*

無料ホラーブログ小説 / 血まみれの女

公開日: : ショート連載

 血まみれ

心霊スポットに赴いての肝試し大会。

 

 

 正直、苦手なんだけど参加を決めてしまったからしょうがない。

 

 

 イヤイヤながらも僕は会場のとある公園へとやってきた。

 

 

 敷地が広く、昼間は老人や子供が遊ぶ普通の公園なのだけど、

 

 

 いったん夜になってしまえばこの通り真っ暗で人気が一気になくなる。

 

 

 それでもってこの手の話にはつきもののいわくつきだ。

 

 

 そのいわくというのは、まぁよくある幽霊が出るってやつ。

 

 

 この公園のいくつかある公衆便所の、一番目立たない林の近くにある公衆便所。

 

 

 僕も行ったことはあるが、怖い上にとにかく臭い。

 

 

 掃除していないこともなさそうだけど、なんで公園のトイレってのはこんなにも匂うのだろう。

 

 

 おっと、話が逸れた。

 

 このトイレに夜中の2時に行くと、血まみれの女が恨めしそうにこっちを見詰めているというのだ。

 

 

 というのも、この公園では数年前、一人の若い女性が乱暴された上に何十か所も刃物でめった刺しにされて死んだ。

 

 

 これはうわさじゃなくて本当の話。

 

 

 しかもその殺害現場がそのトイレだっていうんだから怖い。

 

 

 そういう事件があって、このトイレはしばらく閉鎖されていたんだけど……最近また解放されたんだ。

 

 

 この公園を利用している人達には迷惑な話だけど、まぁトイレはまだ何か所かあるんだし勘弁してほしいな。

 

 

 そうそう、それで肝試しなんだけど、なんとその場所ってのが例の公衆便所。

 

 

 いやになるよね。

 

 

 元々、そういうオカルトなものって苦手なんだよ。

 

 

 時刻は午前2時前。

 

 

 ああ、どうしよう時間が近づいてきた!

 

 

 遠目から公衆便所を見る。

 

 

 電気はついているけど、特有の薄暗さっていうか……

 

 

 なんというか気味が悪い。

 

 

 だけど僕は勇気を出していくことに決めた。

 

 

 じゃないと彼女に笑われちゃうもんね。

 

 

 いや、行かないと怒られちゃうか。

 

 

 『自分でやっといてなにビビってんだ!』

 

 

 ってね。

 

 

 僕はピシャリと頬を叩くとビビる心を抑えて例の公衆便所に向かった。

 

 

 う……やっぱり臭いな。

 

 

 そういえば幽霊が出るトイレっていうのはどこもすごく臭いらしい。

 

 

 うわーそれじゃ条件ぴったりじゃん。

 

 

 そして女性の死体が見つかった個室を覗き込んでみる。

 

 

 ……そこには、血まみれでこちらを睨む女の姿があった。

 

 

「なぁんだ。やっぱりまだここにいたんだ」

 

 

 僕はその女に向かって溜息と一緒に呆れた感想を言った。

 

 

 女は恨めしそうにこちらを睨み、血の涙を流している。

 

 

「ここに血まみれの女の幽霊が出るっていうから、もしかしてと思って確かめに来たんだけど、やっぱりお前か」

 

 

 女は低い声で僕に「殺す」とかなんとか繰り返したけど、全然怖くなかった。

 

 

 いくら幽霊でも、自分が殺した奴は別に怖くないからね。

 

 

 あ~あ、拍子抜けだったな。

 

 

 知らない女だった! っていう展開を期待したんだけどな。

 

 

 あ、そうそう。

 

 

 例の事件だけど、犯人はまだ捕まってないんだって。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
↓↓ クリックで応援お願いします ↓↓

オカルト・ホラー小説 ブログランキングへ

スポンサードリンク



関連記事

妊婦 4 / ホラー小説

■妊娠……       ガチャガチャと莉奈宅の

記事を読む

夢占い/ホラー小説

    ■とある日にみた夢    

記事を読む

【連載】めろん。98

めろん。97はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター㉓  燃え盛る家

記事を読む

【ブログ小説】ひとり10万円 2

-1-はこちら 2   口座から10万円、なくなっていた。

記事を読む

【夜葬】 病の章 -62-

-61-はこちら     それから鈍振村に病が流行する

記事を読む

ホラー小説 / デザイナーのお仕事②

デザイナーのお仕事②       ■増

記事を読む

【連載】めろん。80

めろん。79はこちら ・坂口勉 38歳 大学准教授  めろん感染から発

記事を読む

【連載】めろん。66

めろん。65はこちら ・綾田広志 38歳 刑事㉓  光を失くした黒い瞳

記事を読む

【夜葬】 病の章 -75-

-74-はこちら   事件が起こったのは、村に訪れた2日目だった。

記事を読む

【連載】めろん。47

めろん。46はこちら ・三小杉 心太 26歳 刑事③  大城に

記事を読む

スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

【連載】めろん。108

めろん。107はこちら ・破天荒 32歳 フリ

【連載】めろん。107

めろん。106はこちら ・綾田広志 38歳 刑事㊴

【連載】めろん。106

めろん。105はこちら ・綾田広志 3

【連載】めろん。105

    めろん。104はこちら

【連載】めろん。104

めろん。103はこちら ・破天荒 32歳 フリ

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑