*

怪紀行栃木・日本最強の縁切り神社 門田稲荷

■悪縁を断ち切り、良縁を結ぶ

どうも最東です。ムカつくやつ、いる?いねえよなあ!

と、毛先ほどの知識しかない流行りものに乗っかってみました。どうですか? むしろちょっと古いですか。そうですか。しょぼん。

そんな大阪マッスルリベンジャーな最東は、以前京都にある縁切り神社として有名な安井金毘羅宮を当ブログにて紹介しました。

その中でも触れたかと思いますが、日本最強と言われているのは栃木県足利市にある門田稲荷であることはよく知られています。いつか行こう行こうと思いながら僕たちは大人になったわけですが、ついに今回行ってまいりました。

いってきたよ

ひゃっほーう! どいつもこいつも手あたり次第に縁を切りまくってやるぜぇええ!(そしてひとりになった)

最東が門田稲荷を知ったのは、『クレイジージャーニー』という番組で怪談師であり作家の吉田悠軌氏が訪れていたのを観たからです。それまで縁切り神社という神社が存在していることすら知らかっただけに衝撃的でした。それと同時に戦慄でもありました。

頭を落とした釘(抜けないように)を絵馬に突き刺していたり、縁を切りたい相手の写真に画鋲をいくつも押し付けていたり、相手の爪や髪の毛を一緒に張り付けていたり……とにかくひとことに『縁を切る』というひとことでは片づけられないものがありました。

『縁を切る』といっても様々な方法が考えられます。

単純に指切りげんまん指切ったで切れる縁ならまだしも、『死んでほしい』、『別れてほしい』、『病気になってほしい』、『滅びろ』、『裁きあれ』など直接的な表現で絵馬に願い……というより、もはや呪いがかけられています。そこからは思いよりも怨念が滲み出ていて、呪術の一環を目撃している気になりました。

そもそも『指切りげんまん』というのも遊郭が発祥で、遊女が馴染みの客に向けて『あなたのことを心から思っています』という意味と、『裏切る(浮気する)なよ』という忌みで衣服や身に着けているもの、はたまた体の一部を手紙と共に送り付ける【心中立て】というところからきています。

遊女が肌身離さず身に着けているものほど強い思いであるとされていて、これが体の一部だとさらに強い念が込められているといわれています。ほとんどが髪の毛や爪といったものでしたが、壮絶なものだと切り落とした指を送ったといいます。この時、送ったのが小指の第一関節から先で、指切りげんまんで小指を結ぶのはここからきています。

『指切った!』というのは、それだけの強い約束……契りですよ、ということなのです。

と、蘊蓄が長くなってしまいましたがそれだけの念をもって絵馬を書いている人も少なくありません。

■すくえない

吉田氏は著書でもたびたび門田稲荷に触れています。もちろん、縁切り神社として取材しているわけですが最東が所有している『ホラースポット探訪ナビ』という本には、絵馬の写真が主でした。

※余談ですが、『ホラースポット探訪ナビ』は最東のデビュー作『夜葬』に登場した最恐スポットナビという本のモデルになった著書です。面白いので気になった方は是非

しかし、最東が訪れたところたくさんの絵馬とともに夥しい数の柄杓が吊ってありました。

何が書いているのかはわからないが怖い。集合体恐怖症の人は特に注意(?)

なんだろうと思って近くで見てみるとどれも底にいくつもの穴が空けられています。ものによってその烈しさはバラバラで、蜂の巣のように穴だらけのものあれば、穴が多すぎてもはや底がなくなっているものまでありました。

柄杓には縁切り絵馬と同じく縁を切りたいものごとが書いてあり、そこに穴を空けるということのようでした。授与所で絵馬や柄杓を購入するのですが、絵馬や柄杓に願いを書く場所が設けられており、柄杓の場合は穴を空けるための金づちと杭のようなものが用意されていました。

絵馬に書くときはともかく、柄杓に穴を空けている時、人はどんな顔をしているのか……想像しただけでうすら寒くなります。

穴を空ける意味は、柄杓とは水をすくうもの。底に穴を空けることですくえなくする……つまり、〝救えない〟ようにするという意味のようです。怖い。

私が訪問した時、絵馬を拝見するとまち針を突き刺した絵馬や写真に画鋲を押し付けてるもの、顔写真つきなどがありました。テレビで観たときほど強烈なものはありませんでしたが、書いている内容は結構胃にくるものが多かったように思います。

ただ、知ってほしいのは門田稲荷は確かに公式でも『日本一の縁切り稲荷』と詠っているもののその本質は決して『憎む相手を不幸に落とす』ためのものではないということです。

安井金毘羅でもそうですが、『悪縁を断ち切り良縁を結ぶ』ことが目的なのです。

ではどうして、こんなにも過激な絵馬になったのか?

日本人は思いを外に吐きだすのが苦手な国民性をもっています。鬱憤や不満を外に出さず、内に溜めに溜めて体を壊したり、時に凶行に及んだりします。

しかし、そういったどろどろとした感情を受け入れてくれる神様がいたらどうでしょう。それが縁切り神社なのです。

忖度も遠慮もない途方もなく乱暴で辛辣な怨念の言葉をしたため、柄杓に穴を空けて奉納することで人はある程度、気が済んだりすることもあるのです。

もちろん、そんな人ばかりでないのは承知の上ですが少なくともそういう人も一定数いるはずなのです。

わざわざここまで訪れて怨念を吐きだして帰るだけで、スッキリすることもあるのかもしれません。

実際、それらの縁切り絵馬を目の当たりにしてみると思った以上に普通の願いが書かれている絵馬も多くありました。

どこの神社にもある、『いい人と出会えますように』や『家族の病気を治してください』、『無病息災』を願ったものも過激な内容のものに負けないくらいにありました。

それにひとことに悪縁といっても、それが人間ばかりではありません。

タバコ、ギャンブル、お酒、病気などという生活に密着した悩みもまた悪縁として、これを断ち切りたいという願いも込められているものが多くありました。

門田稲荷は下野國一社八幡宮の境内の一画にあり、決してひと気のないおどろおどろしい場所などではなく、静かでとてもいい場所でした。

そのギャップがまた私のような好事家にはたまらないわけですが、それ以上に大きな力で受け入れてくれるような安心感のある場所でもありました。

しかし、憎いアンチクショウ。早く死んでくれねえかな。

また来たのか。業深いやつだ。

スポンサードリンク



関連記事

第3回ショートショートバトルレポート

■3度目の正直 どうも最東です。 今年2月にはじめて開催されたショートショート

記事を読む

怪紀行奈良・丘の上の赤レンガ建築 旧奈良監獄

■レッツ投獄 どうも最東です。 突然ですがみなさんにお尋ねしたい。みんな捕まっ

記事を読む

未解決事件 / 世田谷一家殺人事件

■大量の遺留品     そこには沢山の、……本当に沢山の遺

記事を読む

no image

怖い映画のすすめ / 口コミに踊らない人

■ホラーとしての邦画   どうも最東です。 私は映画が好きなのですが

記事を読む

続・電子レンジと未来人 / 人類の起源

◆続・電子レンジ        どうも最東です。      前回の『電子レンジと宇

記事を読む

no image

私のトラウマ映画1 ネクロマンティック

■ホラー映画大好き!       どうも最東で

記事を読む

考察 ひとりかくれんぼ①

■ネットを騒然とさせた全く新しい降霊術        どうも最東です。      

記事を読む

高さ100メートルの廃墟 兵庫県淡路島・世界平和大観音像

■大自然のどかな島・淡路島 ※2020/6/5追記:取り壊しが決まりました。(毎日新

記事を読む

怪僧ラスプーチン / 予言者はかくに語りき

      ■ロマノフ朝を滅ぼした怪僧 &nb

記事を読む

怪紀行愛知・働く人形たち 南極観測船ふじ

■魔の誘い どうも最東です。 長男氏(12)が寝転んでスマホばかりいじっている

記事を読む

スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

怪紀行番外編・伝説はここからはじまった!断罪のファロ ~Beginning~前編

■前回までのあらすじ ごきげんよう。私はゴスロリライダ

怪紀行滋賀・ワンオペテーマパークin石田三成 佐和山遊園

■世はワンオペ戦国時代 どうも最東です。

怪紀行滋賀県・通りすがりの廃機関車 多賀SLパーク跡

■意図せずバッタリ怪紀行 どうも最東です。滋賀のラーメ

怪紀行兵庫淡路島・日本で2番目の逆さの世界? みたから公園

■淡路島はすてきなところ どうも最東です。いやあ、淡路

怪紀行和歌山・幾千の瞳が見つめる人形供養のメッカ 淡嶋神社

■怪紀行らしさ全開のスポット どうも最東です。

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑