*

怪紀行 奈良大神神社 三重虹の泉

怪紀行奈良・東洋民族博物館はこちら

■俺の彼氏、ファロ

どうも最東です。

今回はあたいの彼氏ファロが行きたい場所に行ってきたよ。

奈良県は桜井市にある大神神社ってところです。

「ほ~ん、〝おおがみ〟神社ね」って肩ひじ突きながらポリンキーをサクサクくちゃ食いしてるそこのエテモンキー!(うきー!)

ToBAD!

To~~~~BADゥッッッ!!!!

それは完全にお前の間違いだッ!

正解は「大神(おおみわ)神社」と読みます。小豆島を「え、こまめ島じゃないの?じゃああれだ、あずき島だ!……え、しょうど島?ガッデム!!!」っていうトラップと同じ種類のあれだヨネ!

かくいう最東も読めなかったクチでして、行きの車の中で彼氏に「ところで〝おおがみじんじゃ〟ってどういうところ?」と訊ねたら、鼻で笑われて無視されました。ツンデレ属性💛

腐れ冗談はさておき、大神神社は古事記や日本書紀に創祀にかかわる伝承が記されている、日本最古の神社だそうです。最東は神社仏閣の歴史云々には明るくないので、歴史的なことはよく知りませんがある時神様が舞い降りて「わしを三輪山に祀らんかい」と啓示したそうな。

三輪明神と呼ばれていた時代もあるようですが、三輪に祀られたから強引に神を「みわ」と読ませたのでしょうか。さすが神様。

直木賞作家と鮎川哲也賞作家、それと俺の彼氏と訪れたわけですが、ちょうど暗くなる直前の夕刻時。

やってきた時はまだ明るく、超巨大な鳥居がでーんと突然表れてビビり散らかしました。さすが奈良、というかもともと背の高い建物が少ないこともありますが20メートルくらいありそうな石鳥居が涼しい顔で道路沿いに建っているのには圧倒しきり。

彼氏曰く、『三つ鳥居』というのが有名らしく、それを見に行ったのですがコロナウイルス感染対策のために現在は中に入れないとのことでしょぼんとした背中がかわいいな、と思いました。(キャッ)

灯りが点り、幻想的な光景を楽しむことができました。が、その反面思っていた以上に広大な境内を回りきることができず残念無念。

おばけの森

■三重県虹の泉へ

さあ、ここからはファロの彼氏期間は終了。ごめんね、ファロ💛

奈良の天川村(洞川温泉)で一泊した後、一同は三重へと向かいました。

山道をブンブンとドライブすること一時間ほど。

途中立ち寄った植物園でうどんを食べつつ、ずっと行きたかった虹の泉へ。

鮎川哲也賞作家と数年前から「虹の泉いきたいねー」「ねー」と言い続けたスポットですが、ここで虹の泉とはどういうところか説明しましょう!(ねー)

三重県松阪市飯高町の山奥に、この地で育った陶芸家・東健次氏がたった一人、35年もの歳月をかけて作り上げた陶アートスペース「陶芸空間 虹の泉」。5800平方メートルもの土地を陶で埋め尽くすことを目指すも、2013年に74歳で急逝され未完の大作となりました。今回は、実際に現地に赴き作品に触れ、さらに東氏が辿った人生、土地の権利関係、制作資金についても調べてみました!地域の人々の協力を得つつ、築かれた未完の大作を見にぜひみなさまも飯高町波瀬へ。(三重観光連盟公式サイト 「観光三重」より引用)

https://www.kankomie.or.jp/report/detail_561.html

と、三重の観光サイトに全振りした説明で100%理解してもらえたかと思います。

たった一人、35年かけて作った陶アートスペース……そんなの絶対ぞわぞわするじゃん!

というわけでやってきました虹の泉! さあ、いざ参りましょうぞ~(鼻歌

と、……ん?

なんだかひと気がない。どうするんだ料金とか……んん~??

『定休日水曜日』

なんだってぇー―――!!!

「そんな……ちゃ、ちゃんと調べたのに……」

とひとりつぶやく(という体でちゃんと聞こえるように言った)最東のそばで視線が刺さる。

同行した仲間たちの痛いほどの冷たいまなざし。時代が時代なら切り捨てられていようもの。

「ちゃんと調べたんだよ……定休日あるって書いてなかったから……あたふた」

『あたふた』と口で言っちゃうかわいさを演出しながら、冷たい目にぞくぞくしちゃったお★

とはいえショックを隠し切れない最東。直木賞とか鮎川哲也賞とかは「仕方ないですよ~」と真顔で言ってくれたけれど、せっかく来たのに、何年も前から行きたかった場所がいざ来て営業してないなんてあんまりだ!

そういうわけであくまで中には入らず、外側から撮れる範囲で虹の泉を激写することにしました。

パシャパシャパシャパシャ!

■連続うどん

そうして虹の泉を意地と根性でパシャった後、『このあとどうすっべ?』という話になり直木賞のリクエストで伊勢うどんを食べに行くことに。

「え、ていうかさっきうどん食べたよね」

「いえ。伊勢うどんなんで。さっきのは普通のうどんです」

「なるほど。完璧に腑に落ちた!」

というわけで一同は伊勢うどんの名店へと向かいました。

しかし、行ってみてびっくり名店はおかげ横丁の中にあったのでした。平日の水曜日とはいえさすが三重が誇る観光地・伊勢神宮のおひざ元、観光客でいっぱいでした。

最東はこれまで「伊勢うどんなんてにゅるにゅるでやーや!」と思っていたのですが、ここの伊勢うどんを食べて意識が変わりました。伊勢うどんうましっ!

怪紀行奈良・天川村はこちら

スポンサードリンク



関連記事

no image

ホラー映画レビュー / THE MIST

  ■THE MIST      

記事を読む

■映画にみる食人表現 / 神の肉

■おいしいお肉ができるまで       どうも

記事を読む

スリルドライブ / 本当にあった体験談 1/2

■本にもネットにもない話        どうも最東です。      私の書く記事は

記事を読む

残酷拷問史① / 怪奇夜話

      ■人間は、人間を殺す  

記事を読む

【怪奇夜話】ヴォイニッチ手稿 最終章 / 解読不能の手記

◆ヴォイニッチ手稿 最終章        どうも最東です。      ヴォイニッチ

記事を読む

第3回ショートショートバトルレポート

■3度目の正直 どうも最東です。 今年2月にはじめて開催されたショートショート

記事を読む

続・電子レンジと未来人 / 人類の起源

◆続・電子レンジ        どうも最東です。      前回の『電子レンジと宇

記事を読む

もっとも巨大なミステリースポット /ウィンチェスター・ミステリー・ハウス

    ■ミステリースポットとは   &nbs

記事を読む

【怨念渦巻く縁切り神社】安井金毘羅宮に行ってきました。

    ■悪縁断ち切り、良縁を結ぶ   &nb

記事を読む

福井県怪紀行② 異界への入り口・ワンダーランド・東尋坊

福井県怪紀行① 鎮座する業・越前大仏(清大寺)その2 ■みんな大好き三国ワンダーラン

記事を読む

スポンサードリンク



Comment

  1. […] 怪紀行・奈良大神神社、三重虹の泉 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

怪紀行愛知・英霊たちは静かに佇む知多中之院 軍人墓地

■旅は迷う どうも最東です。みなさん、今日も迷ってます

怪紀行愛知・奇々貝々!竹島ファンタジー館

■そして俺たちは竹島水族館へやってきたんだ どうも最東

怪紀行愛知・少年時代が襲い掛かる!天野ゲーム博物館

■実はゲーマー どうも最東です。実はゲーマーです。

※お知らせ※ 嗤う壷発・旅本がでます ※お知らせ※

■狂気!エクスナレッジ! どうも最東です。 今回

怪紀行愛知・働く人形たち 南極観測船ふじ

■魔の誘い どうも最東です。 長男氏(12)が寝

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑