*

みどりのやつ

公開日: : ショート連載

みどりのやつを見た。

 

そいつは、線路沿いを歩いていた。

 

終電なんてとっくに過ぎているのに。

 

みどりのやつが歩く、『ひた、ひた』という足音だけが妙に耳に触った。

 

人間、わけのわからないものを見ると、やけに冷静になるものだ。

 

自分の理解できるものに、それを無理に当てはめようとするからだと思う。

 

とにかく、みどりのやつは、俺に気付くこともなく歩いている。

 

ひた、ひた、

 

ああ、気持ち悪いなぁ。

 

俺の家までは、この線路を通らなければ帰れない。

 

ちなみに自転車だ。

 

……いるよな、やっぱりいるよな。

 

みどりのやつのことを気のせいだと思おうと必死になった。

 

いくら考えたところで自分の理解の範囲にそいつがどうしても入ってくれないから。

 

要するに”わけわからん”

 

俺は、『ひた、ひた』という濡れた足音を掻き消すためにイヤホンのボリュームを最大にした。

 

……ん、俺音楽聞いてるんだっけ。

 

じゃあ、なんで『ひた、ひた』は聞こえるんだ。

 

全身から血の気が引く。

 

追い抜かしたはずのみどりのやつを見ようと振り返った。

 

……あれ、みどりじゃなくて眩しい光……

 

それが俺と接触する瞬間、微かにエンジン音が聞こえた。

 

ドチャッという肉が落ちた音が自分の音だと知ったときには、もう遅かった。

 

ただ、『ひた、ひた』という音だけが耳元で聞こえる。

 

ああ……そうだったのか。

 

この足音は、イヤホンから直接聞こえてきてたんだ。

 

『ひた、ひた……』

 



このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク



関連記事

【連載】めろん。75

めろん。74はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター⑰  ギロチンの

記事を読む

【連載】めろん。92

めろん。91はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター⑲  坂口と広志

記事を読む

妊婦 3 / ホラー小説

■つきまとう和美       それからというも

記事を読む

呪いアプリ / 連続小説

  ■奇妙な噂      呪いのアプリというのが最近流行っているらしい。      ス

記事を読む

【連載】めろん。96

めろん。95はこちら ・綾田広志 38歳 刑事㊱  この部屋にひとりだ

記事を読む

【連載】めろん。28

めろん。27はこちら ・大城大悟 38歳 刑事④  暗闇の中で

記事を読む

【連載】めろん。104

めろん。103はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター㉙ 「共食い鬼

記事を読む

【夜葬】 病の章 -71-

-70-はこちら     朝が来た。  

記事を読む

【夜葬】 病の章 -85-

-84-はこちら     取材が終わる頃、健一はシャツ

記事を読む

【連載】めろん。58

めろん。57はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター⑬ 「や

記事を読む

スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

怪紀行かつてそこにあった栄華 兵庫神子畑選鉱場 2

怪紀行かつてそこにあった栄華 兵庫神子畑選鉱場 1はこちら

怪紀行かつてそこにあった栄華 兵庫神子畑選鉱場 1

怪紀行番外編 国内唯一!思い出の味、バーガーシティ豊岡サンロ

怪紀行番外編 国内唯一!思い出の味、バーガーシティ豊岡サンロード店 1

兵庫・但馬大仏編はこちら ■ドライブは事件の香

怪紀行番外編 国内唯一!思い出の味、バーガーシティ豊岡サンロード店 2

怪紀行番外編 国内唯一!思い出の味、バーガーシティ豊岡サンロ

【怪紀行】多田清御大ふたたび……兵庫・但馬大仏 2

【怪紀行】多田清御大ふたたび……兵庫・但馬大仏 

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑