*

ネットに転がる恐怖を融合 / 恐怖に飢えた現代人-2

公開日: : 最終更新日:2013/10/09 ホラーについて

■氾濫する恐怖画像

 

どうも最東です。

 

こんなおどろおどろしく作っているブログに訪れる皆様ですから、

 

怖いものに大抵の耐性があるのだと思います。

 

私自身もホラー好きですので、大抵の恐怖映像というものは目を通しました。

 

こんな風に思うのは私だけかもしれませんが、ここ数年で急に恐怖動画や画像にインパクトが出たと思いませんか?

 

これは一重に視聴者である我々ユーザーが”恐怖慣れ”してしまったからではないでしょうか。

 

 

■本当に危ない画像

 

先日、とある友人に霊能者の話を聞きました。

 

この霊能者という人物は、トラックの運転手さんだそうです。

 

……今、疑問に思った方がおられたのではないでしょうか。

 

そう、この人物……本業が霊能者ではないのです。

 

その霊能者曰く、「霊能者として食っていくことは不可能だから」だそう。

 

どういうことかというと、霊能者というものは除霊や祓いなどで金銭などの見返りを求めてはいけないそうです。

 

仮にそういったものをもらってしまうと霊力が下がってしまうとのこと。

 

話が逸れました、この霊能者の話はこれからもしばしばブログに

 

登場することと思いますので今回はここまでにしておきますが、

 

その霊能者が最近……いえ、巷に出回る心霊系画像・動画につ

 

いてこう語ったそうです。

 

「ああいうものは大体が作ってあるものだ。たまに本物もあるけど、

 

メディアに出る時点でなんらかの処置がした状態で出ている。見

 

て危ないもんじゃない」

 

とのこと。

 

 

 

■そんな彼が世の中に警告を発していることとは……

 

そんな彼が、今の世の中、必要不可欠となっているあるものに対して苦言と警告を呈してます。

 

「今は簡単に色々な情報が手に入る。その中で一番手軽で暇が潰せるのが動画や画像。

 

もちろん、インターネットがそれにあたる。

 

前にも言ったが、メディアに露出する恐怖系画像はある程度処理が済んでいる”安全なもの”だ。

 

だがインターネットに流出しているものは違う。

 

素人がなにも知らずに”本物の危険な画像”を投稿し、何も知らない人たちにそれが”感染”することだ」

 

皆さん、アステカの祭壇をご存じでしょうか。

 

真相はともかく、あれも似たメッセージがあった。

 

ともあれ、霊能者は話の締めくくりにこう言った。

 

 

■霊能者が最後に語った本当に危ないこと

 

「仲の良い人間にしかこんなこと言わないんだけどな、東日本大震災の……津波の画像あるな。

 

あれを面白半分で見るのだけはやめろ。

 

YOUTUBEなんかで簡単に見れるから、好奇心で見る奴らが沢山いるが……正直あれは相当危険だ。

 

信じられない数の人達がカメラに向かって助けを求めている。

 

俺はあまりの衝撃に失神しそうになった。

 

そんな画像を見て「すげー」なんて言ってるんなら、亡くなった人達の為に祈ってやれ」

 

さて、あなたはどんな風にこの話を捉えますか。

 

実況板めろん。



このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク



関連記事

スタミナ料理 / 中国料理4千年の歴史

■スタミナ料理       どうも最東です。

記事を読む

拾得物 2 / ホラー小説

 (その1はこちら) ■戦火      

記事を読む

残酷拷問史② / 怪奇夜話

      ■より苦しみを。痛みを。 &nbs

記事を読む

ツアコォウ← / ホラー小説

      ■代弁者   &n

記事を読む

【発売御礼】夜葬が角川ホラー文庫から発売されました【感謝万人】

    ■2016年10月25日  

記事を読む

深層web。闇のホラーゲーム 『sadsatan』/ 怪奇夜話

      ■深層webとは  

記事を読む

ハーメルンの笛吹きオンナ3 / ホラー小説

  その1はこちら その2はこちら   ■友人の前に

記事を読む

考察 ひとりかくれんぼ①

■ネットを騒然とさせた全く新しい降霊術        どうも最東です。      

記事を読む

ゲシュタルト崩壊

  ■ネットで見た妙な迷信     浩成は、普

記事を読む

戦跡を訪ねる【大阪・護国神社】

戦跡を訪ねる【旧真田山陸軍墓地】はこちら     ■東の靖

記事を読む

スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

いよいよ発売!初の旅エッセイ『この場所、何かがおかしい』

イラストはあまのたいらさん(https://twitter.com/

怪紀行大阪・飛田新地 旅館満すみ・鯛よし百番

■クラウドファンッ ディング!! どうも

怪紀行栃木・日本最強の縁切り神社 門田稲荷

■悪縁を断ち切り、良縁を結ぶ どうも最東です。ムカつく

怪紀行愛知 栄枯盛衰悲喜交々・名楽園中村遊郭跡

■国内最大級の花街へ どうも最東です。最近ムラムラしや

怪紀行愛知・英霊たちは静かに佇む知多中之院 軍人墓地

■旅は迷う どうも最東です。みなさん、今日も迷ってます

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑