*

ホラー映画/オープンウォーター

公開日: : 最終更新日:2016/03/01 おもうこと, ホラーについて, ホラー映画

オープンウォーター

■たまにはフィクションの話を

 

 

 どうも最東です。

 

 

 ここ最近の更新が短編だったこともあり、純粋なブログ記事としては久しぶりの更新となります。

 

 

 どうぞよろしく。(なぜか改まる)

 

 

 さて、今回はある不思議なお話をご紹介したいと思います。

 

 

 

■海のお話

 

 

 

 みなさんはレジャーなどで海を訪れることはありますか?

 

 

 残念ながら生粋のインドア派である私は夏場であっても海にはあまり訪れる機会がありません。

 

 

 ですので、ある意味で私とは無関係なエピソードではあるのですが、

 

 

 海が好きな方にとっては少し君の悪いお話かもしれませんね。

 

 

 みなさんはメアリー・セレスト号のエピソードはご存じでしょうか。

 

 

 現在、オカルトやホラーとして語られる上で浮上する機会の多いこのメアリー・セレスト号のエピソードですが、多少の脚色で盛られてはいるようですが、

 

 

 それでも不可思議な事件として記録されている有名なものです。

 

 

 簡単にどんな事件だったか説明すると、イギリスのある船が海を漂う一席のアメリカ籍の船を発見します。

 

 

 通信を試みますが反応はなく、漂流を危惧した乗組員たちは意を決して『メアリー・セレスト号』と船体に刻まれたその船に乗り組むのでした。

 

 

 船に乗り込んだ彼らは驚きました。

 

 

 その船には誰一人として乗っていなかったのです。

 

 

 ただ、それだけならばただの漂流した無人船だとそれほど不思議ではなかったのですが、

 

 

 その船には【たった今まで人がいた形跡が残っていた】のです。

 

 

 船内のテーブルには湯気がただようコーヒーや、食べかけの食事が放置してあり、

 

 

 明らかに人の気配があったのにも関わらず船は無人で漂っていた。

 

 

 そんな現在でいうところの都市伝説の走りのような不思議な事件でありました。

 

 

 

■メアリー・セレスト号とは逆

 

 

 

 ご紹介したい話は、そんなメアリー・セレスト号とは全く逆の視点での話です。

 

 

 あるアメリカの高校教師をしている夫婦がいました。

 

 

 久しぶりに取った休暇を利用して、彼らの趣味であるスキューバダイビングを楽しもうという計画をし、

 

 

 ついにその日が来たのでした。

 

 

 ですが、夫婦の足取りはそこで途絶えてしまいます。

 

 

 こんな妙に簡潔に語っているのは、この事実が後に警察の捜査によって明らかになったからであります。

 

 

 どういうことなのかというと、

 

 

 2人は計画通りにスキューバダイビングに訪れていたからです。

 

 

 つまり現地で消息を絶ったことになります。

 

 

 当初自殺を疑われた夫婦について捜査が行われた時、彼らの自宅から発見された手帳や諸々のスケジュールにより、

 

 

 前述の旅行計画が分かったのです。

 

 

 警察はこれにより彼らが旅行で現地を訪れ、現地で行方が分からなくなったことを知りました。

 

 

 ですが、同時に【旅行から帰った後の予定】や、ホテルの部屋からも【帰りの飛行機のチケット】なども見つかったため、

 

 

 自殺であるという結論は当然取り消されることとなったのです。

 

 

 

■夫婦になにがあったのか。

 

 

 

 メアリーセレスト号の一件は、たった今までいたはずの人間が消えたことにより

 

 

 その不可思議な面がクローズアップされ有名になりました。

 

 

 ですが、この夫婦のエピソードの場合、俗物的な言い方をすればよくある失踪事件のひとつに過ぎません。

 

 

 では、なぜこのエピソードを紹介したのか?

 

 

 実は、この話を基にした映画が存在するからです。

 

 

 ヒューマンリアルホラーとして、ホラー映画界に衝撃を与えたある作品がそれにあたります。

 

 

『オープンウォーター』

 

 この映画で描かれていることが真実だったのか、それは分かりませんが……。

 

 

 ともかく、単純なヒューマンエラーが引き起こす背筋も凍るホラーとして注目を浴びました。

 

 

 海に行かない私ですら、この作品に関しては背筋に寒いものを感じずにいられない想いだったのを覚えています。

 

 

 シリーズは現在3作出ています。

 

 

 違う感覚の恐怖を味わいたい方、一度試してみてはいかがでしょうか。

 

 オープン・ウォーター [DVD]オープン・ウォーター2 [DVD]赤い珊瑚礁 オープン・ウォーター [DVD]

 



このエントリーをはてなブックマークに追加

↓↓ クリックで応援お願いします ↓↓

オカルト・ホラー小説 ブログランキングへ

スポンサードリンク



関連記事

怪紀行かつてそこにあった栄華 兵庫神子畑選鉱場 2

怪紀行かつてそこにあった栄華 兵庫神子畑選鉱場 1はこちら ■神子畑交流館

記事を読む

思考を乗っ取られる / 本当は怖い寄生虫

  OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption] &nb

記事を読む

【発売御礼】夜葬が角川ホラー文庫から発売されました【感謝万人】

    ■2016年10月25日  

記事を読む

ハーメルンの笛吹きオンナ2/ホラー小説  

  ←その1はこちら   ■夢遊病の足取り  

記事を読む

妊婦 3 / ホラー小説

■つきまとう和美       それからというも

記事を読む

ホラー小説 / クロスワードが解けない①

■彼にとってのストレス発散       今

記事を読む

ジョニーは戦場へ行った / ホラー映画レビュー

      ■ホラーではない反戦映画 &nbs

記事を読む

マグロ / ホラー小説

■マグロ       「わあ、綺麗なマグロです

記事を読む

2019 お報せ色々

■2019年 どうも最東です。 早いもので当ブログも2013年の開設から5年目

記事を読む

2ショットチョット

  ■チャットレディ       2ショット

記事を読む

スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

いよいよ発売!初の旅エッセイ『この場所、何かがおかしい』

イラストはあまのたいらさん(https://twitter.com/

怪紀行大阪・飛田新地 旅館満すみ・鯛よし百番

■クラウドファンッ ディング!! どうも

怪紀行栃木・日本最強の縁切り神社 門田稲荷

■悪縁を断ち切り、良縁を結ぶ どうも最東です。ムカつく

怪紀行愛知 栄枯盛衰悲喜交々・名楽園中村遊郭跡

■国内最大級の花街へ どうも最東です。最近ムラムラしや

怪紀行愛知・英霊たちは静かに佇む知多中之院 軍人墓地

■旅は迷う どうも最東です。みなさん、今日も迷ってます

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑