうしょくのじかんになると、わたしのきゅうしょくだけいつもないの

 

 

みんな、「きゅうしょくひをはらわないからだ」っていうけどそうなのかな

 

 

おかねをはらわないとごはんたべれないってままがいってたし、きっとそうなんだね。

 

 

 

■きゅうしょく

 

 

 

いつもいつもせんせいはわたしにきゅうしょくがないのになにもいってくれない

 

 

いってくれないということは、やっぱりおかねをはらっていないんだね

 

 

かれーのにおいがするよ、おいしそうだな

 

 

わたしはのーとにえをかいて、おなかがへるのをがまんしたの。

 

 

はやくおわらないかな。きゅうしょくのじかん。

 

 

おなかがぐーぐーなっちゃう。

 

 

「ほら、たべろよ」

 

 

かけるくんがわたしのつくえにかれーがはいったおさらをおいてくれたの

 

 

「いいの?」

 

 

「いいよ。みんなたべてるしおいしいからたべろよ」

 

 

かけるくんがはじめてやさしくしてくれて、わたしはうれしかった。

 

 

でも、きゅうしょくひをはらってないわたしがたべてもいいのかな?

 

 

ほかのともだちのかおをみたら、みんなにこにこわらって「たべなよ」「たべていーよ」っていってくれる。

 

 

わたしはすごくすごくうれしくなって、すぷーんいっぱいにかれーをたべたんだ。

 

 

 

■おいしいかれー

 

 

 

かれーは、わたしがいままでたべてきたなかでこれがいちばんおいしかった。

 

 

もぐもぐとかむと、ぶよぶよしたのがぶちぶちとつぶれて、おくちのなかがじゅぷじゅぷになる。

 

 

「……あみちゃん、おいしい?」

 

 

かけるくんがしんぱいそうなかおでわたしをみてきいてきた。

 

 

わたしはすごくおいしいかれーをたべながら

 

 

「うん! おいしい! すごくおいしいよ!」

 

 

っていったんだ。

 

 

「うわああーたべたあああ!」

 

 

きょうしつじゅうがおおさわぎになって、みほちゃんやりなちゃんはなきだしちゃった。

 

 

「どうしたの? おいしいよ?」

 

 

おくちのなかにかれーをいっぱいいれながらしゃべったから、おくちからかれーのおしるがはみだしちゃった。

 

 

「ぎゃああー!」

 

 

おなかをかかえてわらうかけるくんや、だんしたち。

 

 

さけびながらわらったりないたりしているじょしたち。

 

 

なんでみんなこんなにさわいでるんだろう??

 

 

「あみがかえるをくったあああ!」

 

 

あんなにやさしかったかけるくんが、わたしをゆびさしてさけぶ。

 

 

かえる? なんのこと?

 

 

 

■あめのひ

 

 

 

おかあさんが、がっこうによばれた。

 

 

だけどおかあさんはおしごとがいそがしくってあまりかえってこないから、がっこうにはいかなかった。

 

 

みんなは、かれーのひからわたしを「かえる」ってよぶようになった。

 

 

かけるくんや、やまとくん、ほかのくらすのだんしまでわたしを「かえる」ってよぶようになった。

 

 

おんなのこたちは、わたしとしゃべらなくなったし、むしするようになった。

 

 

なんでかなあ?

 

 

ほうかごになってあめがざーざーふってきた。

 

 

みんなかさをもってきてたり、だれかがもってきてくれたり、だんしのなんにんかはあめにぬれながらはしってかえっていった。

 

 

わたしはかさをもってなかった。

 

 

がっこうのかしかさものこってない。

 

 

でもわたしはたぶん、ぬれてかえるってわかってたからだいじょうぶ。

 

 

かれーにかえるをいれるなんて、ひどいことするな。

 

 

でもね、でもね、よかったこともあったんだよ。

 

 

わたしはあめにざーざーぬれながら、がっこうのかえりにあるかわのよこで、かえるをさがした。

 

 

「かえる、おいしかったな」

 

 

そういいながらはっぱやじめんをさがしたら、いっぴき、あまがえるをみつけた。

 

 

「いただきます」

 

 

こんなところ、くらすのだれかにみられたらまたかえるっていわれちゃう。

 

 

……でも、いいっか。

 

 

わたしはかえるだし。

 

 

おくばでかむたび、ぶちゅぶちゅいって、おくちからおしるがでちゃう。

 

 

こぼれちゃわないようにおくちをとじてかみながら、わたしはほかにもかえるがいないかさがしたの。

 

 

だって、かれーのひからきゅうしょくたべてないもん

 

 

おなかがへったからかえるをたべるんだ。

 

 

だからね、かえるをたべさせてくれたかけるくんのこと、きらいじゃないんだよ。

 

 

かえるがたべれるものだって、おいしいものだっておしえてくれたもんね。

 

 

かえるがたべたいかえるがたべたい

 

 

あめのひはたくさん、かえるがいるってほんにかいてあったもん。

 

 

わたしはがまんできなくなって、かわのなかにはいったの。かわのなかならかえるがいるんじゃないかなっておもったの。

 

 

あめでかわのみずがおおかったけど、がんばって6ひきもつかまえたよ。

 

 

そのなかの3ひきはいっきにおくちにいれてたべたんだよ。

 

 

おいしかったなあ。

 

 

わたしはかえるでおなかいっぱいになったんだ。

 

 

【2015年8月○○日 民営プール内で6名の男女(子供含む)に噛みつき、怪我をさせたとして逮捕された女性A(47歳)の供述書

スポンサードリンク



関連記事

拾得物 1 / ホラー小説

      ■落とし物   &

記事を読む

no image

双葉社ホラー賞 最終選考にノミネートされました。

■こっそりとエントリー       どうも最東

記事を読む

【夜葬】 病の章 -66-

-65-はこちら   「きちんと正規の手順を踏んで、死者を弔う【夜葬】

記事を読む

【連載】めろん。18

めろん。17はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター  ヴォイニ

記事を読む

意味の分かると怖い話

    ■沸き立つ第三の怪談    

記事を読む

戦跡を訪ねる【大阪・化学分析場】

■朽ちてゆく美醜       戦跡を訪ね、みっ

記事を読む

ハーメルンの笛吹きオンナ3 / ホラー小説

  その1はこちら その2はこちら   ■友人の前に

記事を読む

仕組まれた都市伝説 / siriに聞いてはいけないこと②

    ■イライザの話をしてください   &n

記事を読む

いつも綺麗に使っていただいてありがとうございます。/ ホラー小説

■トイレのエチケット       『いつも綺麗

記事を読む

no image

いわくつきの映画 / 拡大する呪い

■怖いだけの映画では物足りない。   どうも最東です。  

記事を読む

スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

【連載】めろん。108

めろん。107はこちら ・破天荒 32歳 フリ

【連載】めろん。107

めろん。106はこちら ・綾田広志 38歳 刑事㊴

【連載】めろん。106

めろん。105はこちら ・綾田広志 3

【連載】めろん。105

    めろん。104はこちら

【連載】めろん。104

めろん。103はこちら ・破天荒 32歳 フリ

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑