*

ホラー小説 めろん-7 / 無料ブログ小説

公開日: : めろん。

 近所のスーパーで玉緒は今夜の献立を考えていた。

『本日のお買い得はメロン一匹98円、メロン100g200円と、大変お得なメロンとなっております』

 スーパーの店内放送ですら【メロン】まみれになっている。

 このままではメロンノイローゼになりそうだ。

「奥さん、メロンどうだい! おいいしいメロンだよ!」

 またメロン!? と思い振りかえるとそこには本物のメロンが陳列されていた。

 どうやら特産コーナーで特別に売りに来ている様子だった。

「どうだね、あまくておいしいよ! この値段では絶対ないから!」

 そう言われると主婦は弱い。それにメロンメロンと幻聴が聞こえるのはもしかしたら『メロンが食べたい』という自分でも気付かなかった欲求の現れなのかも知れない、と思った。

「そうね。……じゃあ、ひとつください」

 玉緒はメロンを買って帰ることにした。


「メロン」

「メロン」

「メロン」

 帰り途の最中、知り合いに会う度に声をかけたれたが、既にかけられる言葉は「メロン」しか聞こえなくなった。

(もう大分と末期ね)

 ”メロン”としか聞き取れないが彼女は声をかけてくる人々に一人一人ちゃんと返事をした。

 だが、何故か返事をする度に相手はおかしな顔で玉緒を見た。

(メロンしか言えないくせに生意気ね)

 当然、玉緒もいい気分であるはずがない。

(それにしてもお腹が減ったわ)

 それまでの食欲不振が嘘のように玉緒は急な空腹に見舞われた。

(お腹減った……)

 相変わらず、近所の連中はメロンメロンうるさい。

(ほんっとにあまくておいしそうなメロンね!)

 玉緒の思考がこの時点でずれ初めているのに彼女は気付かない。

「はあっ、よだれが出るわ」

 すれ違う人間が次第にとても美味しそうに見えてきた。

「早く帰って食べなきゃ」

 彼女が声に出してそう言った時、丁度1人の若者がすれ違った。彼はギョっとした顔で玉緒を一度見ると足早に去った。



このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク



関連記事

【連載】めろん。6

めろん。5はこちら ・玉井 典美 43歳 主婦③  私の住む部屋は団地の中でも

記事を読む

【電子出版】ホラー小説/おうちゴハン

    ■満を持しての出版    

記事を読む

【連載】めろん。17

めろん。16はこちら ・綾田広志 38歳 刑事⑦  メロンに憑りつかれ

記事を読む

【連載】めろん。78

めろん。77はこちら ・綾田広志 38歳 刑事㉚  ドスの利いた両間の

記事を読む

no image

ホラー小説 めろん。-2

丁寧で人当たりの良さそうな態度とは逆にくたびれたタンクトップとトランクス一丁という服装に上居を含む一

記事を読む

【連載】めろん。103

めろん。102はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター㉘  厭な臭い

記事を読む

【連載】めろん。43

めろん。42はこちら ・ギロチン 29歳 フリーライター③  

記事を読む

【連載】めろん。19

めろん。18はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター②  黒電話

記事を読む

【連載】めろん。83

めろん。82はこちら ・〇〇〇 〇歳 ②  あれから長い年月が経った。

記事を読む

【連載】めろん。99

めろん。98はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター㉔ 「……じゃあ

記事を読む

スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

『七回忌』×『カイタン』特別掌編

ミイラ男とキタロー女 曰く付きの場所というものは、なに

【完結】めろん。110

めろん。109はこちら ・星野檸檬 11歳 小

【連載】めろん。109

めろん。108はこちら ・星野檸檬 11歳 小

【連載】めろん。108

めろん。107はこちら ・破天荒 32歳 フリ

【連載】めろん。107

めろん。106はこちら ・綾田広志 38歳 刑事㊴

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑