*

「 ショート連載 」 一覧

【夜葬】 病の章 -12-

  -11-はこちら   「そぉーこにいるんでぇーすねぇー」     「こーないでください」  

続きを見る

【夜葬】 病の章 -11-

  ー10ーはこちら       三舟の家は村の中でも比較的大きい方の家屋だった。    

続きを見る

【夜葬】 病の章 -10-

  -9-はこちら       一年前に公布された国民総動員法によって、戦争に向けて必要なものは国家が統制運用することにな

続きを見る

【夜葬】 病の章 -9-

  -8-はこちら       着物の尻をぐっしょりと濡らした鉄二を抱きかかえ、女性は風呂場へと向かった。 &nbs

続きを見る

【夜葬】 病の章 -8-

    ー7-はこちら   翌朝、鉄二が目を覚ますと隣にいたはずの女性の姿はなかった。     それ

続きを見る

【夜葬】 病の章 -7-

  -6-はこちら   鉄二が部屋に入るとお香の匂いが頬や肩に巻き付き、そういえばこの屋敷では今日、葬式が執り行われるのだったと思い出した。 &nb

続きを見る

【夜葬】 病の章 -6-

  -5-はこちら   山田舎の屋敷とはいえ、立派な部屋だった。     蝋燭に火を入れ、残り少なくなったタバコに今

続きを見る

【夜葬】 病の章 -5-

    -4-はこちら   元は昔、蛇の血や亀の血、豚の血を飲む村があると聞いたことがある。    

続きを見る

【夜葬】 病の章 -4-

    -3-はこちら   口の中にいっぱいになる血の味に、堪えきれず元は咳き込みながら赩飯を吐き出してしまった。  

続きを見る

【夜葬】 病の章 -3-

  -2-はこちら   白髪の老人は、ふむ、と一言発し、顎に蓄えた髭をひと撫でする。     さきほどの村人とは違う

続きを見る

スポンサードリンク



スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

【連載】めろん。108

めろん。107はこちら ・破天荒 32歳 フリ

【連載】めろん。107

めろん。106はこちら ・綾田広志 38歳 刑事㊴

【連載】めろん。106

めろん。105はこちら ・綾田広志 3

【連載】めろん。105

    めろん。104はこちら

【連載】めろん。104

めろん。103はこちら ・破天荒 32歳 フリ

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑