*

オカルトマニアこの画像なに? / ホラー小説

公開日: : ショート連載, ホラーについて

オカルトマニア

 

 

■コーヒー

 

 

 

オフィスに残って残業をしていた。

 

 

パソコンを睨みながら、カタカタと乾いたキーボードの音だけが誰もいないオフィスに響いている。

 

 

虚しい。

 

 

そう思いながらも、画面に映し出されるプレゼン資料を眺め、冷めたコーヒーを一口飲んだ。

 

 

はぁ……、重く床に垂れ下りそうな溜息はただ変わり映えのしない景色に溶け込むだけで、誰の耳にも届かない。

 

 

『自由な社風。アットホームな会社であなたも働きませんか』

 

 

などという歌い文句に騙されて入社したのが1年前。

 

 

自由でアットホーム……。

 

 

まぁ間違いじゃない。

 

 

基本的に自由で、特に規則に縛られない会社。

 

 

しかし、自由な反面個人に降りかかる仕事の量は充分に時間を拘束する。

 

 

つまり、だ。

 

 

『仕事さえこなせば自由。誰も強制はしないが責任の重い仕事を科せられる会社』

 

 

という言い方もできる。

 

 

社員も少なく、当然そうなればなんでもかんでも兼業になるわけで、それでは一日の基本就業時間ではこなしきれなくなるわけだ。

 

 

で、『自由な判断で残業』となる。

 

 

自由な判断ということはどういうことか?

 

 

『指示なく残業した時間』は、残業時間として認定されなくなる。

 

 

なんといっても、それは『勝手に残った』のだから。

 

 

外れくじを引いた気分で俺は冷めたコーヒーを飲み干した。

 

 

 

■好奇心

 

 

 

アットホームで自由。

 

 

それは、社内ルールも同じことが言えて基本的に固い規則はない。

 

 

服装も自由だし、会社でスマホを充電したり合間にネットをしたりするのも別段咎められたりはしない。

 

 

そうなると、作業の合間にちょくちょくこうやって息抜きがてらにネットサーフィンをしたりもする。

 

 

ちょっとのつもりがついつい長時間やってしまう……というのは、誰しも陥りがちなことだとは思うが、俺自身も同じだった。

 

 

ついついやり過ぎてしまった。

 

 

『オカルトマニア この画像なに?』

 

 

そこに辿り着いたのは偶然だった。

 

 

なんとなくのネットサーフィンでつい好奇心に負けて見つけてしまった【検索してはいけないワード】

 

 

その中にあったのが、この『オカルトマニアこの画像なに?』というワードだ。

 

 

残業のストレスにあてられた俺は、ついつい【検索してはいけないワード】を片っ端から検索する。

 

 

どれもこれもおどろおどろしく、気味の悪いものばかり。

 

 

グロ画像や、驚かし画像。意味が分かると怖い話など……。

 

 

バラエティに富んだそれらを、時折笑ったり引いたりしながら見ていると、少しの時間を忘れることができた。

 

 

そして、『オカルトマニアこの画像なに?』だ。

 

 

なんでもない、白いマンションの中階から各階を横顔のように撮ったなんでもない写真画像。

 

 

 

■あっと驚くはずの画像

 

 

 

よく見るとその画像の中、正面の階に人影が見える。

 

 

それをじっと見つめていると、二人の女性とその奥に不可解な影。

 

 

「なるほど心霊写真か」

 

 

と呟きながら凝視しているも、なぜこれが検索してはいけないのかわからない。

 

 

頭上に疑問符を浮かばせながら俺はいつまで経っても意味の分からない画像を見るのをやめ、『オカルトマニアこの画像なに?』という検索ワードを更に調べてみた。

 

 

そうすると、どうやらこの画像は人影をしばらく見つめていると気味の悪い真っ白な顔がドアップで突然現れるらしいということがわかった。

 

 

「けど、そんなの出てこなかったけどな」

 

 

GIFをちゃんと読み込まなかったのか。それともただの静止画だったからなのか。

 

 

ともかくとして、俺の身にはなにも起こらなかった。

 

 

 

■もう一度、見てみよう

 

 

 

俺は、ネタを知っている前提でもう一度その画像を見てみた。

 

 

今度は違うURLでの画像だ。

 

 

「……」

 

 

やはりなにも起こらない。

 

 

「記事が古いのか……」

 

 

別に期待していたとかではないが、みんなが騒いでいたものを自分だけ体験出来なかったのがどうも気持ちが悪い。

 

 

「どこかに生きている画像はないもんかな」

 

 

次々と同じ画像を探してはにらめっこをする。

 

 

「うーん……」

 

 

どれだけ探して見てみても、ギミックが発動されることはなかった。

 

 

「もうあきらめようかな」

 

 

そう呟いた俺は、諦めてそろそろ仕事に戻ろうとブラウザを閉じようと×マークをクリックする。

 

 

「……?」

 

 

クリックする。

 

 

「固まった」

 

 

読み込みなのか、ブラウザが閉じられずに固まってしまった。

 

 

「まいった、データ消えるなよ」

 

 

このままフリーズしたままならば強制終了を余儀なくされる。

 

 

そうなれば、残業してまで作ったデータが全て消えてしまう。

 

 

ここまで残ったのに消えてしまっては、ちょっと立ち直れなさそうだ。

 

 

「頼むってマジで……」

 

 

祈るようにパソコンの画面を見詰める。

 

 

フリーズしているため、最後に表示させた例の『オカルトマニアこの画像なに?』のマンションが映ったままだ。

 

 

「検索したらいけないってあれほどいったのに」

 

 

「え?」

 

 

突然、近くで女性の声。

 

 

振り返ると俺の背中のすぐそばに写真に写っていた女性二人と影が立っていた。

 

 

「うわああ!」

 

 

「検索しちゃいけないってわかってたのに、検索したってことは……」

 

 

そこから先の言葉をその女性は言わない。

 

 

それよりも恐ろしいのは、等身大のその二人は写真と全く同じで、画素の粗い写真を無理矢理引き伸ばしたようなぼやけた姿だったのだ。

 

 

しかも、まったく立体感がなくペラペラの紙のようでもあった。

 

 

ペラペラの二人は、俺に迫るとそのまま俺の身体を押し込み……。

 

 

それで、今この二人と一緒にお前を見ているというわけだ。

 

 

スポンサードリンク



関連記事

【蔵出し短編】アキレス健太郎 2

アキレス健太郎1はこちら  頭痛のする朝だ。特別飲みすぎたわけでもないし、二日酔いと

記事を読む

【夜葬】 病の章 -7-

  -6-はこちら   鉄二が部屋に入るとお香の匂いが

記事を読む

ホラー小説 / サトシくん

■バイト先の女の子       僕は数週間前か

記事を読む

ダイエットサプリ / ホラー小説

      ■ダイエットサプリ  

記事を読む

【ブログ小説】ひとり10万円 2

-1-はこちら 2   口座から10万円、なくなっていた。

記事を読む

【夜葬】 病の章 -35-

-34-はこちら       鉄二は夜

記事を読む

アナログカメラ/ ホラー小説

■おかしな少年       その少年は、ボロボ

記事を読む

【夜葬】 病の章 -25-

  -24-はこちら   村の男たちは武器をもち、船坂

記事を読む

心霊生配信 / ホラー小説

      ■心霊スポット  

記事を読む

【夜葬】 病の章 -45-

-44-はこちら       &nbs

記事を読む

スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

怪紀行かつてそこにあった栄華 兵庫神子畑選鉱場 2

怪紀行かつてそこにあった栄華 兵庫神子畑選鉱場 1はこちら

怪紀行かつてそこにあった栄華 兵庫神子畑選鉱場 1

怪紀行番外編 国内唯一!思い出の味、バーガーシティ豊岡サンロ

怪紀行番外編 国内唯一!思い出の味、バーガーシティ豊岡サンロード店 1

兵庫・但馬大仏編はこちら ■ドライブは事件の香

怪紀行番外編 国内唯一!思い出の味、バーガーシティ豊岡サンロード店 2

怪紀行番外編 国内唯一!思い出の味、バーガーシティ豊岡サンロ

【怪紀行】多田清御大ふたたび……兵庫・但馬大仏 2

【怪紀行】多田清御大ふたたび……兵庫・但馬大仏 

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑