*

「 病の章 」 一覧

2019 お報せ色々

■2019年 どうも最東です。 早いもので当ブログも2013年の開設から5年目。平成も終わろうとしています。 私も『電子書籍ホラー作家』から、『ホラー小説家』に転向(?)し

続きを見る

【夜葬】 病の章 -87- 最終話

-86-はこちら   栃木に帰った健一は、翌日も会社を休んだ。     家でなにをするでもなく、一日中寝転んでは本を読んだり、テレビ

続きを見る

【夜葬】 病の章 -86-

-85-はこちら     テレビ屋さん。     あんた、知っているかい。    

続きを見る

【夜葬】 病の章 -85-

-84-はこちら     取材が終わる頃、健一はシャツを汗でぐっしょりと濡らしていた。     まさに滴らんばかりの

続きを見る

【夜葬】 病の章 -83-

-82-はこちら       社内で健一の企画が立ち消えが噂されはじめた七月初旬。     半袖の町

続きを見る

【夜葬】 病の章 -82-

-81-はこちら   ――一九七〇年四月。     日本中、女性たちの悲鳴で染められていた。    

続きを見る

【夜葬】 病の章 -81-

-80-はこちら       背丈よりも低い石柱に『鈍振神社』と彫られてある。     それを懐中電

続きを見る

【夜葬】 病の章 -80-

-79-はこちら     時は、僅かに遡ること半日前。     葛城が赩飯の握り飯を美味そうに食う宇賀神を見た直後で

続きを見る

【夜葬】 病の章 -79-

-78-はこちら       一九五九年五月十九日。     杉山の夜葬が明けた早朝のことだった。村

続きを見る

【夜葬】 病の章 -78-

-77-はこちら     「葛城さん。どんぶりさんの前ですよ、静かにしてください」     葛城の吃驚とは対照的に、

続きを見る

スポンサードリンク



スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

いよいよ発売!初の旅エッセイ『この場所、何かがおかしい』

イラストはあまのたいらさん(https://twitter.com/

怪紀行大阪・飛田新地 旅館満すみ・鯛よし百番

■クラウドファンッ ディング!! どうも

怪紀行栃木・日本最強の縁切り神社 門田稲荷

■悪縁を断ち切り、良縁を結ぶ どうも最東です。ムカつく

怪紀行愛知 栄枯盛衰悲喜交々・名楽園中村遊郭跡

■国内最大級の花街へ どうも最東です。最近ムラムラしや

怪紀行愛知・英霊たちは静かに佇む知多中之院 軍人墓地

■旅は迷う どうも最東です。みなさん、今日も迷ってます

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑