*

「 夜葬 病の章 」 一覧

【夜葬】 病の章 -57-

-56-はこちら       ふぅん。     興味なさげなゆゆの返事は窪田の言葉を信用していない証

続きを見る

【夜葬】 病の章 -56-

-55-はこちら       赤ん坊……敬介を殺すことに意味を問われればわからないとしか答えようがなかった。   &

続きを見る

【夜葬】 病の章 -55-

-54-はこちら       いいじゃないか、面白い。     鉄二が思っていた以上に窪田という男は

続きを見る

【夜葬】 病の章 -54-

-53-はこちら     村に帰る道のりは重苦しいものだった。     とは言っても、それは鉄二だけに限ったことで窪

続きを見る

【夜葬】病の章 -53-

-52-はこちら     むせ返るようなインクの匂いに鉄二は鼻をつまんだ。     となりに歩いている窪田は涼しい顔

続きを見る

【夜葬】 病の章 -52-

-51-はこちら     【夜葬】のことを知れば、誰であろうとも眉間に皺を寄せ、動物の死骸に沸く蛆を眺めるような顔つきになる。  

続きを見る

【夜葬】 病の章 -51-

-50-はこちら     久方ぶりに見る街の灯りは眩しく、だが煌びやかに踊っているように映った。     「どうだい

続きを見る

【夜葬】 病の章 -50-

-49-はこちら       村に電気を通そう。     高らかにそう謡ったのは他ならぬ窪田だった。

続きを見る

【夜葬】 病の章 -49-

-48-はこちら     【夜葬】を勘違いしていたのは黒川鉄二だけではない。亡き黒川元もそうだった。     戦前ま

続きを見る

【夜葬】 病の章 -47-

  -46-はこちら       【どんぶりさん】とは、鈍振村で死んだ者を弔う際、神様(福の神さん)に借りていた顔(魂)を

続きを見る

スポンサードリンク



スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

怪紀行兵庫淡路島・不可思議秘宝館ナゾのパラダイス 前編

■兵庫といえばナゾパラ どうも最東です。今回は淡路島を

怪紀行奈良・秘境ノスタルジック体験 天川村洞川温泉

大神神社・虹の泉はこちら ■訪問日について どう

怪紀行 奈良大神神社 三重虹の泉

怪紀行奈良・東洋民族博物館はこちら ■俺の彼氏、ファロ

怪紀行奈良・予約必須のレア博物館 東洋民俗博物館

怪紀行奈良・奈良監獄はこちら ■あやめ池遊園地亡き跡

怪紀行奈良・丘の上の赤レンガ建築 旧奈良監獄

■レッツ投獄 どうも最東です。 突然ですがみなさ

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑